ウィーちゃんウィーちゃん

出産の前後はバタバタするよね。

出産した後の事までなかなか考えられない事も多いと思うけど、早めに準備しておいた方が良いものってあるのかニャ?

出産のための入院準備は、抜かりなくしっかりとしている人も多いことでしょう。しかし、出産後の準備はちゃんとできていますか?

「出産後に準備するものってどんなものがあるの?」

「その費用はいくらくらいかかる?」

出産のことで頭がいっぱいなのは当然ですよね。しかし、ちゃんと出産の事も考えないといけません。

そこで、これから出産後の準備をするあなたのために出産後に必要なものと、その費用についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

出産後に用意したい必要なもの

出産 必要なもの

出産前に必要なものは、そのほとんどが自分の身の回りの物になりますが、出産後は赤ちゃんの分も増えますので、いろいろと揃え忘れが多くなるものです。

そこで、出産後、ママにとっても赤ちゃんにとっても必要なものをご紹介します。細かいものも含めるとかなりの量になりますので、よく見ながら一つずつ確認して準備していきましょう。

入院中から退院までに必要なもの

  • パジャマ・ルームウェア
  • ガウン・カーディガン
  • 産褥ショーツ
  • 軽い尿もれ専用ライナー・パッド
  • お産用ケアパッド(産褥パッド・悪露ライナー・お産用ナプキン等)
  • 清浄綿(予備用)
  • 授乳用ブラジャー・ハーフトップ
  • 母乳パッド
  • 腹帯
  • 産褥ニッパー・ウエストニッパー
  • タオル
  • 洗面用具・スキンケアなどの基礎化粧品
  • ベビー用つめ切り
  • スリッパ・ソックス
  • コップ・お箸・食器類・曲がるストロー
  • ウェットティッシュ・ゴミ袋
  • 小銭・テレホンカード
  • 時計
  • 筆記用具
  • カメラまたはビデオ
  • ガーゼのハンカチ
  • ハンディサイズのタオル
  • 赤ちゃんの肌着・ドレス(退院用)
  • 赤ちゃんのおむつ(予備用)
  • アフガン・おくるみ(バスタオルOK)
  • ママの退院用の服
  • 抱っこひも
  • ベビーカー
  • チャイルドシート
  • 入院費用

 

準備しておくものの補足事項

パジャマ・ルームウェアは、お産の当日は前開きのものを着用しましょう。赤ちゃんが生まれてからは、授乳がしやすいように胸が開くタイプも用意しておくと便利です。また、ガウンやカーディガンを準備しておくと寒さ対策になりますよ。授乳用ブラジャー・ハーフトップは、カップが開閉できますので非常に便利です。

ガーゼのハンカチは、赤ちゃんのケアにかなりの枚数を使用しますので、たくさん準備しておきましょう。

入院費用は、普通分娩を希望していても緊急で帝王切開になる可能性もあり、その場合入院日数も増えますので、余分に準備しておくと安心できますよ。

病院によっては、バスタオルやフェイスタオルも貸し出してくれるところもあります。入院する病院でどんなものを貸してくれるのか事前に尋ねておくと、荷物が被らなくてすむかもしれませんね。清浄綿・おしりふきなどは病院によって準備してくれますが、足りなくなったとき用に自分でも用意しておくと安心ですよ。

車で帰宅するときの注意事項】

退院するときに最も忘れてしまいがちなのが、チャイルドシートです。歩いて帰宅するならば必要ありませんが、車で帰宅するならばチャイルドシートは必須ですよ。大切な赤ちゃんの命を守ってくれるシートですので、早めに車に取り付けておきましょう。決して抱っこして車に乗らないでください。

