>> 無料で持てるアメックス特集ページ

【セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの口コミ/評判】コスパ抜群・ステータスのあるプラチナカードのメリットを解説!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、事業を始めて間もない方や、手頃な年会費でビジネスカードを持ちたい方におすすめのカードです。

年会費は安いですが豊富な優待、国内・海外旅行傷害保険が自動付帯、プライオリティ・パスなどメリットが沢山ありコスパの高さに定評があります。

法人でも個人でも持つことができ、インビテーション(招待)が不要なので、会社員の方でも持つことが可能です。

そんなセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット、デメリットを、実際にカードを利用している方の口コミや評判と一緒に詳しく解説していきましょう。

  1. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの基本情報
    1. 追加カードが4枚まで発行可能
    2. ETCカードが年会費無料
    3. セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとの違い
  2. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの口コミ/評判
    1. 良くない口コミ|セゾンプラチナ・ビジネスアメックスはデザインが良くない
    2. 良い口コミ|年会費の優遇がある
    3. 良い口コミ|プライオリティ・パスが無料で使える
    4. 良い口コミ|JALマイルが貯まりやすい
  3. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを利用するメリットは豊富過ぎる!
    1. 年会費が安く優待がある
    2. 永久不滅ポイントが貯まる
    3. ポイントの使い方が豊富
    4. JALマイルが貯まりやすい
    5. 最短3営業日のスピード発行
    6. 引落口座を法人、個人で選べる
    7. 利用明細のデータをダウンロードできる
    8. 国内主要空港のラウンジが利用可能
    9. プライオリティ・パスが無料で利用可能
    10. ホテルやショッピングの優待が豊富
    11. 最高1億円の海外旅行傷害保険
    12. 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
    13. 便利なコンシェルジュサービスを利用可能
  4. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの気になるデメリット
    1. 還元率はそれほど高くない
    2. 年会費が発生する
    3. 本家アメックスよりステータスが劣る
  5. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの審査難易度・時間
    1. ビジネスカードとしては審査のハードルが低め
    2. セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの審査に受かるコツ
    3. 現金主義でも審査に通りづらい
  6. さぁセゾンプラチナ・ビジネスアメックスを活用しよう!

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの基本情報

セゾンプラチナビジネスアメックス

還元率 国内:0.5%~
海外利用:1%~
年会費 20,000円(税抜)
※年間200万円以上利用で次年度10,000円(税抜)
申し込み条件(年齢) 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料(5枚まで発行可能)
家族カード 3,000円(税抜)/4枚まで作成可能

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの特徴は、以下の通りです。

  • 年会費が安い
  • 利用額によって年会費が半額になる
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • 追加カードが4枚まで作れる
  • ETCカードの年会費無料
  • 最短3営業日発行
  • 登記簿・決算書不要
  • 引落口座を法人、個人で選べる
  • 利用明細のデータをダウンロードできる
  • 国内主要空港のラウンジが利用可能
  • プライオリティ・パス
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • コンシェルジュサービス
  • JALマイレージが貯まりやすい
  • Apple Pay/Google Pay対応
  • iD/QUICPay対応

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、ビジネスカードの中では年会費が安く設定されています。

さらに、年間200万円以上使うと次年度の年会費は半額の1万円(税抜)となるので、これからビジネスカードを持ちたいという方におすすめのカードです。

ビジネスカードでは珍しく、登記簿、決算書が不要で、運転免許証などの個人確認書類のみで申し込みできるのも魅力の1つでしょう。

海外・国内旅行傷害保険もしっかりと付いているので万が一の際にも頼りになります。

国内のラウンジだけではなく、世界中1,200ヶ所以上の空港のVIPラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料で使えるため、海外出張も快適です。

追加カードが4枚まで発行可能

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは追加カードが4枚まで作れ、家族や社員にも持たせることができます。

会社の備品を社員が購入する時や出張の際に、追加カードがあれば経費精算が非常に簡単になり便利です。

追加カードの利用料金は、本カードに集約されカードの利用明細も見ることができるので、どのくらい経費がかかったのかひと目で分かります。

プラチナカードの追加カードは、年会費が高くなるケースが多いですが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスなら、1枚3,000円(税抜)なので非常にリーズナブルです。

