コンビニatm 振込 時間

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニATMから振込をする時って利用時間は決まっているのかニャ?

博士博士

コンビニATMも24時間やっているわけではないんじゃよ。

詳しくまとめたので、参考にしてくれたまえ!

コンビニATMはほぼ24時間いつでも使えると思っていませんか?確かにお金をおろすだけ、入金するだけならほぼいつでも大丈夫。

しかし、振込となるとまた話が違ってきます。

大切なお金のやりとりに失敗しないように、コンビニATMを使った振込時間について主要銀行・ネットバンクを中心に詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください♪

スポンサーリンク

コンビニATMも万能ではない!

コンビニ atm 振込 時間

24時間開いているコンビニは忙しい人の強い味方。最近コンビニATMしか使っていない!という人も多いのではないでしょうか。しかし、振込となると少し事情が違ってきます。コンビニからは現金での振込がほぼできないのです。

そして、手数料のことさえあまり気にしなければいつでも入出金ができるのがコンビニATMの強み。キャッシュカードを使った振込の場合にはどうなっているのでしょうか?

キャッシュカードから振込む場合には、コンビニATMとキャッシュカードの銀行が提携していれば振込や振込予約ができます。提携しているATMかどうかはATM本体に表示されていることがほとんどですが、不安な場合はご自身の銀行のホームページのATMについての記載を確認することをおすすめします。

銀行によって違いますが、一般的な銀行の営業時間である9:00~15:00くらいまでなら即時振込となりますが、それ以降の時間の場合は翌朝に振込がされる「振込予約」となることにも注意しておきましょう。特に期限のある振込の場合には、間違いのないように早めのお手続きをおすすめします!

このように、コンビニATMはとても便利ではあるのですが振込となると時間の制約と現金では取引ができないなどのデメリットがあるということは覚えておきたい知識です。

主要銀行の振込時間

では、具体的な有名銀行の振込時間についてまとめていきます。

【三菱東京UFJ銀行】

セブン銀行、ローソンATM、E-netのマークのあるATMで利用可能。

振込の手続き自体は、ATMが使える時間であれば最大24時間対応しています。

平日15:00以降(三菱東京UFJ本店・支店あては18:00以降)は、翌営業日扱いになることに注意が必要です。

土日祝日・12月31日~1月3日の振込についても、翌平日扱いになります。

また、システムメンテナンス時と毎月第二土曜日21:00~翌朝7:00までは利用できません。

【三井住友銀行】

ローソンATM、E-netのマークのあるATMで利用可能。

平日8:45~15:00まではリアルタイムで振込ができますが、ジャパンネット銀行あてを除き、翌営業日扱いになります。

12月31日~1月3日も祝日扱いとなっていることに注意してください。

毎週日曜日21:00~翌7:00まではお休みとなっています。

【みずほ銀行】

ローソンATM、E-netのマークのあるATMで利用可能。

平日8:45~15:00まではリアルタイムで振込ができますが、それ以降は翌営業日扱いになります。

祝日(12月31日~1月3日)もATMを利用することはできますが、振込は翌営業日扱いになることに注意が必要です。

土曜22:00~翌朝7:00、第一・第四土曜日の3:00~5:00は利用できません。

【りそな銀行】

スポンサーリンク

セブン銀行ATM、ローソンATM、E-netのマークのあるATMで利用可能。

毎月第二土曜日23:00~翌朝8:00まではお休みとなります。

※翌営業日扱いになる時間帯についての記載は公式サイトにはありませんでしたが、他の銀行と同様に土日祝日と平日15:00以降から翌朝までの取引は翌営業日扱いになると考えられます。(確認ができ次第情報を追加いたします。)

【ゆうちょ銀行】

残念なことに、ゆうちょ銀行はコンビニATMから振込の手続きはできません。

ただし例外があり、関東圏・近畿圏に増えつつあるファミリーマートにあるゆうちょ銀行ATMなら可能です。

こちらの利用時間は、基本的に0:05~23:55までですが、土日祝日・年末年始・平日15:00以降の取引は翌営業日扱いになります。

近くにゆうちょ銀行ATMがない場合には、ゆうちょ銀行のネットバンキングである「ゆうちょダイレクトを利用するのが便利な方法といえるでしょう。登録に時間がかかりますので、すぐに振込しなければならない場合にはゆうちょ銀行ATMを利用するのが一番簡単です。

 

基本的には、どこの銀行でも当日扱いになるのは朝8:45~15:00がほとんどです。その点は窓口とあまり変わりませんので、ご注意くださいね。

コンビニATMについて、更に詳しく以下の記事で解説していますので、是非参考にしてみてくださいね。

有名ネットバンクの振込時間

ネットでの取引が多い方を中心にネット銀行を使う人も増えてきましたね。では、利用時間についてまとめます。そもそも振込はコンビニからできるのでしょうか?

【ジャパンネット銀行】

ジャパンネット銀行の場合、基本的に振込はパソコン・スマートフォン・携帯電話から行います。当日中の他行あての振込は15:00までです。

キャッシュカードを使った振込手続きは、コンビニATMではなく三井住友銀行のATMから行うことが可能です。利用可能時間は三井住友銀行のATM営業時間に準じます。

*三井住友銀行ATMの営業時間はコチラ*

【楽天銀行】

楽天銀行では、コンビニATMを使った振込は行うことができません。パソコンやスマートフォン・携帯電話からログインして行いましょう。

コンビニでできる取引は、入出金と残高照会になります。

【住信SBIネット銀行】

住信SBI銀行では、コンビニATMを使った振込は行うことができません。パソコン・スマートフォン・携帯電話からが基本です。

コンビニでは入出金・残高照会が可能です。

 

基本的にネット銀行は、振込に関してはネットで完結するのが主流になっています。その分手数料も節約することができますし、24時間いつでも自分の都合の良いときに行うことができてとても便利です。

ネット銀行の口座を持っているのに、まだ振込を利用したことがないという方はぜひ試してみることをおすすめします!

各銀行のコンビニATMからの振込方法や手数料については以下の記事で詳しく紹介しています。

コンビニでの取引、ここに注意!

コンビニでの振込はとても便利なのですが、手数料が二重にかかってしまうことがあります。実は、合計すると400円を超すこともよくあるのです。

最近では各主要銀行でも、地方銀行でもネットバンキングにも力を入れています。頻繁に振込をする用事があったり、振り込みをなかなか銀行の営業時間内にできないという方はご自身の口座のある銀行のネットバンキングも視野に入れてみてくださいね。

口座や振込について知っておきたい情報を以下の記事で詳しく書いています。

まとめ

コンビニATMから銀行のキャッシュカードを使った振込は、原則としてコンビニがあいている時間であればいつでも可能です。

銀行によっては、入出金しかできないという場合もありますのでご自身の銀行について確認することをおすすめします。

また、システムメンテナンスや土日などの深夜に取り扱いができない場合もありますので、大切な振込は余裕を持って行いましょう。

手数料を節約したいという場合には、ネットバンキングも検討してみてくださいね。

スポンサーリンク