退院してから自宅等で必要なもの

退院してからは赤ちゃんが快適に過ごすことができるよう、身の回りの物は取り揃えておかなくてはいけません。自宅ではどういったものが必要なのかをご紹介します。

  • ベビー布団セット・タオルケット(バスタオルOK)
  • 新生児服など
  • おむつ
  • おむつライナー
  • おむつ用バケツ
  • ケア用ハンカチガーゼ
  • 哺乳瓶
  • 乳首
  • 搾乳器(必要に応じて)
  • 哺乳瓶消毒液セット
  • 赤ちゃん用食器洗剤
  • 哺乳瓶洗いセット
  • 赤ちゃん用洗濯洗剤
  • おしりふき
  • 清浄綿
  • 赤ちゃん用体温計
  • 赤ちゃん用綿棒
  • 赤ちゃん用お風呂石鹸
  • ベビーバス
  • 湯温計
  • ベビーパウダー
  • 鼻吸い器
  • ベビーベッド・ベビーラック(必要に応じて)
  • 防水シーツ
  • 赤ちゃん用タオル
  • 抱っこひも・ベビーカー(必要に応じて)

 

準備しておくものの補足事項

上記では新生児服などと書いておりますが、具体的には以下ものをいいます。

  • 短肌着(50cm 3枚・60cm 2枚)
  • 長肌着(50~60cm 2,3枚)
  • ベビードレス
  • ツーウェイオール(50~70cm 2,3枚)
  • セレモニードレス(50~70cm)
  • 帽子
  • スタイ・よだれかけ(複数枚)
  • ソックス
  • ミトン

 

赤ちゃんは汗を大量にかきますので、肌着や普段着せる服は大目に準備しておくといいでしょう。また、ミトンは赤ちゃんが無意識に顔をひっかいてしまうのを防ぎます。必要に応じて準備しておくようにしてくださいね。セレモニードレスはお宮参りで使用しますが、必要に応じて購入するかレンタルするかを決めてくださいね。

おむつは紙おむつなら新生児用サイズからになります。もし布おむつを使用するなら、おむつカバーも必要になります。おむつは普段使用しているごみ箱やバケツよりも、ふた付きのバケツやおむつ用ごみ箱を使用すると臭いが抑えられます。

哺乳瓶はミルクだけでなく、お風呂上りのお茶や白湯にも使用しますので、あらかじめ準備しておきましょう。哺乳瓶用の乳首は赤ちゃんの哺乳力に合ったものを選ぶようにしてくださいね。哺乳瓶消毒液セットには哺乳瓶挟みも含みます。

スポンサーリンク

赤ちゃん用食器洗剤は野菜洗いもできるやさしい洗剤ですので、赤ちゃんの健康を守るために準備しておきましょう。赤ちゃん用洗濯洗剤は、必ず購入しておいてください、大人用の洗剤を使用するとかぶれる恐れがあります。

入院から退院のときに必要なものと被るものもありますが、自宅でも継続して使用しますので、足りないものがないように準備しておくと後に慌てなくて済みますよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

母乳で育てていく場合でも、哺乳瓶は絶対に必要だよ!

出産前に準備しておこう!

出産はすごくお金がかかりますよね。更に子供を育てていく上でまたお金もかかります。出産後に揃えたほうが良いものは事項で解説していますが、出産にかかった医療費については医療費控除で少しでも負担を減らすことができるかもしれません。

詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

出産後に揃える物のかかる費用

出産 必要なもの

出産後は準備するものが非常にたくさんありましたね。実際家族が1人増えるのですから仕方ないことですが、気になるのは準備にかかる費用です。

赤ちゃんに必要な小物から大きなものまで揃えると、一体いくらくらいになるのでしょうか?

出産後かかる費用の相場は15万円!?

赤ちゃんのお世話に必要なものを取りそろえると、平均で15万円ほどかかります。多い人では20万円を超えることも…。特にベビーベッドやチャイルドシート、ベビーカーの金額がその大半を占めています。これらの大型家具等が必要でなければ、もう少し金額が安くなります。

ただし、こちらの金額は出産のお祝いで頂く品や祝い金を考えずに算出した金額ですので、お祝いで大型家具等をいただけた場合や出産祝い金で準備品をまかなうと、自己負担額は10万円程度に収まることもあります。

出産後の準備費用を抑える方法

出産後にかかる費用が平均15万円と聞いて驚く人が多かったのではないでしょうか。

「ちょっと費用がかかりすぎる。もう少し費用を抑えられないかな…?」

というあなたのために、出産後準備費用を抑える方法をご紹介していきますね。

最初に必要最低限の物をそろえて、後から買い足す

実は本当に必要なものはごく限られたものなのです。たとえばベビーベッドは赤ちゃん用お布団があれば必ず必要というものではありませんし、車でお出かけをする必要があまりなければ、チャイルドシートもすぐには必要ありません。