出張の際に、社員が自分で出張費を立て替える必要もなくなるので、社員の負担も少なくなります。

ETCカードが年会費無料

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、ETCカードの発行手数料・年会費が無料です。

仕事で車を使う際に、高速道路の料金所を素早く通過できるETCカードは、ビジネスには必需品なので無料で利用できるのは嬉しいですね。

ETCカードはカード1枚につき5枚まで発行できます。

追加カード会員も5枚のETCカードを発行できるため、追加カードを4枚発行すると最高25枚までETCカードが発行することが可能です。

ETCカードは完全無料で利用できるので、25枚まで発行できるのは大きなメリットでしょう。

ETCカードの利用明細も本カード会員がネットから閲覧できるので、経費の精算も楽ですし、ETCカード利用分もポイントが貯まるので、経費の削減にも繋がります。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとの違い

セゾンプラチナアメックスとセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの違い

個人向けとビジネス向けカードの違いは意外に多い!

セゾンカードからは個人向けにセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードというカードも発行されていますが、こちらはインビテーション(招待状)が送られた人しか申込むことができません。

セゾンプラチナ・アメックスと、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの大まかな違いは、以下の通りです。

セゾンプラチナ・アメックス セゾンプラチナ・ビジネスアメックス
申し込み条件 招待制 誰でも申し込み可
年会費 20,000円(税抜) 20,000円(税抜)
※年間200万円以上利用で次年度10,000円(税抜)
優待 個人向けの優待が豊富 ビジネス関係の優待が豊富

基本的なカードスペックは、セゾンプラチナ・アメックスと、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスはそれほど変わりありません。

しかし、優待については、セゾンプラチナ・アメックスの方が個人向けの優待が多く、以下の特典はセゾンプラチナ・アメックスのみに付帯しています。

  • 第1、第3土曜日に西友、LIVIN、サニーで5%OFF
  • PARCOで5%OFF
  • ロフト月末最後の金、土、日曜日に10%OFF

一方で、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスにはビジネスに役立つ特典が多く付帯しており、以下のような特典が付いています。

  • 年会費優遇
  • 引き落とし口座を個人、法人から選べる
  • ビジネス関連の優待

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、インビテーションがなくても申し込むことができます。

年間200万円以上使うと年会費が半額になる特典があるのは、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスだけです。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスには、電話代行サービスやカンガルー便、オフィス用品の購入などを常に優待価格で利用できる特典があるため、ビジネスに非常に役立ちます。

ちなみに、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、ビジネスカードですが、通常のクレジットカードのようにサラリーマンやOLでも申込むことができますよ。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの口コミ/評判

ここまでは、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのメリットとデメリットについて紹介してきましたが、クレジットカードの本当の使い勝手を知るには、実際に使っている方の評判を見るのが1番ですね。

そこで、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを実際に使っている方の口コミを紹介します。

良くない口コミ|セゾンプラチナ・ビジネスアメックスはデザインが良くない

まず、最初に紹介するのは、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのデザインに関する口コミです。以下、Yahoo!知恵袋、ツイッターから引用しています。

セゾンはダサくないですが、AMEXはダサいです。

(引用元・Yahoo!知恵袋

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのデザインは、シルバーの券面にアメックスでお馴染みの百人隊長が描かれ、右側にセゾンカードのマークが入っています。

クレジットカードのデザインを重視する方にとっては、セゾンカードのマークは余計なようですね。

しかし、デザインは個人の主観によるところが大きいので、人それぞれ好みが分かれるところでしょう。全ての人が満足するデザインはないと思います。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは格安の年会費で持てる希少なプラチナカードで、法人口座でも個人口座でも登録ができ、豊富な優待が受けられるカードです。

デザインには賛否があるかもしれませんが、シルバーの券面には高級感があるのでよほど見た目を重視される方以外は、それほど気にならないでしょう。

良い口コミ|年会費の優遇がある

次に紹介するのは、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの年会費に関する口コミです。以下、Yahoo!知恵袋から引用しています。

