ウィーちゃんウィーちゃん

ビックカメラでクレジットカード払いしたら還元率がグッと下がってしまうってホント?

博士博士

そうなんじゃよ。

しかし、逆に還元率が上がるクレジットカードがあるんじゃよ!

現金なら10%ポイント還元されるので、ビックカメラで買い物をされる方も多いのではないかと思います。特に、金額の大きな家電製品を買う際には、10%のポイントは大きいですよね。

しかし、ビックカメラで買い物をする際に、クレジットカードで支払うと損をしてしまうことがあるのをご存知でしょうか?

意外とポイント還元等で知られていないビックカメラのポイント事情など、ビックカメラで使う際に1番お得になるクレジットカードを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビックカメラでクレジットカードを使う時のデメリット

ビックカメラSuicaカード ビックカメラ クレジットカード

ビックカメラなどの家電量販店は買物をすると10%の還元があることで有名ですよね。でも、実はビックカメラ以外のクレジットカードを使うと、ポイント還元率が10%から8%に下げられてしまいます。

これはクレジットカードだと、手数料を店舗が支払わないといけない為、ポイント還元も下げざるを得ないということが理由です。

しかし、ビックカメラのクレジットカードならポイント還元率は10%のままなので、ビックカメラで買い物をする際には、ビックカメラのクレジットカードで支払わないと損をしてしまうんです。ビックカメラのクレジットカードは4種類あります。

 

この中で、1番還元率が高いのはビックカメラSuicaカードなので、ビックカメラで使う際におすすめのカードです。しかし、それぞれ特徴が異なるので他のカードのことも簡単に解説いたします。

ビックカメラSuicaカードのポイント還元率が高いワケ

ビックカメラSuicaカードには、Suica機能がついているため、Suicaへのチャージでもポイントがつくからです。ビックカメラSuicaカードの還元率が高いのは、Suicaにチャージし、チャージしたSuicaで支払ってポイントの2重取りをすることが可能というのが大きな点となります。

(例)

  • ビックカメラSuicaカードでSuicaチャージを行う→1.5%
  • Suicaで商品代金を支払う→10%

 

このように合わせて11.5%の還元率となり、これはビックカメラのクレジットカードの中でも1番高い還元率です。

他のビックカメラのクレジットカードと比較!

ビックカメラのクレジットカードはビックカメラSuicaカード以外にも3つありますが、ポイント還元率が上回るものはありません。

他のビックカメラのカードのポイント還元率は以下の通りです。(ビックカメラで購入した場合)

  • ビックカメラJ-WESTカード→最大10.5%
  • ビックカメラ JQ SUGOCAカード→最大10.5%
  • ビックカードインターナショナル→9%

ビックカメラインターナショナルには、リボ払い専用のビックカメラインターナショナルフリーボがあり、そちらは10%となっています。

ビックカメラJ-WESTカードは、ビックポイントの他にJR西日本のJ-WESTポイントがたまるクレジットカードで、ビックカメラでの買い物の際には以下のようにポイントが貯まります。

ビックポイント10%+J-WESTポイント0.5%=10.5%

 

J-WESTポイントはJR西日本の電子マネー「ICOCA(SMART ICOCA)」にポイントをチャージすることができますが、別途、SMART ICOCAへの申し込みが必要です。

ビックカメラ JQ SUGOCAカードは、JR九州の電子マネー「SUGOCA」機能がついているクレジットカードで、ビックカメラでの購入の際には、以下のようにポイントが貯まります。

ビックポイント10%+JRキューポ0.5%=10.5%

 

JRキューポとはJR九州のSUGOCAポイント、JQポイント、eレールポイントが1つになったものです。九州地方に住んでいる方には便利なカードですが、還元率はビックカメラSuicaカードの方が高くなっています。

また、ビックカードインターナショナルというカードもありますが、ビックカメラでの買い物の際のポイント還元率が9%と低いです。せっかく持つのなら還元率が高くSuica機能もついているビックカメラSuicaカードの方がいいでしょう。

 

ビックカメラでクレジットカード利用するならビックカメラSuicaカード!

