コンビニでもクレジットカードは使えるんだよね?

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニって普通にクレジットカード使えるんだよね?

博士博士

もちろんじゃよ。いきなりどうしたんじゃ?

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニでクレジットカード決済した方が便利なのに、何で多くの人は使わないんだろう?

コンビニでクレジットカードが使えるのは知っていても、ついつい癖で現金を使ってお買い物していませんか?

なんとなく現金で支払っていた。」という理由なら絶対にこれからはクレジットカード払いがオススメです。今までどれだけポイントを損していたのかに気づくと思いますよ。

今回は大手コンビニと相性のよいクレジットカードを「実際にコンビニで使うとどれくらいポイントがつくのか?」実例を混じえながら紹介していきます。

これまでコンビニでカードを使っていた方も、いなかった方も、よりお得にクレジットカードをコンビニで使うコツを覚えちゃいましょう。

還元率の高いクレジットカード→クレジットカードは還元率で選ぶ!還元率最強ランキング【2018年】

コンビニでクレジットカードを使うメリット

コンビニ クレジットカード

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニでなぜクレジットカードが使った方が良いか説明してよ!

コンビニでクレジットカードを使うメリットは、やはりポイント還元です。

クレジットカードも使わずに、ポイントカードも使わずに現金払いをするとどれだけお買い物をしても手元には何も得られません。

でも、コンビニと相性のよいクレジットカードを使うと100円につき1円や2円、場合によっては5円など現金同様に使えるポイントがもらえます。

それだけではありません。

少額でもクレジットカードを使い続けることは、今まで現金しか使ってこなかった人にとって将来のためになるメリットもあるんです!

では、クレジットカードをコンビニで使うメリットをより詳しく解説します。

ポイントがより効率よく貯められる!

コンビニでもクレジットカードを使うことでポイントがザクザク貯まっていくぞ!

コンビニでクレジットカード払いを行うと一番差が出るポイントは、ポイントが貯まるかどうか。ポイントの貯まる速度が段違いです。

今までポイントカードだけだったという人も、クレジットカードを使うとポイントの貯まるスピードにきっと驚くはずですよ。

セブンイレブンを例に考えてみましょう。

支払方法セブンイレブンで支払時のポイント還元率
現金なし0%
nanaco(電子マネー)100円(税抜き)ごとに1ポイント1%
セブンカードプラス200円(税込み)ごとに3ポイント1.5%

セブンカードプラスで買い物をしてもらえるポイントはnanacoです。

現金だとまったくポイントが付かないのに対し、クレジットカードの場合200円支払うごとに3円相当のポイントが戻ってくるわけですね。

ここでセブンイレブンで仕事のある日に昼食を購入していると仮定します。新生銀行の行った「サラリーマンお小遣い調査」という調査によると、2016年にはサラリーマンの昼食代は587円だとのこと。ここでは計算をわかりやすくするために600円で計算してみますね。

月に20日出勤したとすると月々、これだけセブンイレブンでお買い物をすることになります。

600円×20=12,000円

 

セブンカードプラスで支払いをしていれば、もらえるnanacoポイントは還元率が1.5%ですから次のように計算できます。

12,000円×(還元率1.5%)=180ポイント

 

せっかく使うんであれば、クレジットカードで支払った方が断然お得だね!

年間に換算すると、2,160ポイントとなりますね。現金ではもちろん0ポイントなので、2,000円分以上もらえるポイントに差がついてしまいます。nanacoは1ポイント=1円で利用可能。

そしてこれは、セブンイレブンで昼食を購入したぶんだけのポイントなので、他に自分の好きなものやドリンクなどを購入するともっともっとポイントが貯まるわけです。

ウィーちゃんウィーちゃん

2,000円分好きに使っていいよって言われたら嬉しいニャ♪

博士博士

現金だと何ももらえないっていうのが寂しいのぉ・・・。

サインレス&小銭要らずなのでストレスなし

クレジットカードを使う人が快適だと感じているポイントに「現金を出す手間がない」という点が挙げられます。

博士博士

コンビニの店員も、細かいお金を触る必要がないから有り難いんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

レジに並ぶ時間も少なくなるし、良いこと尽くめだよね!

コンビニは基本的にサインレスといって、サインを書かなくてもお会計ができるのも嬉しいポイントです。

  • コンビニではサインいらずでクレジットカードを使える
  • 小銭を用意する手間がないので、支払いが楽チン

 

クレジットカードは、ドラッグストアでもスーパーでも場合によってはサインが必要な場合があります。せっかく現金、小銭を財布の中から用意する手間がなくなってもサインが結構面倒だと感じることもあるでしょう。

その点、コンビニでクレジットカードを使うことによってかなりスマートにストレスなくお会計ができます。

少額でもクレヒスを積み上げるのに効果あり!

コンビニというとあまり高額な買い物をしないイメージですが、それでもクレジットカードで支払うことが自分の将来のために役に立つことがあるのです。

ここからはちょっと聞きなれない言葉が出てくるかもしれませんので、先に解説しておきますね。

  • クレヒス
    →クレジットヒストリーの略。信用情報ともいい、個人のクレジットカードやローン・分割払いの支払い履歴。
  • 信用情報機関
    →クレジットカード会社などが加盟している個人の信用情報をストックする機関。ここの情報をカードの審査時に参照。
  • スーパーホワイト
    →クレジットカードなどの信用情報にまったく支払いの履歴がない人。

 

コンビニで毎月少額でもクレジットカードでお買い物をしたとします。そして、順調に登録した銀行口座から利用代金が引き落とされているとしましょう。

実は、これだけでクレヒスに「ちゃんと支払っている」という情報が登録されます。たとえそれが数百円だとしてもです。

そうすると、将来的にこんなメリットがあります。

  • 新しくクレジットカードを作るときに審査に通りやすくなる
  • 住宅ローンや車のローンなどの審査に通りやすくなる
  • より上位のカード(ゴールドカード以上などステータス系のカード)が持ちやすくなる

 

博士博士

金額の大小に関係なく、ちゃんと信用情報を積み上げることができるんじゃよ!

たとえ利用額が少なくても「この人は毎月支払いをきちんと滞りなく行っています。」ということが証明できるんですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニでお買い物をするだけでもきちんとクレヒスを積み上げていけるんだね!

クレヒスについては『クレジットヒストリーって何?クレヒスの作り方とかかる期間』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

現金払いの人が損をする!スーパーホワイトとは?

現金払いばかりしていると、デメリットとなる場合もあるぞ。

反対に、ある程度の年齢まで「現金での支払いしかしない」ということを貫くと、スーパーホワイト」と一般的に言われる困った状態になる場合があります。

まず、スーパーホワイトで問題となるポイントは以下の3つ!

  1. 信用情報機関には永遠に記録が残るわけではなく、自己破産でも約10年で消える
  2. 現金払いしかしていないと、クレジットカードもローンも利用履歴がない
  3. カード会社や銀行は、金融事故(自己破産など)を起こして記録がないのか見分けがつかない

 

カードの支払いを踏み倒したりして、何年かクレジットカードが持てなくなった」というような話を聞いたことがありませんか?

そうすると、その人は信用情報機関にその情報が記録されるのですが、長くても5年~10年でその記録は消えます。すると、何の情報もない状態になります。

ここからが困った問題なのですが、完全に現金派の人もデータ上は同じようになっているので、クレジットカード会社や銀行は見分けがつかないもです。

博士博士

現金派で分割払いなどもしない人の場合、なぜか損をしてしまうこともあるんじゃ・・・。

でも、毎月コンビニで時々おにぎりやジュースを買うだけでも、クレヒスを作るのに役立つというと気持ちが軽くなりませんか?何も毎月数十万とか大きな金額を使う必要なんてないのです。

ウィーちゃんウィーちゃん

何度も言うけど、店員さんもクレジットカード払いの方が楽だし喜ばれるしね!

現金派の方も年齢が上になればなるほど、スーパーホワイトの場合カードが作りにくくなっていきます。思い立ったらコンビニ用でも良いので1枚カードを持っておくのがオススメですよ!

スーパーホワイトについては『現金主義の悲劇!スーパーホワイトはローンやクレジットカードの審査も通らない!?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあ、断然クレジットカードでコンビニで買い物をした方がいいよね?なんで使わない人が結構いるのかニャ?

博士博士

今まで慣れている支払い方法を続けてしまっているのが原因だと考えられるのう。

コンビニでクレジットカードを使わない人が多い理由・原因

こんなにコンビニでクレジットカードを使うことにメリットがあるのに、何でみんなクレジットカード払いをしないんだろう?

コンビニでクレジットカードを使わないという人は、意外と少なくありません。

マイナビニュースの調査によると、コンビニで約4割もの人が現金払いを利用しているとのことです。その理由としては次のようなものが挙げられます。

  • 利用金額が把握しづらい
  • 無駄遣いを防ぐため
  • 少額なので気が引ける
  • 小銭を減らしたい
  • 現金の方が早い

出典元:マイナビニュース

使い慣れた現金の方がお金を使った実感が強く、節約につながるという人や、クレジットカードだとつい無駄遣いをしてしまうといった声が紹介されていました。

また、コンビニでは数百円など少額の買い物なので、遠慮してしまうという声もあります。

しかし、少額だからこそコンビニではサインいらずで買い物ができることを知っていましたか?

コンビニではサインなしでクレジットカードが使えるワケ

実は、コンビニのような少額の買い物が多い場所だからこそ、サインレス決済でクレジットカードが使えるのです!

お店ごとにサインレス決済を行える上限金額が設定されています。その上限金額を超えると、サインが必要になります。サインレス決済はスムーズに買物ができるので非常に便利ですが、不正利用の可能性もゼロではございません。そのリスクヘッジとして、サインレス決済で利用できるのは少額の決済に限られているのです。引用元:三井住友VISAカード

クレジットカード会社としても、利用する金額が少額のコンビニだから、サインなしでカードが使えるようにしているので、私たちがクレジットカードを使うのをためらう必要はありません。

大きな金額になると、不正利用のリスクが大きいのでお客さんからサインをもらって確認する必要がでてきます。

しかしコンビニくらいだと、そんなに高価な買い物はしませんのでサインレス決済ができるというわけです。

全国のクレジットカードが使えるコンビニでは、あらかじめカード会社と契約をしています。

ですから、現金で小銭を出されるよりもレジでの決済が早くなるので、お客さんの行列ができない(早くさばける)というメリットもあるんです。

なので、コンビニでクレジットカードの利用を遠慮する必要はないんですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニでクレジットカードを使うのはお店側にもメリットがあるんだよ!