長所は利用額によって年会費半額になる事ですね。

プラチナなのでこの金額はハードルは低いと思います。

このサービスはセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードにはありません。

ビジネスカードのみのサービスです。

(引用元・Yahoo!知恵袋

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスだと年額200万以上使うと会費が半分の一万円になりますよ。

(引用元・Yahoo!知恵袋

年間利用200万円で年会費が20000円→10000円になります。

事務用品、宅配サービスなど経費での支払いが優待価格になったりします

(引用元・Yahoo!知恵袋

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、年間200万円以上のカード利用があれば、年会費が半額の1万円になるという優遇があります。

プラチナカードで年会費の優遇があるカードはほとんどないので非常にレアなカードです。

カードを沢山利用すれば、年会費がお得になるのは嬉しいですね。

良い口コミ|プライオリティ・パスが無料で使える

次に紹介するのは、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのプライオリティ・パスに関する口コミです。以下、Yahoo!知恵袋から引用しています。

ラウンジサービスなら、このカードはプライオリティーパスが無料付与されるので、カード会社ラウンジとは別の提携航空会社ラウンジもしくはHUBラウンジの利用が可能ですよ。

約US400ドルが無料ですので、お得だと思います。

(引用元・Yahoo!知恵袋

セゾンプラチナは,他のプラチナカードと異なり年会費が非常に安いので(通常のプラチナカードだと年会費10万円近くします),プライオリティパス等の特典のみで十分ペイすると思います

(引用元・Yahoo!知恵袋

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスはプライオリティ・パスが年会費無料で利用できます。

プライオリティ・パスとは、世界中1,200ヶ所以上の空港のVIPラウンジを無料で利用できるカードです。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスで使えるプライオリティ・パスは、プレステージ会員なので通常だと年会費が429米ドルかかります。

それが、無料で利用できるのは大きいですね。

良い口コミ|JALマイルが貯まりやすい

次に紹介するのは、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのJALマイルの貯まりやすさに関する口コミです。以下、Yahoo!知恵袋から引用しています。

マイルコースに無料で入れるので、JALマイルためてる人にはかなりパフォーマンスのいいカードじゃないでしょうか。

あと、永久不滅.comの充実ぶりもあなどれませんね。

(引用元・Yahoo!知恵袋

手持ちの中では、セゾンプラチナ・ビジネスAMEXが最もよく貯まります。

ショッピングマイルプランに登録すると、利用額1,000円につき11.25マイルが付与されます。

(引用元・Yahoo!知恵袋

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、通常だとカード利用額1,000円につき1永久不滅ポイントが貯まります。(1ポイントの価値は5円)

しかし、SAISON MILE CLUBに登録すると、以下のように自動でJALマイルが貯まるようになるのです。

  • 1,000円(税込)につき10JALマイル
  • 2,000円(税込)につき1永久不滅ポイント

永久不滅ポイントも併せて貯まるので、非常にお得です。SAISON MILE CLUBの登録は無料なので、JALマイルを貯めている方には嬉しいカードでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを利用するメリットは豊富過ぎる!

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスには、年会費の優遇や国内・海外の空港ラウンジが無料で利用できるなどのメリットがあります。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのメリットは、以下の通りです。

  • 年会費が安い
  • 利用額によって年会費が半額になる
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • ポイント交換先が豊富
  • 追加カードが4枚まで作れる
  • ETCカードの年会費無料
  • JALマイレージが貯まりやすい
  • 最短3営業日発行
  • 引落口座を法人、個人で選べる
  • 利用明細のデータをダウンロードできる
  • 国内主要空港のラウンジが利用可能
  • プライオリティ・パス
  • ホテルやショッピングの優待が豊富
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • コンシェルジュサービス

年会費が安く優待がある

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの年会費は、プラチナのビジネスカードとしては破格の2万円(税抜)で、年間200万円以上利用すると半額の1万円(税抜)になります。

ビジネスカードの年会費は3万円を超えるものが多いですが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの年会費はプラチナカードであるにもかかわらず、2万円(税抜)です。

しかも、年間200万円以上使うと年会費が半額の1万円(税抜)になります。

海外・国内旅行傷害保険も自動付帯で、世界中の1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料で使えるなどの特典ありで、2万円の年会費はかなりコスパが高いです。