赤ちゃんが家に来てから必ず必要になるものは、以下のものです。

  • ベビー服(肌着を含む)
  • おむつ
  • スタイ
  • おしりふき
  • ケア用ハンカチガーゼ
  • 赤ちゃんおふろセット
  • ねんねセット
  • 赤ちゃん用洗濯洗剤
  • 哺乳瓶
  • 赤ちゃん用食器洗剤
  • 哺乳瓶消毒セット

 

ママに必要なのは、こちらになります。

  • 授乳用ブラジャー
  • 母乳パッド
  • 産褥ショーツ
  • 産褥パッド(生理用パッドOK)
  • 清浄綿
  • 産褥ニッパーまたはウエストニッパー

 

もちろんまだまだ必要になってきますので、生活をしているうちにあれもこれも必要といったことが出てきますが、一気にかかる出費を抑えたいなら、必要最低限の物から揃えていくといいでしょう。

レンタルを利用する

ベビーベッドやベビーラック、ベビーカー、ベビーバスなどは赤ちゃんのうちしか使用しませんし、物が大型なだけに使わなくなった時邪魔になってしまいますね。こういった一時しか使用しないものはレンタルする方法もあります。

たとえば、ベビーベッドを新品で購入した場合、20,000円から40,000円ほどかかりますが、レンタルですと6か月レンタルで7,000円から10,000円程度で済んでしまいます。ベビーベッドは長くても1年程度しか使用しませんので、自分が必要だと思う期間だけレンタルすれば、その後の処理にも困りませんし大変便利ですよ。

他にも赤ちゃん用のおもちゃやママグッズなどを取りそろえているところもありますので、短期間しか使用しないものはレンタルで探してみてくださいね。

リサイクルを利用する

近年リサイクルショップが増えてきていますが、ベビー用品ももちろん売っていますよ。ベビーラックやベビーバス、ベビーカーだけでなく、新品同様の新生児服も置いてあり、金額も掘り出し物なら新品の半額以下の場合もあります。どんなものが置いてあるのか一度覗いてみるといいでしょう。ただし、常に在庫があるというわけではないので、必ず手に入るという保証がないのがネックです。

出産後の準備費用を抑える際に気をつけたいこと

出産後は何かと揃えなくてはいけないので、できるだけ出費を抑えたいところですが、節約の際に気を付けていただきたいことがあります。それは、赤ちゃんの洗濯用洗剤や食器洗い用の洗剤、哺乳瓶の消毒セットを削ってしまわないということです。

赤ちゃんは非常にデリケートですので、大人用の洗濯洗剤で赤ちゃんの服を洗ってしまうと、洗剤の成分が強いためにかぶれを起こす危険性があります。また、赤ちゃん用食器用洗剤は野菜も洗うことができるほどやさしい成分を使ったものですので、普通の食器洗剤では洗い残しがあった場合赤ちゃんの体によくありません。

哺乳瓶の消毒も、ウイルスや雑菌に弱い赤ちゃんを守るために必要なものですので、きちんと準備しておくようにしてください。消毒液を節約したいときは哺乳瓶が被るくらいの大きな鍋にお湯を沸騰させて消毒をする煮沸消毒をオススメします。

出産の後には、友人や親戚などからお祝いを頂くことが多くなります。そのお返しの準備もしておかないといけませんよね。詳しくは、出産祝いお返しの悩み!相場の金額や品物は?の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

出産後に必要なものについて解説してきましたがいかがでしたか?

入院するときはママ1人でも、退院するときには赤ちゃんと2人になります。その分準備しなくてはいけないものがたくさんありますが、これも赤ちゃんと一緒に生活していくためですので、しっかりと準備しておきましょうね。

準備のための費用を抑えたいときは、レンタルやリサイクルを上手に使っていくようにしてください。節約してはいけない赤ちゃん用品も覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク