ウィーちゃんウィーちゃん

博士~!銀行印がどれかわからなくなっちゃったニャ。どうしよう・・・

博士博士

慌てなくても大丈夫じゃよ。

わからなくなった銀行印の確認方法はちゃんとあるぞ!

最近では、わざわざ銀行に行かなくてもキャッシュカードがあればATMでお金の出し入れができるので、通帳や銀行印を使うことも少なくなっています。

しかし、なかなか使う機会がないからこそ、いざ必要な時に「銀行印ってどれだっけ?」と迷いませんか?

そこで今回は、銀行印の確認方法や、銀行印を紛失した場合の対処法などを解説していきます。銀行印が必要になった時に慌てないように、正しい知識を持っていたいですね。

スポンサーリンク

銀行印がわからなくなった時の確認方法

銀行印 確認 紛失

ウィーちゃんウィーちゃん

今だとネット銀行を使うことも多いから滅多に銀行印なんて使うこともないよね。

以前は通帳に届出印が印字されていたので、銀行印がわからなくなることはありませんでした。

しかし現在では、通帳が盗難に遭ったときに印影がコピーされるなどのリスクから、届出印の印字はなくなっています。そのため、銀行印がどれか確信が持てない人が多いのです。

銀行印を確認する方法

銀行印が必要になるケースは多々あります。そのときに備えて、次のような銀行印の確認方法をあらかじめ知っておくと安心ですね。

まずは銀行印がわからなくなった時に確認する方法について、詳しく解説していきましょう。

古い通帳で確認する

以前の通帳があれば、銀行印が印字されているので、それを見て判別することができます。

具体的には、お手持ちの印鑑を不要な紙に押して、その印字部分を半分に折って、通帳の印鑑と照らし合わせます。両方がピッタリ重なったら、同じ印鑑であると確認できます。

銀行の窓口で確認する

銀行印は、口座を開設した銀行の預金窓口で確認できます。同じ銀行であれば他の支店であってもOKです。その際に持って行くものをピックアップしました。

  • 通帳
  • 届出印の可能性のある印鑑をいくつか
  • 本人確認ができるもの(保険証、免許証など)

 

ウィーちゃんウィーちゃん

やっぱり窓口まで行く必要があるか。。

電話や郵送では確認できないので、必ず窓口に出向くようにしましょう。これらを窓口に持って行けば、届出印がどれか、簡単に確認してもらえます。

本人以外が銀行印の確認をしたい場合

ほとんどの銀行窓口の営業時間は、平日9時~15時なので、仕事の都合などでどうしても行けない人もいますよね。そんなときは、代理人が銀行印の確認を依頼することができます。

代理人が銀行印の確認をする際に必要なものは、印鑑と通帳以外に次のようなものがあります。

  • 依頼人の本人確認ができるもの
  • 代理人の本人確認ができるもの
  • 委任状

 

委任状とは具体的にどのようなものなのかわからない人のために、ここで、委任状の例を挙げておきます。

委任状

私は、下記の件を以下のものに委任いたします。

受任者
住所
氏名

 委任事項
・銀行届出印の確認をする件

平成 年 月 日

委任者
住所
氏名                印

以上

 

博士博士

委任状は手書きでも問題ないぞ!

委任状は、基本的に白紙に必要事項を記入していればOKですが、銀行によっては専用の委任状用紙が必要な場合もありますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう

銀行印が必要になる場面

ウィーちゃんウィーちゃん

銀行印が必要になる場面ってどんな時なの?

普段はキャッシュカードだけで事足りる場合が多いですが、銀行印がわからないと手続きできないこともあります。

銀行印が必要になるのはどのようなときなのか、知っておきましょう。

口座引落の手続きをするとき

公共料金やクレジットカードの口座引落の手続きをするときに、銀行印が必要になります。銀行印がわからないと、銀行口座の証明ができず、下記のようなことができなくなってしまいます。

  • クレジットカードの新規発行
  • 公共料金の口座引落
  • 車やローンの返済
  • 保険の加入

 

キャッシュカードが使えないとき

キャッシュカードの磁気テープやICチップの不良で読み取りができないときや、暗証番号を間違えたときなど、キャッシュカードが使えないときがあります。

その場合、新しいキャッシュカードを発行する手続きをしなくてはならず、銀行印が必要になるのです。

登録情報を変更するとき

氏名や住所などを変更する際に、銀行印が必要になることもあります。

銀行によっては、インターネットで銀行印なしに登録情報を変更できることもありますが、窓口で手続きする場合は銀行印が必要になってくるので、忘れずに持って行きましょう

銀行印を変更したい場合の手続き方法

ウィーちゃんウィーちゃん

銀行印を変更したい場合はどうしたらいいのかニャ?

最初に登録していた銀行印は、たとえ紛失していなくても、本人の意思によって変更することが可能なのです。次のような理由から、銀行印を変更したいと思っている人もいるでしょう。

スポンサーリンク
  • 子供の頃に作った通帳で届出印が親の印鑑になっている
  • 安物の三文判を銀行印にしてしまって後悔している
  • なんとなく、気分転換で銀行印を変更したい

 

しかし、銀行印の変更手続きと聞くと難しそうなイメージから、なかなか実行できない人も多いのではないでしょうか?