(※自動付帯とは、カードで旅行費用を支払わなくても補償の対象となること)

永久不滅ポイントが貯まる

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、毎月の利用合計額1,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。1ポイントの価値は5円なので還元率は0.5%です。

永久不滅ポイントなので、ポイントの有効期限を気にする必要がありません。これは大きなメリットですね。

事業で大きな設備投資をするとかなりの金額になります。じっくり考えてポイントを有効に使いましょう。

ポイントの使い方が豊富

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを利用して貯まった永久不滅ポイントは、使い方が豊富なので自分に合った使い方ができます。

永久不滅ポイントは以下のことやものに利用可能です。

  • 毎月のカード利用額に充てる
  • ギフト券に交換
  • 他社ポイントに交換
  • マイルに交換
  • 商品と交換

まず、永久不滅ポイントは、毎月のカード利用額に充てることができます。

サービス名 レート
ポイントdeお買物サービス 200ポイント⇒900円分

1ポイント=5円なのでレートは少し下がってしまいますが、一番簡単で無駄のない使い方でしょう。

毎月13日までに交換すると翌月のカード利用額からポイント分が差し引かれます。

他の交換レートは以下の通りです。

レート
(永久不滅ポイント⇒交換先)
永久不滅ウォレット 100ポイント⇒450円分
JALマイル 200ポイント⇒500マイル
ANAマイル 200ポイント⇒600マイル
Tポイント 100ポイント⇒450ポイント
dポイント 200ポイント⇒1,000ポイント
auWALLETポイント 200ポイント⇒1,000ポイント
Nanaco 200ポイント⇒920ポイント
Pontaポイント 200ポイント⇒900ポイント
ベルメゾンポイント 200ポイント⇒1,000ポイント
WebMoney 200ポイント⇒1,000円分
AMAZONギフト券 200ポイント⇒1,000円分
UCギフトカード 500ポイント⇒2,000円分
すかいらーくご優待券 200ポイント⇒1,000円分
モスカード 400ポイント⇒2,000円分
JTB旅行券 1,000ポイント⇒5,000円分
ベルメゾンお買い物券 1,000ポイント⇒5,000円分
スターバックスカード 100ポイント⇒450円分
Tabiデスク旅行代金 200ポイント⇒900円分

ポイント交換先が非常に多いので代表的なものを記載しましたが、マイルや日常的に使えるポイントなど様々なものに永久不滅ポイントは交換できます。

他にも、グルメや家電など厳選された商品と交換することができるため、使い道に困ることはありませんね。

JALマイルが貯まりやすい

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス会員なら、SAISON MILE CLUBに登録することでJALマイルをガンガン貯めることができます。SAISON MILE CLUBへの登録料は無料です。

SAISON MILE CLUBに登録すると、ポイントの付き方が以下のように変わります。

通常 1,000円(税込)につき1永久不滅ポイント
SAISONMILECLUB加入後 ・1,000円(税込)につき10JALマイル
・2,000円(税込)につき1永久不滅ポイント

※SAISON MILE CLUBに加入すると、JALマイルと永久不滅ポイントが同時にたまる

注意しなければいけないのは、SAISON MILE CLUBに加入すると、カード利用時に何も指定しなくても自動的に上記のポイントの付き方となるということです。

永久不滅ポイントはSAISON MILE CLUBに入らない方が多く貯まるので、特にJALマイルを貯めていないという方は入らない方がいいでしょう。

ただ、よく飛行機に乗る方にとってはカード利用額1,000円につき10JALマイルも貯まり、さらに永久不滅ポイントも貯まるというのは非常に大きなメリットですね。

しかも、最初に手続きを済ませてしまえば、あとはカードを利用する度に自動的にJALマイルが貯まっていきます。

毎月、ポイントを交換する手間もないので、非常に楽です。出張などで飛行機を利用する方はSAISON MILE CLUBに加入して、航空チケット代を節約しましょう。

最短3営業日のスピード発行

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、申込みから最短3営業日で発行されるので、すぐにカードを利用することができます。

通常、クレジットカードの発行には2週間程度かかりますが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスなら最短3営業日のスピード発行です。

