博士博士

ビックカメラSuicaカードはビックカメラの中で一番還元率が高いカードであり、ポイントカードなのじゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

家電量販店では現金払いが一番還元率が良いって聞いたんだけど、それよりも高いクレジットカードなんてあるの!?

ビックカメラSuicaカードは、ポイントカード一体型のクレジットカードでSuica機能もあるので非常に便利です。

しかし、クレジットカードを選ぶ上で気になるのは、ポイントの還元率と年会費ではないでしょうか?いくら便利でも、還元率が低ければお店で使いたいとは思いませんし、年会費もおさえたいところですね。

そこで、ビックカメラSuicaカードのポイント還元率と年会費についてまとめてみましたので、現在検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

ビックカメラSuicaカードの還元率

ビックカメラSuicaカード 還元率 年会費

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラの買い物で一番ポイント還元率が高くなります。最大で11.5%のポイントがつくので、ビックカメラをよく利用される方には魅力的ですね。

また、Suicaのチャージや乗車券、定期券の購入の際にはポイントが3倍になります。上手く使いこなすことで、ポイントの還元率が上がっていくカードなので、その仕組みをご紹介しましょう。

ビックカメラで最大限にポイント還元率を上げる方法

ビックカメラの支払い時は、電子マネーのSuicaにチャージして、Suicaで払うとポイントが最大の11.5%になります。ビックカメラでは、他社のクレジットカードで支払うと、ポイント還元率が10%から8%に下げられてしまいますが、ビックカメラSuicaカードなら10%のままです。

しかし、そのまま普通にクレジットカード決済をしては、せっかくもらえるポイントを逃してしまいます。ビックカメラSuicaカードにはSuica機能がついていますから、Suicaへクレジットチャージすることで、さらにポイントがアップするんです。

ですから、いったん電子マネーのSuicaにチャージして、Suicaで支払うとポイントがその分プラスされてお得になります。

  • 電子マネー(Suica)へチャージ=1.5%ポイント還元
  • Suicaで商品代金を支払い=10%ポイント還元

 

このように、上手く利用すると11.5%の還元率となり、ポイントがどんどん貯まるんです。ビックカメラSuicaカードを持っているなら、ビックカメラではSuicaにチャージしてから支払うのが、還元率を最大まで引き上げるコツとなります。

ビックカメラで買物をする時にお得になるカードについて、ビックカメラでクレジットカードを利用するならこのカードがおすすめ!の記事で更に詳しく解説しています。

Suicaチャージでビューサンクスポイントが3倍になる

ビックカメラSuicaカードで、Suicaのチャージや乗車券、定期券などの購入をすると、ビューサンクスポイントの還元率が3倍になります。

JR東日本のSuicaエリア(首都圏、新潟、仙台)や、PASMOエリアでは残高が少なくなると自動的にクレジットからチャージされるオートチャージが利用可能で、チャージが行われる度にポイントが貯まるんです。

オートチャージは便利な機能で、Suicaの残高が何円以下になったら、いくらチャージするか1000円単位で決められるので、一度設定してしまえばあとはSuicaがチャージされる度にボイントが貯まります。

他にも、JR東日本のみどりの窓口や券売機で、ビックカメラSuicaカードを使って買うとポイントが3倍(1000円につき6ポイント=15円相当)になるものがあるんです。

  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • 定期券

 

Suicaのチャージなどでもポイントが3倍になります。

  • Suica定期券
  • Suicaカード
  • Suicaチャージ
  • モバイルSuicaのチャージ
  • モバイルSuica特急券
  • モバイルSuica定期券
  • モバイルSuicaグリーン券

 

他にもありますが、代表的なものを上げてみました。Suicaは今やほぼ全国で使えますので、Suicaエリア以外の方でもビックカメラSuicaカードでSuicaチャージをすると、JRだけではなく、駅の売店や街のお店(対応店舗)で使えるので、よりポイントを稼ぐことができますね。

通常のショッピングでのポイント還元率は1%

ビックカメラSuicaカードで、街のお店で普通にショッピングした際の還元率も1%です。クレジットカードの還元率として0.5%などが多い中、還元率1%は高い方でしょう。

少し特殊なのは、ビックカメラSuicaカードは2種類のポイントがつくことで、ビックポイントとビューサンクスポイントがつくようになっています。購入代金(月の総額)につくポイントは以下のようになります。

  • ビックポイント
    →1000円ごとに5ポイント(0.5%)
  • ビューサンクスポイント
    →1000円ごとに2ポイント=5円相当(0.5%)

