人がお亡くなりになるときはいつも突然です。訃報のお知らせが来たときは、大変驚き胸が締め付けられる思いになることでしょう。

このとき、亡くなった方がキリスト教徒であった場合、あなたはキリスト教式の香典の包み方や葬儀のマナーをご存知でしょうか?キリスト教式の葬儀にはじめて参列することになったときに、正しいマナーを知っていないと失礼にあたってしまうことがあります。

そこで、キリスト教式の葬儀に参列するあなたに、キリスト教式での香典の包み方や葬儀のマナーをご紹介していきますので、突然の訃報でも慌てないよう参考にしてください。

スポンサーリンク

キリスト教の香典の表書きは「御花料」

キリスト教 香典

葬儀のときに仏式の場合お香典の袋にお金を入れるように、キリスト教でも同じようにお金を入れる専用の袋があります。

仏式の場合、封筒の表に水引がついていますが、キリスト教の場合白い封筒に十字架や百合の花が描いてあります。表書きには「御香典」ではなく「御花料」と記入します。細かく分類すると、

  • プロテスタントの場合「御花料」
  • カトリックの場合「御ミサ料」

 

という記入の仕方が正式になります。キリスト教式の専用封筒は百貨店や文房具店などに売っていますが、置いてある数が少なくて売り切れてしまったり、また常に置いてあるとは限りません。

そういったとき、封筒はどうすればいいのでしょうか?

白い封筒でも問題はない

キリスト教式の袋が用意できなかったり、御霊前の封筒にハスの花が描かれているものしかなかった場合、何も書いていない白い封筒を使っても問題ありません。ただし、絵柄や郵便番号の枠が印刷されていないものを選んでくださいね。

表書きは「御花料」または「御ミサ料」と記入し、名前も忘れずに記入するようにしましょう。キリスト教であることはわかっていても、プロテスタントかカトリックかがわからないときは「御花料」と記入してください。

「御ミサ料」はカトリックのみでしか使えませんので、プロテスタントの方にお出ししてしまうと大変失礼にあたりますので気を付けるようにしてください。

どうしても用意できなければ御霊前の封筒でも大丈夫

どうしてもキリスト教式の封筒が用意できないときは、御霊前と書いてある封筒を使用しても大丈夫です。御霊前の封筒は亡くなった方の宗教が何であるかわからないときでも使用できますので、知識として覚えておくといいでしょう。

水引は特についていなくてもいいですが、もし水引付きの封筒を選ぶのでしたら結び切りの水引を選び、色は白黒か銀色のみのものを選んでください。

ただし、充分注意していただきたいのは、ハスの花の絵が描いてある封筒は選ばないようにするということです。というのも、ハスの花は仏教の象徴の花でありハスの花が描かれていることで仏教専用封筒となるのです。

キリスト教で使用される花はユリの花であり、白いユリの花は聖母マリアを表しているとされています。

キリスト教でもプロテスタントの場合使えるのは白い封筒のみ

キリスト教は御霊前の封筒を使用してもよいとされていますが、プロテスタントの場合御霊前を使用してはいけません。プロテスタントの場合、白い封筒の表書きに「御花料」と記入するようにしてください。

表書きは薄墨を使用する

キリスト教式でも仏式と同じように、表書きは薄墨を使用するようにしましょう。薄墨は、悲しみの涙で墨が薄くなるということを表しています。

黒い墨の筆しかない場合はそのまま書いても問題はありませんが、力強い太い字で書かないように注意してください。

キリスト教の包む金額の相場

キリスト教の葬儀に渡す金額の相場は、

  • 一般:5,000円から10,000円
  • 親戚:10,000円から20,000円
  • 身内:20,000円から50,000円
  • 社葬:15,000円から50,000円

 

上記の金額がだいたいの相場になります。しかし、この金額でなくてはいけないというわけではなく、亡くなった方に特によくしていただいたり、親密な関係にあった場合はこの金額以上を包んでももちろん問題はありません。

香典について更に詳しく以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

キリスト教のお葬式でのマナーで知っておきたいこと

日本では古来から仏教の人が多いため、仏式のお葬式のマナーは知っていてもキリスト教のお葬式は知らない人が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

そこで、キリスト教の人のお葬式で恥ずかしい思いをしなくていいように、キリスト教のお葬式のマナーをご紹介していきます。

まずはお葬式の流れを把握しておく

キリスト教のプロテスタントの葬儀は、神に感謝してご遺族をなぐさめるためにおこなわれるもので、亡くなった方にではなく神に祈りをささげるといったことが中心になります。内容は、献花・聖書の朗読・賛美歌・牧師の説教となっています。