(※審査の内容によっては、3営業日よりも長くなる場合もあり)

これから事業を始める方は、事業用のクレジットカードがあると経費の計算が簡単になります。

また、プライベートと事業用のカードを分けることで、カードの分割払い手数料なども経費にすることが可能です。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスなら、スピーディーに事業用のカードを作ることができるので、早くビジネスカードが欲しい方におすすめします。

引落口座を法人、個人で選べる

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、引き落とし口座を法人名義口座・個人名義口座の2種類から選ぶことができます。

もう、事業を長く続けていて法人であれば、法人名義の口座にした方が、支払いをカード1枚にまとめられるので、経費の管理が簡単です。

ただ、まだ事業を始めて間もない場合は、法人名義口座を持っていないことが多いでしょう。

個人名義口座と法人名義口座から引落口座が選べることで、まだ法人化していない個人事業主でも利用することが可能になります。

ちなみに、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、会社員でも申し込み可能で完全に個人のクレジットカードとして持つことも可能です。

利用明細のデータをダウンロードできる

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス会員は、インターネットから簡単に利用明細をダウンロードできます。

以下のようなカードの利用データがダウンロード可能です。

  • カードの利用日
  • 利用店名
  • 利用金額
  • 支払い金額

経費の精算の際に、利用明細のデータをダウンロードしておけば、領収書のもらい忘れを予防することができます。

特に細かい備品(文房具・インクカートリッジなど)はどこで購入したか忘れがちなので、店名まで分かると後々便利です。

国内主要空港のラウンジが利用可能

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを持っていると、国内主要32空港のラウンジとハワイの空港ラウンジが無料で利用できます。

ラウンジを利用できる空港は以下の通りです。

地域 空港名
日本国内
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港第1ターミナル
  • 羽田空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 新潟空港
  • 富士山静岡空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子鬼太郎空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島阿波おどり空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 鹿児島空港
  • 熊本(阿蘇くまもと空港)空港
  • 那覇空港
ハワイ
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港

空港ラウンジでは、フリードリンクや軽食、Wi-Fi、充電などのサービスが利用でき、広々とした空間で、フライト前の時間をリラックスして過ごすことができます。(※空港によってサービスは異なる)

追加カード会員も空港ラウンジを利用できるため、社員の出張も快適なものとなるでしょう。

一息つくのはもちろん、商談先に持っていく資料の確認や会社との連絡も気兼ねなくすることができます。

プライオリティ・パスが無料で利用可能

プライオリティパス実物

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスならプライオリティパスが無料

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス会員なら、世界中1,200ヵ所以上の空港のVIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスを無料で使うことができます。

海外への出張や海外旅行でも、プライオリティ・パスがあれば海外の空港ラウンジを無料で利用することが可能です。

海外だとフライト時間が長くなりますが、飛行機を降りてから、ゆったりと静かな空港ラウンジで疲れを癒やすことができます。

プライオリティ・パスは本カード会員だけの特典ですが、同伴者も1人につき2,000円(税抜)で、空港ラウンジを利用できるので複数人での海外出張や、旅行にも対応可能です。

ホテルやショッピングの優待が豊富

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス会員なら、entrée(オントレ)という優待サービスを利用することができ、ホテルやショッピングがお得になります。

entréeで利用できる優待は以下の通りです。

  • 国内、海外一流ホテルを優待価格で利用
  • 国内の一流レストランの優待
  • スパ、お店での優待

札幌グランドホテルや、ザ・リッツ・カールトン大阪、グランドプリンスホテル京都など、日本各地にある高級ホテルが、優待価格で1万円以上安く利用できたり、コンラッド東京『風花』、レストランヴィトラナゴヤといった一流レストランで特別メニューを味わうことができます。

優待が受けられるホテルや、スパ、レストランは全国にあるので、出張や旅行の際にセゾンプラチナ・ビジネスアメックスを持っているとより快適に過ごすことが可能です。

最高1億円の海外旅行傷害保険

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスには、最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

自動付帯とは、カードで旅行・出張費用を支払わなくても補償の対象となることです。

ただし、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスに付帯している海外旅行傷害保険は本カード会員のみ対象で、追加カード会員には適応されません。