そう考えると、コンビニでクレジットカード払いをしない理由なんてホントにないよね。

ちょっとの遠慮や「なんとなく使いすぎそうだから」という理由でポイントを貯めるチャンスを逃していると思うと、非常にもったいないですよね。

相性の良いコンビニとの組み合わせなら、やはりポイントカードよりもクレジットカードは圧倒的にポイントが貯まるんです。

博士博士

特にこだわりがないならクレジットカードで支払った方がポイントの分お得になるんじゃ

ウィーちゃんウィーちゃん

そうだよね!でも、コンビニによってお得なクレジットカードは違うよね?

博士博士

もちろんじゃよ!

いくらカードで支払ったとしても、ポイントが貯まらないのはもったないのぉ。

セブンイレブンでお得なクレジットカード

セブンイレブンでお得になるクレジットカードの代表的な物は2つあります。

 

JCB CARD Wは39歳以下の人しか作れませんが、一度作ってしまえば39歳を超えても使うことが可能です。現時点で40歳以上という方は、nanacoチャージでもポイントの貯まるセブンカードプラスがオススメです。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCBのプロパーカード(直接発行するカード)という高いステータスが売りのクレジットカードです。

名前のとおり、JCB一般カードなどの他のJCBが発行しているカードよりも、ポイントが2倍(Wで)貯まるというのがお得なポイントとなります。

還元率通常1%
セブンイレブンで2%
年会費無料
入会条件18歳以上39歳以下(高校生不可)
国際ブランドJCB
家族カード年会費無料(契約者本人が学生の場合には発行不可)
ETCカード年会費無料
発行日数最短で1週間程度

JCB CARD Wは、日本発祥の国際ブランドであるJCBが直接発行するWEB入会限定のプロパーカード。抜群の信頼感が魅力です。

プロパーカードは高いステータスや付加されているサービスが主で還元率はイマイチ・・ということが多いのですが、JCB CARD Wはまさに例外です。

JCB CARD Wのすごい点は以下の通りとなっています。

  • 年会費が無料
  • ポイントが他のJCBプロパーカードの2倍貯まる
  • セブンイレブンだと特別にポイントがアップする
  • 海外の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピングガード保険も付帯

 

年会費が無料かつポイントも1,000円につきOkiDokiポイント2ポイント(約10円)が貯まります。これは現金になおすと1%の還元率。JCBプロパーの中ではトップの還元率ですよ!

さらに、セブンイレブンはJCBオリジナルシリーズパートナーという特別にポイントがアップするお店の一つ。常に2%の高還元が約束されているのです。

博士博士

セブンイレブンはポイントアップ店だから、ポイントが抜群に貯まりやすいんじゃ!

ポイントは月間の利用額に対して付与されるので、1,000円ごとの付与でも無駄になりにくいのも地味に嬉しいポイントの一つです。

その他の特徴としては、海外旅行傷害保険の付帯があります。旅行の多い方には頼れる一枚となるでしょう。

博士博士

還元率も高い上にプロパーならではの充実した保険が一番の魅力じゃな。

加えてショッピングガード保険といって買ったものを盗まれたり、故意ではなく壊してしまった時の補償も充実。さすがJCBプロパーの安心感も魅力的ですね。

 

セブンイレブンでは現金換算で2%還元!

セブンイレブンは、JCBオリジナルシリーズパートナーという還元率がアップする加盟店のひとつ。

常にJCB CARD Wの還元率+ボーナスポイントでお買い物をすることができます。

公式サイトで紹介していた例をもとに計算すると、セブンイレブンでは1,000円ごとに約20円分のOkiDokiポイントが4ポイント貯まります。

セブンイレブンで還元されるポイント1,000円ごとのポイント倍率加算されるポイント数
通常のポイント+1倍1ポイント(約5円)
JCB CARD Wのボーナス+1倍1ポイント(約5円)
JCBオリジナルシリーズ加盟店ボーナス+2倍(通常のポイントを含めない)2ポイント(約10円)
合計4倍4ポイント(約20円)

Oki Dokiポイントは1ポイント=約5円相当

期間限定ではなく、セブンイレブンはJCBオリジナルシリーズ加盟店なのでいつでも現金換算2%還元というのが嬉しいところですね。

博士博士

さて、JCB CARD Wとnanacoカードを組み合わせるとさらにすごいことができるんじゃよ!

ウィーちゃんウィーちゃん

なんと2.5%還元だって!!こんな還元率なかなかないでしょ!?

QUICPay(nanaco)を使うとさらに還元率を上乗せ可能!