そこで、銀行印を変更する方法、手続きに必要な物などを事前に知っておくとスムーズにいきますよね。

銀行印を変更する方法

通帳の銀行印を変更することを「改印」と言い、銀行印はとても重要な物なので、それを変更するためには、きちんとした手続きが必要になってきます。

ウィーちゃんウィーちゃん

なんか想像以上に大げさになってきた気がする。。。

銀行の窓口に行く前に、改印の手続方法を知っておくと安心ですね。

銀行印の変更手続きに必要な物

せっかく重い腰を上げて銀行に行ったのに、変更手続きに必要な物を持っていなければ、手続きができません。再度銀行に行かなければならない、という事態は避けたいですよね。

そこで、銀行に行く前に持って行くものをチェックしておきましょう。

  • 銀行印を変更したい通帳
  • 届出印として登録している印鑑
  • 新しく届出印に登録する印鑑
  • 本人確認書類

 

本人確認書類とは?

本人確認書類は、必ず氏名・住所・生年月日が書かれているものでなければなりません。次に本人確認書類の例を挙げておきます。

  • 運転免許証、航空免状
  • 運転経歴証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 外国人登録証明書・在留カード・特別永住者証明書(それぞれ写真付のもの)
  • 住民基本台帳カード(写真付のもの)
  • 個人番号カード
  • 印鑑登録証明書(実印も必要)

 

さらに、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合、氏名と現住所が記載されている電気代やガス代など公共料金の請求書の提示が必要になることもあるので、事前に用意しておくといいですね

銀行印の変更手続き手順

銀行印の変更手続きに必要な物を準備したら、次のような手順で手続きをおこないます。

  1. 銀行の窓口で、改印届(印鑑届、変更届など銀行によってさまざま)をもらい、様式に沿って記入・捺印する。
  2. 1の書類を提出し、本人確認書類を提出する。

 

銀行によって、いつから新しい銀行印が適用するのか変わってくるので、手続き後に確認するようにしましょう

代理人が銀行印の変更をする場合

基本的に、銀行印の変更は本人が銀行の窓口で手続きしなければなりません。

代理人が銀行印の変更をする場合、上述した銀行印の確認のようにはスムーズにいきません。

銀行印は個人情報の中でも極めて重要なものであるので、それを変更するとなると、厳重な取り扱いになるのです。

ウィーちゃんウィーちゃん

簡単に変更できたらそれはそれで問題だよね。

上述した銀行印の変更に必要な物の他、次のようなものが必要になることがあります。

  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類
  • 依頼人との関係を証明する住民票などの書類

 

代理人による銀行印の変更手続きは、銀行によっても取り扱い方が変わってくるので、あらかじめ必要書類などを電話などで確認しておくといいでしょう

銀行印を紛失してしまった時の対処法

ウィーちゃんウィーちゃん

思い当たる銀行印を探してみたけど、結局見つからなかった場合はどうしたらいいのかニャ?

銀行印は、通帳とセットで持っていなければならず、いわば通帳の鍵のような重要な物です。

そんな銀行印を紛失してしまった時の対処法を解説していきましょう!

銀行印を紛失してしまった時にすべきこと

銀行印を紛失してしまうと、第三者によって悪用される可能性があります。銀行印を紛失してしまった時にすべきことを順番に見ていきましょう。

銀行に連絡する

直接銀行の窓口に行き、紛失の手続きをおこなうこともできますが、第三者の悪用を防ぐため、紛失の連絡は早いほど良いです。

ほとんどの銀行で紛失専用のフリーダイヤルが設置されていて、24時間対応してくれるところもあるので、土日祝日でも紛失に気付いたときに連絡できるのです

銀行印を紛失したときの連絡先一覧サイトはこちら

上記のサイトでは、銀行印だけに限らず、通帳やキャッシュカードの紛失にも対応しています。また、盗難の場合も紛失と同じ扱いになります。

手続書類(照会状)を郵送してもらう

銀行によっては、電話連絡の後、紛失に伴う手続書類が送られてきます。この書類が銀行の窓口での手続きに必要になります。

銀行の窓口で銀行印の変更手続きをする

紛失の手続きを終えたら、新しい印鑑を登録する改印の手続きをしなければなりません。

上述した銀行印の変更手続きと手順や必要な物はほとんど同じですが、2の照会状を持って行くようにしましょう

警察へ連絡する

銀行への手続きが完了したら、念のため警察にも連絡しましょう。紛失届や盗難届を提出しておくといいです。

さらに、紛失届出証明書や盗難届出証明書をもらっておくと安心です。

まとめ

銀行印は、普段使用することが少ないため軽視されがちですが、あなたの財産を管理するために大切なものなのです。

自分の通帳の銀行印を確認するとともに、銀行印を変更したい時や万が一紛失した際の対処法を知ることで、財産の管理を徹底していきましょう。

スポンサーリンク