海外ではちょっとした怪我や病気でも病院にかかると、かなりの金額を要求される場合があるため、自動付帯の旅行補償があると万が一の際に重宝します。

海外旅行傷害保険の補償内容は以下の通りです。(※補償の適用期間は1回の旅行につき最大90日まで)

補償額(最高)
傷害死亡 1億円
傷害後遺障害 1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害
(※自己負担額3,000円)
50万円
救援者費用 300万円
寄託手荷物遅延費用 10万円
寄託手荷物紛失費用 10万円
乗継遅延費用 3万円
出発遅延費用 3万円

※自己負担額は補償を受けるための手数料のようなもの

まず、海外で怪我や病気になった際に、300万円の補償金が出ます。賠償責任とは、海外でホテルの備品などを壊してしまった場合などに適用される補償です。

他にも、携行品損害がついているので、持っていた高価な荷物(カメラなど)が紛失、または盗難にあった際に、1品につき最高10万円(航空券や乗車券などは5万円)、合計で50万円まで補償されます。

救援者費用とは、海外で入院してしまった際に家族が駆けつけるための渡航費や宿泊費のことです。

上記以外にも、以下のような使える補償も付いています。

  • 寄託手荷物遅延費用⇒空港に預けた手荷物が遅れた際の補償
  • 寄託手荷物紛失費用⇒空港に預けた手荷物が紛失した際の補償
  • 乗継遅延費用⇒飛行機が遅れて乗継できなかった際の補償
  • 出発遅延費用⇒飛行機が遅れた際の補償

怪我や病気だけはなく、飛行機や手荷物の遅れまで手厚く補償されるのは嬉しいですね。

最高5,000万円の国内旅行傷害保険

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスには、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が自動付帯しています。

ただし、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスに付帯している国内旅行傷害保険は本カード会員のみ対象で、追加カード会員には適応されません。

国内では、国民健康保険が使えるため軽い怪我や病気で病院にかかっても、いきなり高額の医療費を請求されるということはありませんが、万が一の補償があると心強いですね。

国内旅行傷害保険の補償内容は以下の通りです。(※補償の適用期間は1回の旅行につき最大90日まで)

補償額(最高)
傷害死亡 5,000万円
傷害後遺障害 5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円
手術費用 5万円~20万円

あまり考えたくはありませんが、万が一、国内の出張・旅行中に大きな事故などで重い後遺障害を負った場合でも、最高5,000万円の補償が受けられます。

さらに、国内旅行・出張中に、怪我をして入院した場合には日額5,000円、通院が必要になった場合には日額3,000円が補償されるのです。

手術が必要となった場合には、手術の内容によって5万円~20万円補償されます。通院費用は、最大90日間補償されるので心強いですね。

入院の場合には特に何日までという制限がないので、長期の入院もカバーできます。

ただし、補償の対象となるためには、以下の条件を満たす必要があるのです。

  • 国内の公共交通機関に乗車中の事故
  • 国内の宿泊施設に泊まっている間の事故(火災、爆発、破裂)
  • 募集型旅行中の事故
  • 事故日から180日以内の入院、手術、通院
  • 事故日を含めて8日以上経過している

募集型旅行とは、旅行会社が企画したパック旅行のことです。また、事故日から180日以内に病院にかかることが条件となっています。

条件はありますが、万が一の際に国内でも補償があるのは嬉しいですね。

便利なコンシェルジュサービスを利用可能

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを持っていると、大変便利なコンシェルジュサービスが利用できます。

コンシェルジュサービスでは以下のようなことが可能です。

  • プライオリティ・パスの申し込み
  • レストランの予約
  • ハイヤー送迎サービス申し込み
  • 会議室などの紹介
  • カードの特典に対する問い合わせ
  • チケットの予約代行
  • ギフトの手配