セブンイレブンでは定番のnanacoカードは持っていますか?実はnanacoカードの裏を見ると「QUICPay(クイックペイ)」のマークがついているはずです。

QUICPayとは、後払いタイプの電子マネーで持っているクレジットカードと連携して使うと連携したクレジットカードのポイントを貯めることができるというもの。まだ使ったことがないという方も多いでしょう。

実は、JCB CARD Wと連携すると元々の還元率の高さに加えてnanacoポイントも利用時に貯めることができます。

  • JCB CARD WのOkiDokiポイントが1,000円につき4ポイント
  • nanacoポイントが200円につき1ポイント

 

合計すると、1,000円につきOkiDokiポイントが4ポイント(約20円相当)とnanacoポイントが5ポイント(5円相当)が貯まるということなので、1,000円につき約25円相当のポイントがもらえます。

これは現金換算すると2.5%の還元率!なかなかお目にかかれない数字です。

通常ポイントは1,000円につき約10円

先ほど少し触れましたが、JCB CARD Wの通常ポイントは税込1,000円につき2ポイントのOkiDOkiポイントが貯まります。

OkiDokiポイントはJCBオリジナルシリーズ(JCBが直接発行するカード)で付与されるポイントです。1ポイントの価値は交換先によって多少変わりますが、最大5円相当程度となっています。

JCB CARD Wは、他のJCBオリジナルシリーズのカードが1,000円につき1ポイントが貯まるのに対し、ボーナスポイントがさらに1ポイント、つまりW(ダブル)で貯まるのが大きな特徴です。

しかも、他のカードが年会費無料にするためには条件付きの場合があるのに対し、年会費も無料。

でも、全ての方がJCB CARD Wを持つことができるわけではないんです。その原因はJCB CARD Wの「年齢制限」にありました。

39歳以下でないと発行できないことに注意!

JCB CARD Wの場合、39歳以下の人でないと発行すること自体ができません。

公式サイトにも39歳までという年齢制限が記載されています。

とはいえ、現在39歳の方も40歳のお誕生日を迎える前日までなら申し込むことが可能です。そして、一度審査に通ってカードを持つことができればずっと年会費無料&現金換算で1%以上の還元率を維持し続けることができます。

メインカードとして十分にメリットを発揮するJCB CARD W。39歳以下なら迷わずJCB CARD Wを選択しましょう。

 

セブンカードプラス

セブンカード

セブンカードプラスは、セブン&アイグループでお得になるクレジットカードです。

メリットとしては、全てのポイントがnanacoポイントになるので、ポイントが使いやすいということがあります。もちろん、nanacoとも相性バツグンなので早速解説していきましょう!

還元率通常0.5%
セブンイレブンでは1.5%
年会費 初年度無料/2年目以降は500円(税込み)
※年間にショッピング利用5万円以上で翌年無料
入会条件 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA/JCB
家族カード 年会費200円(税込み)
※ただし本会員が年会費無料の場合は無料
ETCカード年会費無料
発行日数 最短1週間

セブンカードプラスは、セブンイレブン・イトーヨーカドーなどの利用がお得になるクレジットカード。

特にイトーヨーカドーで日常のお買い物をするという方なら、ハッピーデーの5%OFFは生活に直結して役に立つこと間違いなし!

ウィーちゃんウィーちゃん

主婦の方がよくセブンカードを利用しているよね!

その他のお店では0.5%還元と普通の還元率ですが、セブンイレブンや加盟店では1.5%還元など高還元になるのが特徴です。

電子マネーチャージでポイント付与がどんどん廃止されていく中、nanacoチャージで0.5%還元する貴重な存在でもあります。

 

セブンイレブンでは還元率1.5%!

セブンイレブンをはじめとしたセブン&アイグループのお店では、通常の0.5%還元の実に3倍のポイント倍率が魅力です。

セブンカードプラスを使った場合にポイントがよりお得になるお店をご紹介します。

ポイント還元率店舗
1.5%セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズなど
1%セブンネットショッピング、西武、そごう、アリオ、セブンミールなど

イトーヨーカドーネットスーパーでは税込200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)となっています。

セブンイレブンでは税込200円ごとに3ポイントが貯まるシステムです。これは、nanacoに現金チャージした時の1.5倍の還元率となっています。

イトーヨーカドーとヨークマートでは、カードを提示したうえで現金払いをしてもポイントが付与されます。

その場合は税抜100円ごとに1ポイントと還元率は落ちてしまいますが、毎回クレジットカードを使うわけではないというユーザーでも損しにくい仕組みになっているのが嬉しいですね。

nanacoにチャージしてもポイント還元

nanaco

最近電子マネーにクレジットチャージをしてもポイントが付かないというクレジットカードがとても多くなってきました。

今までポイント二重取りでたくさんポイントを貯めていた、という方はショックですよね。

でも、セブンカードプラスはnanacoにチャージするとポイントが貯まる数少ないクレジットカードのひとつです。

以下のようにポイントの二重取りが可能になっています。

  • クレジットカードからチャージ200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)が貯まる
  • 電子マネーとしてnanacoを利用した時にも100円ごとに1ポイント(還元率1%)が貯まる

 

ポイント還元率になおすと合計で1.5%となりますね。

イトーヨーカドーでのハッピーデーもお得に

ハッピーデー

セブンカードプラスの大きなメリットに「ハッピーデー」があります。

CMやイトーヨーカドー内のポップで「8のつく日はハッピーデー」という文字を見たことはありませんか?

毎月8日・18日・28日にイトーヨーカドーでセブンカードプラスを使ってお買い物をすると、5%OFFになるキャンペーンです。

ハッピーデーは期間限定などではなく継続して行っているキャンペーンですので、早く入会すればするほどハッピーデーがたくさん使えてお得!

イトーヨーカドーを日常使いする方は、ハッピーデーにまとめ買いするとセブンカードプラスの魅力を実感できるはずです。

ウィーちゃんウィーちゃん

どれだけお得になるのかシミュレーションしてみるね!

例えば、毎月3回のハッピーデーに10,000円の食材&日用品のお買い物をしたとします。

  • 10,000円×3回=30,000円
  • 30,000円の5%は1,500円なので合計28,500円で30,000円分のお買い物が可能。

 

毎月1,500円分が浮いてしまう、という計算結果が出ましたね。

毎月これだけお金が浮くと、1年間で18,000円も生活費を節約することが可能になります。

ウィーちゃんウィーちゃん

18,000円の節約は大きい…!

ちなみにnanacoで全額支払っても5%OFFになりますから、nanacoにクレジットチャージをしてnanacoで支払いをするという方法も良いでしょう。

 

ファミリーマートでお得なクレジットカード

ファミリーマートではTポイントカードを使っているという人が多いでしょう。

でも、ファミマTカードを使えばもっと簡単にポイントを貯めることができます!

Tポイントはコンビニなどで使える共通ポイントの草分け的な存在だけあって、ガストなどをはじめとした外食チェーンなどでもポイントが使いやすいのが嬉しいところです。

では、ファミマTカードの詳しい情報をご紹介していきましょう。

ファミマTカード

ファミマTカード

ファミマTカードは、ファミリーマートで使うと還元率がアップするクレジットカードです。ファミリーマートによく行かれる方なら1枚持っておいた方が絶対お得なカードですよ。

還元率通常0.5%
ファミリーマートでは1%
年会費 無料
入会条件 18歳以上(高校生除く)
国際ブランド JCB
家族カード 無
ETCカード年会費無料
発行日数 インターネット申し込みで2週間程度

ファミリーマートでのお買い物を確実にお得にしたいなら、一番の選択肢はやはりファミマTカードです。

ファミリーマート以外でも使えるお店がダントツに多いTポイントが貯まるのが大きな魅力。

博士博士

ファミリーマートでは断トツと言っても過言ではないぞ!

また、週に二回火曜日と土曜が「カードの日」というキャンペーンも開催されていて、ポイントが最大5倍になったり25歳以下の方はいつでもファミリーマートでのお買い物がポイント2倍なども嬉しいですね。

 

使えば使うほどお得になる「ファミランク」

ファミリーマートには「ファミランク」といってお買い物をすればするほどお得になるシステムがあるのを知っていますか?

そして、このファミランクは他の「カードの日」や「レディースデー」などの特典と合算することができます。

同様に、若者応援クレジットポイントのクレジットポイント2倍という特典もファミランクと合算が可能です。

ウィーちゃんウィーちゃん

キャンペーンは併用できないっていうのは多いけど、女性なら最大3つのキャンペーンポイントを同時にもらうことができるのはスゴいよね!

では、ファミランクの概要を表で解説しましょう。

当月の会員ランク前月のお買い物金額ショッピングポイント倍率
ブロンズ0~4,999円1倍(200円につき1ポイント)
シルバー5,000円~14,999円2倍(200円につき2ポイント)
ゴールド15,000円~3倍(200円につき3ポイント)

ファミマTカードでクレジットカード決済をすると、通常200円につき1ポイントのショッピングポイントとクレジットポイントが1ポイントの合計2ポイントが貯まります。

しかし、シルバー会員がクレジット払いを場合ショッピングポイントが2ポイントなので、合計で200円につき3ポイントが貯まります。同様にゴールド会員の場合には合計4ポイントです。

ウィーちゃんウィーちゃん

ファミリーマートで見逃せないのはカードの日だよ!

「カードの日」は必ずファミリーマートで使うべし!

ファミリーマート カードの日 ショッピングポイント2倍 クレジットVISAデビット利用でポイントさらに2倍 合わせて5倍

カードの日」ということで、ファミマTカードを使って買い物をすると火曜日と土曜日には、ポイントが5倍になります。

カードの日には以下のようにポイントが5倍になります。

  • ショッピングポイントが3倍
  • クレジットポイントが2倍
  • 合計でポイント5倍

 

少し説明しますと、ショッピングポイントとはクレジットカード会員に限らず、Tカード会員に適用される200円につき1ポイントが付くポイントのことです。

それが火曜日と土曜日は3倍になるということですから、200円につきショッピングポイントは3ポイントになります。これはファミマTカードの提示だけでも問題ありません。

さらに、クレジット決済をすればクレジットポイントも2倍になります。通常クレジットポイントは200円につき1ポイントですから、カードの日は200円につき2ポイントですね。

博士博士

ファミリーマートで火曜日と土曜日に、ファミマTカードで買い物をするとすごいお得なんじゃ!

また、ファミランクによってさらにポイントがもらえますので、下の表をチェックしてみてくださいね。(実際に問い合わせた情報を元に表にしています)

ブロンズシルバーゴールド
ショッピングポイント(ファミランク特典含む)1ポイント5ポイント6ポイント
カードの日クレジットポイント2ポイント2ポイント2ポイント
合計5ポイント7ポイント8ポイント
ポイント還元率2.5%3.5%4%

200円につきつくポイントを掲載/ファミマTカードで買い物をした場合

毎日ファミリーマートに行くわけでもない・・というブロンズ会員の方でもカードの日を利用すると、通常のTカード提示&現金払いの5倍もの還元率が実現できるカードの日は絶対に見逃せません!