 

ビックポイントとビューサンクスポイントを合計して1%となります。ポイントがつくのは1000円ごとですが、1回の買い物ではなく月の合計金額で計算されるので、それほど大きなマイナスポイントではないでしょう。

ビックカメラSuicaカードの年会費

ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料ですが、2年目からは年会費がかかります。しかし、簡単な条件を満せば2年目以降も年会費が無料になるので、実質的に年会費は払わないで使えるカードです。

さらに、実質的に年会費が無料ながら、ETCカードのオプションをつけることもできるので、非常に使い勝手がいいのも特徴となります。

ビックカメラSuicaカードの年会費や、付帯機能について詳しく解説していきますね。

年会費は実質無料で利用可能!

ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料で、2年目からは477円(税別)かかりますが、1度でもカードを利用すれば2年目以降も無料になるので、実質年会費が無料で使うことができます。

  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降は1度でもカードを利用すれば年会費が無料

 

初年度の年会費は無条件で無料となっていますが、気になるのは2年目以降の年会費のことですよね。

2年目以降は“1度でもカードを利用すれば”年会費が無料になります。カードの利用金額に制限はないので、ビックカメラSuicaカードで買い物やSuicaへチャージなどをすれば金額に関係なく年会費は無料です。

1円でもクレジットを使えば年会費がかからないので、実質無料で使えるカードと言えるでしょう。

ビックカメラSuicaカードを持つ事で得られるメリットやデメリット、そして、審査基準について以下の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ETCカード機能もつけることができる

別途年会費477円(税別)が必要になりますが、ETCカード機能をつけることができます。ビックカメラSuicaカードは、高速道路でのドライブに重宝するETCカード機能をつけることもできますが、これには別に年会費を払う必要があります。

実質カード自体の年会費は無料で使えるので、それほど大きな負担ではないですが、気になる方はいるかもしれないですね。

他に年会費無料のETCカード機能付きクレジットカードを持つという手もありますが、ETCカード機能をビックカメラSuicaカードにつけると、高速道路の通行料金の支払いの際にビックポイントが貯まります。

ポイントが貯まる分お得になるので頻繁に高速道路を使う方や、クレジットカードを沢山持ちたくない方は、ビックカメラSuicaカードにETCカード機能をつけてもいいでしょう。

家族カードがない分1人1枚持つことでお得に!

家族カードはないので1人1枚発行してポイントを貯めてください。家族カードというのは、1枚のカード(親カード)に子カードを発行できるというシステムです。(通常、子カードで支払うと請求は親カードにまとめられます)

子カードは年会費が無料(親カード所持者が払う)、審査がない場合があるといったメリットがありますが、ビックカメラSuicaカードは実質年会費が無料で使えるので、1人1枚発行した方がメリットは大きいでしょう。

また、子カードの使った分は親カードに合算されてしまうので、親カードの限度枠が圧迫されてしまうこともあります。

子カード所持者が電化製品など大きな買い物をしてしまうと、限度額が圧迫されて、知らないうちに親カードを所持している方が使える金額がどんどん減っていくんです。

家族カードはありませんが、ビックカメラSuicaカードはビックカメラの買い物やSuicaのチャージでポイント還元率が高く、年会費も実質無料で使えるので、持つことで損することはありません。

通常のショッピングでもポイント還元率が1%と高い方なので、1枚持っておくと便利でお得なカードですね。

そんなビックカメラSuicaカードでは、現在最大のキャンペーンを行っています。10月31日までに申し込みをされた方限定で、なんと6,000ポイントがもらえるキャンペーンなので、年会費無料な上、6,000円相当として使えるポイントがもらえるこのチャンスの間に申し込んでおくことをおすすめします。

【公式サイトで詳細を見る】

まとめ

ビックカメラSuicaカードの還元率は通常のショッピングでは1%で、ビックカメラでSuicaにチャージしてから使うことで11.5%になるので非常にお得です。

さらに、Suicaチャージや乗車券の購入でポイントが3倍になるので、普段、JRを利用される方にはメリットが大きいカードとなります。年会費は、初年度無料で2年目からは一度でも利用すると無料になるので、実質無料で使うことができるカードです。

先程も少し触れましたが、ビックカメラSuicaカードでは現在10月31日迄の期間限定で6,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

ビックカメラSuicaカードでは最大のキャンペーンなので、このチャンスを逃してしまうと6,000ポイントがもらえる機会はもう当分ないと思った方が良いでしょう。「気付いたら終わってた…」ということがないようにしたいですね。

【公式サイトで詳細を見る】