カード付帯するサービスの申し込みはもちろん、通常では入手が困難なチケットの予約代行、取引先に贈るギフトを代わりに選んでもらうこともできます。

他にも会食や宴会にピッタリのレストランや居酒屋を探してもらい、予約までしてもらうことも可能です。

本当に色々な要望に応えてくれるので、優秀な秘書がつくようなメリットを享受することができます。

ビジネスに関係ないものでも、旅行の際に新幹線のチケットを取ってもらうこともできるので、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを持ったら、面倒なことはコンシェルジュに頼んで、その分の時間を仕事に充てましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの気になるデメリット

ここまで、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのメリットについて紹介してきましたが、どんなクレジットカードにもデメリットはあります。

クレジットカードを申込む際には、しっかりとデメリットも知っておきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスのデメリットは以下の通りです。

  • 還元率はそれほど高くない
  • 年会費が発生する
  • 本家アメックスよりステータスが劣る

還元率はそれほど高くない

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、国内での還元率が0.5%とそれほど高くありません。

還元率だけみると低いと感じるかもしれませんが、プラチナカードの特別な特典がセゾンプラチナ・ビジネスアメックスには付帯しています。

通常、プラチナカードはインビテーション(招待)がなければ申込むことができませんが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、普通の会社員でも申し込めるのが大きな魅力です。

JALマイルを貯めている方は、SAISON MILE CLUBに加入すると1,000円(税込)利用につき10マイル貯まり、さらに、2,000円(税込)利用ごとに1永久不滅ポイントも貯まるので還元率がアップします。

永久不滅ポイントはポイントが失効しないというのも、メリットでしょう。

また、プラチナカードの優待でお得にホテルに泊まったり、レストランやスパで優待を受けられます。

還元率は高い方ではないですが、旅行や出張先で優待を使うと非常にお得になるカードです。

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)については『入らないと損!SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)のお得な内容と登録方法を解説』の記事にて更に詳しくかいせtしていますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

年会費が発生する

プラチナカードの中では安いと言っても、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスには2万円(税抜)の年会費が発生します。

しかし、年に200万円以上カードを利用すると半額の1万円(税抜)になるという優遇があるので、それほど負担は大きくないでしょう。

1ヶ月に換算すると、17万円弱となるので会社を経営している方であれば、簡単に条件をクリアできます。

そして、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスには以下のような特典がついているので、年会費分以上の価値があると言えるでしょう。

  • entrée(オントレ)
  • コンシェルジュサービス
  • プライオリティ・パス
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険

entrée(オントレ)は、日本全国のホテルやスパ、レストランで優待を受けることができるので、非常にお得な特典です。

コンシェルジュサービスは、プライベートでも入手困難なチケットを取ってもらったり、希望に合わせたレストランの予約や、おみあげ品を代わりに選んでもらうこともできます。

他にも、世界中の都市で1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料で利用できて、充実した海外・国内旅行傷害保険も付帯しているのです。

これだけの特典がついて、年会費2万円はむしろ破格でしょう。

本家アメックスよりステータスが劣る

これは、普段使う上ではあまり気になりませんが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスはあくまでも、セゾンカードのプラチナカードです。

本家のアメックス・プラチナアメックスビジネス・プラチナカードと比べるとステータスに関してはやや劣ります。

ただ、本家のアメックス・プラチナは年会費が13万円(税抜)もするので全くの別物です。

格安の年会費で良質のサービスを受けることができるコスパが高いセゾンプラチナ・ビジネスアメックスの優待や特典を使い倒して、仕事やプライベートをよりお得で快適なものにしましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの審査難易度・時間

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの審査のハードルはビジネスカードとしてはそれほど高くなく、申込みから最短3営業日で自宅や会社にカードが届きます。

クレジットカードには大きく分けて以下の種類があるのです。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系

銀行系とは、銀行が発行するクレジットカードで、一番審査が厳しくなります。

信販系とは信販会社(ローンやクレジットを扱う会社)が発行するカード、流通系とは家電量販店やスーパーなどが発行するカードで、一番審査のハードルが低いです。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、セゾンカード(クレディセゾン)が発行する信販系のカードなので、審査は流通系よりは厳しいですが、銀行系よりは審査のハードルが下がります。

普通の会社員くらいの収入があれば、問題なく審査に通過できるレベルです。

ビジネスカードとしては審査のハードルが低め

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、ビジネスカードですが普通の会社員でも申込むことができ、個人名義の口座を引き落とし口座にすることも可能です。