ウィーちゃんウィーちゃん

ファミリーマートで沢山買い物をしてファミランクを上げておくと、カードの日にもらえるポイントが倍増するんだね。

レディースデーは水曜&ポイント2倍!

レディースデイ ファミリーマート 毎週水曜ショッピングポイント2倍

支払い方法に関係なく女性の会員はポイント2倍になるのが水曜日のレディースデー。レディースデーの時に、ファミリーマートで貯まるTポイントは次の3つに分かれています。

  • ショッピングポイント:通常の200円お買い上げごとにつくポイント
  • スペシャルポイント:ボーナスポイント
  • クレジットポイント:ファミマTカードで決済した時200円ごとに1ポイント

 

レディースデーで200円のお買い物につき1ポイントのところが、スペシャルポイントが1ポイント加算されてまず2倍になります。

さらに、クレジットポイントが1ポイント加算されるので、レディースデー合計で200円につき3ポイントが貯まります。現金払いだけの時の3倍ですね!

それに加えて「ファミランク」の倍率が加算されるので、女性の方が水曜にファミランクがゴールドの方がファミマTカード払いをすると最大で200円につき6ポイントが貯まってしまいます。

還元率になおすと3%になりますので、女性の方はぜひ水曜はファミリーマートを利用したいところです。

ウィーちゃんウィーちゃん

女性の方は水曜日も見逃せないね。

博士博士

ところでファミマTカードは若い人にもオススメのカードなんじゃよ!

ウィーちゃんウィーちゃん

そうなんだ。若い人はよくコンビニを利用するから嬉しい特典だニャ♪

25歳以下ならいつでもポイント2倍

アンダー25 若者応援ポイント クレジットポイント2倍

コンビニは学生さん~若者の一人暮らしの強い味方。もちろんファミリーマートでよくお弁当などの食品を買う一人暮らしの方も多いでしょう。

ファミマTカードなら25歳以下の方は、いつでもファミリーマートでのクレジットポイントが2倍となっています。

26歳の誕生日の月の月末までは、ポイント2倍でいつでも利用することができますよ!

  • ショッピングポイント=200円につき1ポイント
  • クレジットカード利用ポイント=200円につき1ポイント×2倍(2ポイント)

 

25歳以上の方がファミマTカード決済をした場合は、通常ポイント200円につき1ポイントとクレジットポイントでもう1ポイントが加算されますから、還元率にすると1%となります。

25歳以下の方ならさらにボーナスポイントがつきますので、合計で200円につき3ポイントです。還元率にすると1.5%ですね。他の特典とも併用できる特典なので、利用しないと間違いなく損ですよね。

 

ローソンでお得なクレジットカード

ローソンではPontaポイントが貯まるのが有名ですが、クレジットカードと組み合わせるとより簡単にポイントを貯めることが可能になります。その中でも、Pontaポイントが貯まるクレジットカードと、Pontaポイントにも交換できるクレジットカードがあります。

ローソンでお得になるクレジットカードは2つあります。

  • dカード
  • Ponta Premium Plus(ポンタプレミアムプラス)

 

しかも、他のお店で使ったポイントもPontaに集約できるので、直接ローソンでの節約につながりますよ!

では、ローソンでお得になるクレジットカードを二つご紹介します。

dカード

dカード

dカードはドコモが発行しているクレジットカードなので、ドコモユーザーに人気があるdカード。

他のクレジットカードと比べても還元率は1%なので見劣りしません。また、年に一度でも利用すれば年会費が翌年無料になるので、実質的に通年無料で利用できるクレジットカードです。

還元率1%
年会費初年度無料/2年目以降は1,250円
※年一回の利用で翌年無料
入会条件18歳以上(高校生不可)
国際ブランドVISA、MasterCard
家族カード初年度年会費無料/2年目以降は400円
※年一回の利用で翌年年会費無料
ETCカード初年度年会費無料/2年目以降は400円
※年一回のETCカード利用で翌年年会費無料
発行日数最短5日

ローソンで割引とポイント還元のダブルでお得になるカード、それがdカードです。

お買い物あんしん保険もついているので、買ってすぐの品物が盗難の被害にあった・落として破損させてしまったなどの場合も頼りになります。

携帯料金で得するクレジットカードとは?』でも紹介している通り、ドコモユーザーは持たないと確実に損なクレジットカードです。

博士博士

ローソンを利用しているなら、圧倒的にお得になるのがdカードなんじゃよ。

ドコモユーザーには、ドコモの携帯電話が壊れてしまった時に使えるdカードケータイ補償などメリットの大きいカードでもありますが、ローソン用のカードとしてもかなり優秀です。

ローソンで買い物すると、カードの利用金額請求時に3%OFFになるうえにポイントも2%還元!合計で5%お得になります。

ウィーちゃんウィーちゃん

定価が当たり前のコンビニで5%はお得すぎる…!