また、カトリックの葬儀では、亡くなった方の現世の罪を神に詫びで許しを請うことで故人が永遠の命を得ることができるよう祈りを捧げます。内容は、献花・聖書朗読・言葉の典礼(神父の説教)・感謝の典礼(パンやブドウ酒を祭壇に奉納)といったミサが中心になります。

葬儀は教会でおこなうことが多い

キリスト教の場合、教会で葬儀をおこなうことが多いのですが、中には自宅や斎場でおこなうこともあります。近年の斎場では、各宗教に合わせた葬儀がおこなえるように会場を準備することが可能ですので、斎場を利用する人も増えているのです。

また、聖職者が葬儀を執り行いますが、キリスト教のプロテスタントでは聖職者を「牧師」と、カトリックでは「神父」と呼び名が違いますので、言い間違いのないようにしましょう。

お悔やみを申し上げてはいけない

キリスト教の教えでは、死というものは永遠の始まりであり不幸なことではないとされています。亡くなった人は神や仏になるのではなく神に召されたとし、プロテスタントでは召天といい、カトリックでは昇天と呼んでいますのでお悔やみの言葉は言わないのが普通とされています。

ご遺族の方々にあいさつするときには、

「お知らせいただきありがとうございます。」
「安らかな眠りをお祈り申し上げます。」

といった言葉を選ぶようにしましょう。

献花には決まった順番がある

キリスト教では亡くなった方にお花をささげる「献花」がおこなわれます。使用されるお花は、カーネーションや白い菊です。献花の順番は、

  1. 喪主
  2. ご遺族
  3. ご親族
  4. 参列者

 

と、なりますので、あなたが参列者である場合、親族の方々の献花が終わられてからおこなうことになります。順番は係の人が案内してくれますので、それに従いおこないましょう。

自分の番になったら、まず祭壇へ進みます。係の人からお花を受け取りますので、両手で受け取ってから右手にお花、左手に茎がくるようにして持ちます。

亡くなられた方の遺影に向かって一礼をし、祭壇にお花の根元がくるようにお花を時計回りに回して、茎を持っている左手の甲が下にくるようにして茎を支えて、右手はお花の根元をしたから添えて、献花台にお花を置きます。

献花が終わったら、遺族の方々、神父または牧師に一礼してから席に戻るようにしてください。もし、手順を忘れてしまっても、自分の前におこなう人を見て同じように習えば大丈夫です。

聖歌・賛美歌はできるだけ歌うようにする

キリスト教では、仏教のようにお経を唱えることはしません。プロテスタントでは賛美歌を歌い、カトリックでは聖歌を歌います。また、聖書の一部を唱えることもあります。

賛美歌や聖歌は、葬儀が始まる前に歌や祈りの一節を印刷した紙を渡してもらえますので、先に目を通しておくといいでしょう。

信者でない場合は歌うことは難しいかもしれませんが、参列した方々全員で歌うことが亡くなられた方のためになりますので、できるだけ周りに合わせて声を出して歌うようにしてください。

キリスト教は葬儀と告別式を区別しない

キリスト教は、プロテスタントでもカトリックでも葬儀と告別式を区別することがなく、同時におこなわれますので、仏式のように2日に分けて執り行われることはありません。葬儀はこの日一日で終わってしまいます。

基本的に香典返しはない

キリスト教では仏式で言うところの香典返しというものはありません。

ただし、プロテスタントでは死後1か月目におこなわれる「3召天記念式」、カトリックでは「30日目の追悼ミサ」の後にあいさつとして贈り物が送られてくることはあります。

この風習は香典返しのある日本独特の風習であり、外国のキリスト教では贈り物はないのが基本です。仏式のしきたりと同じように香典返しがあると思わないようにしておきましょう。

贈り物ののしには志や偲び草、感謝、粗品といったことが書かれています。

故人の一周忌法要や49日での香典について、更に以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

キリスト教と仏教ではしきたりや葬儀の仕方がずいぶん変わってきます。葬儀のときのマナーや常識をしっかり覚えておくことで、滞りなく葬儀が進められていきます。

とはいえ、マナーばかりを重視していると故人への祈りがおろそかになってしまいますので、故人のやすらかな眠りのために心を込めて祈りをささげるようにしましょう。

また、ご遺族の方々の心中を察して、タブーとなる言葉は言わないように気を付けてください。キリスト教では人が亡くなることを良くないものととらえることはありませんので、祈りと共に天に送るようにしましょう。

スポンサーリンク