ビックカメラSuicaカードには、ビックカメラ店頭にて30分程度で発行できる“仮カード”というサービスがあるため、その日のうちに買い物に使用することができて、ポイントもつくのでお得です。対象店舗のみ

クレジットカードの審査には、1週間から2週間かかりますから、その日のうちに使える方法があるというのは大きな魅力でしょう。これは、他のビックカメラのクレジットカードにはないサービスなので、ビックカメラSuicaカードのウリですね。

他にも、ビックカメラで利用するとお得になることがこのカードに色々あります。

たまったビックポイントをSuicaに交換できる

ビックカメラで、ビックカメラSuicaカードを使って貯めたビックポイントは、電子マネーのSuicaへも交換できるので、ポイント利用の幅がさらに広がります。

これも、ビックカメラSuicaカードのみの機能ですが、通常はビックカメラでしか使えないビックポイントが電子マネーのSuicaにも交換することができるんです。交換レートは以下の通りとなります。

ビックポイント1500ポイント=Suica1000円相当

 

Suicaはいまや関東だけではなく、全国で使えるので、よくJRを利用する方や他の店でポイントを使いたいというには助かるでしょう。

電子マネーのSuicaが使えるお店は増えていますので、JR以外にもレストランや、コンビニエンスストアなどで利用することができます。貯まったポイントが色々な場所で使えるのはうれしいですね。

ビックカメラで貯めたポイントの使い方や、ビックカメラでの商品によっての還元率などを以下の記事で更に詳しく解説しています。

ビューサンクスポイントをビックポイントに交換可能

ビックカメラで、商品代金をビックカメラSuicaカードで支払うと、ビューサンクスポイントも貯まりますが、そのポイントもビックポイントに交換可能なので、ビックカメラで欲しい商品を購入の際に使えます。

ビックカメラの支払いでビックカメラSuicaカードを使うと以下のようにポイントが貯まるんです。

ビックポイント10%+ビューサンクスポイント1.5%

 

合わせて11.5%なのですが、ビューサンクスポイントは以下のようにビックポイントに交換することが可能となっています。

ビューサンクスポイント400ポイント→ビックポイント1000ポイント

 

全ポイントをビックポイントにまとめられるので、ビックカメラ常連の方でも大丈夫です。すべてのポイントをビックカメラの商品代金に当てることができます。

還元率11.5%はビックカメラSuicaカードだけ!

ビックカメラで買い物をする際には、ポイント還元率が11.5%になるお得なビックカメラSuicaカードを使わないと損です。ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでお得に買い物をするには最強カードなので、ビックカメラを利用する機械のある方は、ぜひ1枚持っておくことをおすすめします。

審査もそれほど厳しくないので、1枚持っておいて、ビックカメラで買い物をする際に出せば、短期間でポイントがどんどん貯まっていきますから、貯まったポイントで商品を購入したり、お食事代を浮かせましょう。

また、貯まったポイントがSuicaなどに交換できるので、色々な使い道があり、非常に便利なカードですから、ぜひ手に入れてお得にショッピングを楽しんでください。

そんなビックカメラSuicaカードが、10月31日まで最大6,000ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。JCBで申し込んだ方には抽選で更に、2,000ポイントがもらえるどデカいキャンペーンを行っています。

せっかく申し込むのであれば、キャンペーンを行っていないときよりもこういった大きいキャンペーン時に申し込んでおくのをおすすめします。

【公式サイトで詳細を見る】

ビックカメラSuicaカードの還元率について、そして審査基準についてを以下の記事でも更に詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ビックカメラでは他社のクレジットカードで支払いをすると、ポイント還元率が10%から8%に下がってしまいますが、ビックカメラSuicaカードならそんな心配はいりません。

むしろ、クレジットでSuicaにチャージしてから支払うことで、11.5%の高還元率でポイントをもらうことができるので、非常にお得です。この還元率のカードがあるのに、持たない方が損だとも言えます。

ビックカメラが発行している他のクレジットカードと比べても、断然お得なのでビックカメラでの買い物にはビックカメラSuicaカードを使いましょう。

【公式サイトで詳細を見る】