毎回の買物金額が5%お得になるのがdカードなので、ローソンユーザーにとってはかなり大きなメリットですね。

ローソンで5%お得に利用できるdカードですが、貯めたポイントの使い道も豊富になってきているので、利用者数は現在かなり増えてきていますよ。

 

ローソンでは常に5%お得に!

ローソンで5%&マクドナルドでも5%お得になる!

dカードを使えばローソンやマクドナルドでポイント高還元!』の記事でも詳しく紹介していますが、ローソンでdカードを使って決済すると、ポイント還元と割引で通常のPontaカードを提示して現金でお買い物をした時に比べて5倍もお得になります。つまり5%還元ということですね。

内訳としては、次のようになります。

  • dカード提示で1%ポイント還元
  • dカードで決済して1%ポイント還元
  • カード利用額の請求時にお会計から3%割引

 

2%のポイント還元と3%の割引が、dカードで決済するだけでできます。

しかも、キャンペーン期間などが定められていないので、現時点ではいつでもこの5%お得になる恩恵を受けられます!

どこで使っても1%還元!

コンビニ系のクレジットカードに限らず、提携店だけお得になるカードよりもどのお店で使ってもポイント還元率が高い方がいいですよね。

例えば、ローソンだけ常に5%還元だったとしても、他のお店で使うと低めの還元率だったとしたらローソンでしか使う気になれません。

でも、dカードはどのお店で使っても1%還元。つまり、基本の還元率が高いので選んだ国際ブランドが対応している加盟店であれば、いつでもどこでも1%の還元率でdポイントが貯まります。

ウィーちゃんウィーちゃん

ローソンっていうとPontaのイメージだけど…。

博士博士

大丈夫!dポイントをそのまま使うこともできるんじゃよ!

また、ローソンはdポイントがそのまま使えるdポイント加盟店です。ポイント交換などの面倒な手続きも不要でdポイントがそのまま使えるので、貯まった分でそのまま買い物をすることができます。

ローソンやdポイント加盟店では1ポイント=1円で利用できるので、店員さんにdポイントを使いたいと伝えるだけでポイントと商品を交換できますよ。

貯めたポイントはPontaに等価交換!

貯めたdポイントは、ローソンではそのまま利用することができます。

そんな時は、dポイントを他のお店でも利用したい場合はPontaポイントへ等価で交換することが可能です。(ドコモユーザーのみ対象)

dポイント5,000ポイント=Pontaポイント5,000ポイントが最低交換ポイント数です。手数料250ポイントがかかってしまいますが、Pontaポイントしか使えないお店で利用したいという場合に便利です。

実際の交換は以下のようになります。(250ポイントの手数料がかかります)

dポイント5,250ポイント→Pontaポイント5,000ポイント

 

ローソンで5%お得に利用できるdカードですが、貯めたポイントの使い道も豊富になってきているので、利用者数は現在かなり増えてきていますよ。

 

Ponta Premium Plus(ポンタプレミアムプラス)

Ponta premium Plus

Ponta Premium Plus(ポンタプレミアムプラス)は、一般コースとリボ専用コースに分かれているので、申込みの際に注意してください。

一般コースは通常の支払い方(一回、分割、ボーナス払い)ができますが、リボ専用コースを選択すると全てリボ払いとなってしまいます。

しかし、リボ専用コースの方がポイント還元率が高いので、ご自身の利用スタイルにあわせてコースを選択してください。

還元率一般コース:通常1%/リボ専用コース:通常2%
ローソンなどの加盟店で通常コース:2%/リボ専用コース:3%
年会費 【一般コース】
初年度無料/2年目以降2,000円
※前年度のショッピング利用5万円以上で翌年年会費が無料【リボ専用コース】
年会費無料
入会条件18歳以上(高校生は不可)
※未成年の場合は親権者の同意が必要。
国際ブランド JCB
家族カード年会費無料(3枚まで発行可)
ETCカード年会費無料
発行日数 最大1ヶ月程度

Ponta Premium Plus(ポンタプレミアムプラス)は、まさにPontaポイントを貯めることに特化したカードです。

Pontaポイントは使い道も豊富で直接貯まるのも、ローソンユーザーには便利で嬉しいポイントですよね。

一般コースとリボ専用コースがありますが、ポイント還元率が高いのはリボ専用コースの方となっています。ローソンでは、常に3%還元というのはなかなか見られない数字です。

ウィーちゃんウィーちゃん

リビ払い専用ならローソンで3%還元、通常カードなら2%だから十分過ぎるよね。

一方、リボ専用のカードに抵抗があるという場合も通常コースがあり、その場合はローソンで2%還元となっています。

さらに、通常コースには7月と12月に最大ポイント1%上乗せのポイントアップ月もあるので、より効率的にポイントを貯めることができますよ!

 

ローソンなら2%以上の高還元!