ビジネスカードの多くは、会社や事業の業績が審査の際に重視されるので、起業間もないと作ることが難しいのですが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは個人の与信で審査されるため、申込者に十分な収入があれば審査を通過するのは難しくはありません。

法人名義の口座がなければ、個人名義の口座を引き落とし口座にして、完全に個人のクレジットカードとして利用することもできます。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、起業して間もない方が作るビジネスカードにおすすめのカードです。

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスの審査に受かるコツ

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスに申込む際には、多重申込みや、過去6ヶ月のクレジットカード申し込み状況に注意しましょう。

クレジットカードの審査は、信用情報機関というローンやクレジットの利用状況が細かく記録されている機関のデータを参考にして行われます。

信用情報機関に記録されているのは主に以下の情報です。

  • カードの申し込み
  • ローン、クレジットの支払い状況
  • 現在の借り入れ
  • 自己破産、債務整理

まず、気をつけて頂きたいのは、現在審査が終わっていないカードがあるのに、新しく他のカードを申し込むことです。

これを、多重申込みといい、審査落ちの可能性が非常に高くなります。

他に審査中のクレジットカードがある場合には、必ず審査が終わってから、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを申込むようにしましょう。

また、カードの申込み情報は信用情報機関に過去6ヶ月分記録されているため、審査に落ちた場合には6ヶ月の期間をあけて申し込んだ方が審査を通過する可能性は高くなります。

現在、他社から借り入れがある場合には、なるべく返済してから申込むといいでしょう。

ちなみに、自己破産や債務整理は5年~10年信用情報機関に記録されているので、その間はクレジットカードを作るのは難しいです。

クレジットカードの審査についてもっと知っておきたい方は『クレジットカードの審査基準や審査落ちする人の特徴を解説』の記事も合わせて参考にしてみてください。

現金主義でも審査に通りづらい

30歳を過ぎて、過去にローンやクレジットカードを一切利用したことがない人をスーパーホワイトといいます。

スーパーホワイトの方は十分な収入があっても審査に落ちてしまうことがあるのです。

スーパーホワイトの方は、信用情報機関に全く記録がないため、審査の際にカード会社が過去に自己破産などの金融事故があって、ローンやクレジットカードを利用できなかったのでは?と不審に思われてしまうため、審査に不利になってしまいます。

スーパーホワイトの方は、以下の方法で信用情報機関に記録を作りましょう。

  • 少額のショッピングローンを利用する
  • 携帯電話の機種代を分割で支払う

テレビショッピングなどで、商品を購入する際に分割で支払うと、それもローンの利用として記録されます。

他には、携帯電話の機種代金を分割で支払うというのも1つの手です。

携帯電話の機種代金の分割払いも、立派なローンですから毎月しっかりと支払っていけば、クレヒス(信用情報機関の記録)が積み上がっていきます。

スーパーホワイトの方はある程度クレヒスを積んでからセゾンプラチナ・ビジネスアメックスに申し込みましょう。

さぁセゾンプラチナ・ビジネスアメックスを活用しよう!

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、年会費の優遇がある数少ないプラチナカードです。

カードを利用して貯まるポイントは永久不滅ポイントなので失効する心配もありません。

国内の空港ラウンジはもちろん、世界中の1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料で使えるので、旅行や出張が快適なものとなります。

プラチナカード限定の特典があり、国内・海外のホテル、スパ、レストランでの優待をうけることができるのも魅力です。

さらに、最高1億円の海外旅行傷害保険と最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯し、レストランの予約や希少なチケットの手配など様々なことを頼めるコンシェルジュサービスもついてきます。

ぜひ、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスを使い倒して、毎日の仕事やプライベートをより充実したものにしましょう。

 

運営者
この記事を書いた人
マネーの博士

管理人であるマネーの博士。節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。またステータスの高いクレジットカードが好きで、特にアメックスブランドを愛しておるぞ。何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。

AMEX(アメックス)が年会費無料で持てるおすすめのクレジットカード|セゾン提携カードならAMEXブランドが無料で発行可能!アメックスの掟
タイトルとURLをコピーしました