Ponta Premium Plus

ローソンでのPonta Premium Plusの還元率は、通常コースでは2%・リボコースでは3%となっています。

通常の国際ブランド加盟店では通常コースでは1%還元となっていますが、リボコースは2%です。

この基本ポイントにPonta加盟店ごとに設定されているポイント(Pontaを提示した時につくポイント倍率)がプラスされるので、ローソンなどのPonta加盟店では基本的に2%以上の還元率となっているんですね。

一般コースとリボ専用コースの違い

一般コースとリボ専用コースで迷われる方も多いと思います。そこで、2つの違いを簡単にまとめました

一般コースの特徴は以下のようになります。

  • 支払い方法は一回、分割、ボーナス、リボ払いから自由に選べる
  • 通常の店舗での還元率は1%
  • Ponta加盟店での還元率は2%
  • 7月と12月にポイントアップ月で、10万円以上の利用で還元率アップ

 

一般コースは、普通のクレジットカードの支払い方法が自由に選択できるので、一回払いを選べば手数料がかかりません。

また、次の項目で詳しく解説しますが、7月と12月がポイントアップ月となっていて10万円以上使うと還元率がアップします。これは、一般コースのみの特典です。

博士博士

通常のクレジットカードのように自由に支払い方法が選べるのが一般コースなんじゃ!

一方で、リボ払い専用カードは以下のようになります。

  • 支払い方法はリボ払いのみ
  • 通常の店舗での還元率は2%
  • Ponta加盟店での還元率は3%

 

リボ専用コースでは、利用した金額は全てリボ払いになり、リボ手数料がかかるのが大きな特徴です。

毎月の支払いコースにかかわらずリボ手数料は発生するので、「リボ払いはちょっと…」という方は、一般コースを選んだ方がいいでしょう。

しかし、還元率はこちらの方が高くなっています。

ウィーちゃんウィーちゃん

還元率が高い分、リボ手数料を支払わなければいけないのがリボ専用コースなんだ。

博士博士

一般コースとリボ専用コースの違いはわかったかな?

次は、一般コースにしかないポイントアップ月について解説していこう!

通常コースは7月と12月がポイントアップ月

通常コースは7月と12月がポイントアップ月

リボコースにはありませんが、通常コースは7月と12月がポイントアップ月となっています。まとまった額の支払いがあるとポイントアップが最大で1%となるのです。

Ponta Premium Plusの通常コースのポイントアップ月は7月と12月。夏・冬のボーナスを受け取ったという方は、家具・家電を新調したりなどの大きな額のお買い物がオススメです。

上乗せされる還元率合計還元率
月間10万円以上の利用0.5%1.5%~2.5%
月間20万円以上の利用1%2%~3%

 

月間10万円以上使った時は0.5%、月間20万円以上使った時には1%のPontaポイントが上乗せされるシステムです。

通常のお店の還元率1%と、ローソンなどのPonta加盟店の還元率2%にそれぞれポイントが上乗せされていきます。

20万円の利用というハードルは決して低いものではありませんが、大きい買い物の予定があれば7月か12月に時期を調節すれば、条件をクリアしやすいですね。

7月と12月にはボーナスが出るという方も多いでしょうから、ボーナスの時なら大きな買い物をする機会も多いのではないでしょうか?

また、このポイントアップ月は通常コースのみの特典で、リボ専用コースは基本のポイント倍率が高い分、このようなサービスはありません。

迷っているなら通常コースがオススメ!

さて、通常コースとリボコースのどちらにするのか迷ってしまう方もいるでしょう。

通常時のポイント還元率が良いのはリボコースですが、リボ手数料が利用額に関わらず発生してしまいます。

Ponta Premium Plusのリボ手数料は実質年率15%。1ヶ月の利用代金にすると1.25%となります。つまり、利用額に対して1.25%は余分に支払わなければいけないということですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

Ponta Premium Plusの場合にはいくら使ってもリボ手数料は払わなきゃいけないんだニャ・・。

リボ手数料の分を引いて考えると実際の還元率は通常の国際ブランド加盟店では還元率0.75%、Ponta加盟店では1.75%です。

これでは、通常コースよりも低い数字になってしまっています。見た目の還元率はリボコースの方が高いので、つい惹かれてしまいがちですがリボ専用ということは手数料は切り離せない問題となります。

リボコースのメリットとしては月々の支払い額が一定になるので安心感がありますし、ポイントも通常コースよりも多くもらえることですね。

しかし、その分リボ手数料がかかってしまいますから、いくらポイントの還元が多くても支払い金額がポイント還元分を上回ってしまう場合があります。

迷っているなら、特に手数料なども発生せずポイントアップ月のある通常コースを選択しておけば間違いありませんよ。

 

まとめ

コンビニでクレジットカードを使うと、ポイントが貯まってお得になるということがわかりました。

クレジットカードの中でも、今回は、特に各コンビニで利用するとポイントが貯まりやすいカードを紹介してきましたが、お気に入りの1枚は見つかったでしょうか?

よくコンビニで買い物をされるという方は、ご自身の行かれるコンビニでお得になるカードを1枚持っておくと、楽しみながらお得にショッピングをすることができますよ。

ポイントが沢山貯まると、その分好きな商品と交換できるのでコンビニにいくのも楽しくなるでしょう。

今回紹介したクレジットカードは誰でも難しい条件なく、実質無料で利用できるものばかりですから、ぜひポイントを貯めながら、よりお得&便利に買い物を楽しんでくださいね!

クレジットカードを使うなら年会費無料で還元率が高いものがおすすめです。詳しくは、『クレジットカードは還元率で選ぶ!還元率最強ランキング【2018年】』を参考にしてくださいね。