博士博士

イオンカード申し込みならネットが一番じゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

えっ!?ホント?詳しく教えてほしいニャ♪

イオンカードの申し込みなら、店頭よりもネットがオススメです。

その理由は、やっぱりもらえるポイントの差。ネットから申し込んだ方が断然たくさんのポイントがもらえちゃいます!

でも、ネット経由でカードを作るのが初めての方はちょっと不安になりませんか?手順をイチからご説明しますので、安心してネット経由でポイントが貯めやすく使いやすいイオンカードを発行しちゃいましょう!

イオンカードを申し込むならネットからが良い理由

イオンカード 申し込み

結論から言うと、イオンカードを申し込むならネットからの申込が良いというのは、ネット限定のキャンペーンが随時開催されているから。期間限定となっているとはいえ、その期間が終わるとまた新しいキャンペーンを開催してくれることが多く、ネットでの申し込みはいつでもお得なんです!

ポイントをたくさん貯めてお得になりたいなら、ネット申し込みでしっかりポイントをもらってスタートダッシュを決めるのがもはや常識!?

キャンペーンでポイントがもらえるからお得!

イオンカードをお店で作るのか、ネットで作るのかという問題ですが、決定打になりそうなのがやっぱり「もらえるポイント数の差」です。以下は、キャンペーンごとに違うので大まかな数字になりますが、どれくらいの差があるのかの参考にしてみてくださいね。

  • ネットで申し込んだ場合はおよそ4,000~8,000円分お得
  • 店舗で申し込んだ場合はおよそ500~1,000円分お得
  • その差は最大で約7,500円分にも

 

いかがですか?イオンカードを作りたいということは、ポイントを貯めたいという気持ちもお持ちのはず。スタートラインからこんなに大きな差があるのなら、ネット申し込みの方が明らかにお得といえるでしょう。

せっかく申し込むなら最大で約7,500円もお得になるネットの方が魅力的ですよね。

ウィーちゃんウィーちゃん

店頭とインターネットからの申込みの差ってこんなのもあるのが衝撃…

知ることができて良かった!

店舗だとカード申し込みカウンターが常設されていない場合も

もらえるポイントが少ないものの、店舗で申し込むのにもメリットはあります。店舗の場合、即日カードが使えることも多いのです。20,30日などイオンがイオンカードで5%offになる日にカードが発行できれば、その日から5%offでお買い物をすることだってできるのです。

こういったお得なイベントの日には、カード申し込みカウンターが設置されていることも多いのですが、普通の日に行くとお店によってはカウンターが常設されていない場合もあり、その場合には即日発行はできず、後日またお店に足を運ぶことになります。

大型店ではカウンターが常設されていることも多いのですが、小さめの店舗の場合、常設していないことも多いので注意が必要です。その点、ネットだけで申し込みが完結できるとなると時間の節約という面でもメリットが大きいといえます。

イオンカード申し込みから発行までの流れ

イオンカード 申し込み

では、クレジットカードのネット申し込みがはじめてという方もすぐに分かるようにイオンカードの作り方をイチから順を追って説明していきます。手元に免許証があれば用意しておいてくださいね。申し込みが簡単にできるようになります。

まずは公式サイトにアクセス、「かんたんお申込み」

まずは、公式サイトにアクセスしましょう。「イオンカード 申し込み」などの検索で公式サイトが出てきます。最初に上の画像のような目立つバナーがありますから、そこにある「かんたんお申込み」をクリックorタップしてください。

この「かんたんお申込み」では質問に答えて、画面の通りに入力していくだけではじめての方でもカードが作れるようになっていますので、そのまま進んでくださいね♪


あとは質問に答えていくだけ!

かんたんお申込みの画面に進むと、カードを選ぶ画面になります。

イオンカード 申し込み

このように、イオンカードは上記の4種類が表示されています。

  • イオンカードセレクト通常デザイン
  • イオンカードセレクトディズニー・デザイン
  • イオンカード(WAON一体型)通常デザイン
  • イオンカード(WAON一体型)ディズニー・デザイン

 

基本的な機能は変わりませんが、ディズニーデザインの方はJCBとなっていますので、海外でもよく使うという場合にはVISAやMaster Cardが選べる通常デザインの方が安心かもしれません。

ただ、WAONを利用することで更にポイントが貯まりやすいということもありますし、WAONへチャージした時に唯一ポイントがもらえるのがイオンカードセレクトなので、WAON一体型を選ぶのがおすすめです。(年会費は無料)

WAONのチャージについては、WAONのオートチャージを詳しく解説!どこで?からタイミングまで丁寧に!の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

イオンカードセレクトにはキャッシュカード機能も!

イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)の差がよく分からないという方もいるはず。しかも、今カードを決めなければいけないので、より困ってしまいますよね。

その差は実にシンプル。イオンカード(WAON一体型)にはイオン銀行のキャッシュカード機能がなく、イオンカードセレクトにはキャッシュカード機能があります。

このキャッシュカードのイオン銀行口座からの引き落としになりますから、引き落とし口座を他に指定したい場合にはイオンカード(WAON一体型)を選ぶとよいでしょう。

イオンカードセレクトの質問

質問は、イオンカードセレクトの場合

  • イオン銀行のキャッシュカードを持っているか
  • 日本居住者であり、税法上の居住地国は日本のみか(日本に税金を納める義務があるか)
  • その他参考になるべき事項はあるか(住所と居住地国が異なる場合の詳細などです。)
  • 外国人PEPs(外国の公人・過去に公人だったということ)にあてはまるか
  • 運転免許証を持っているか

 

まずこの5つの質問にはい、いいえで答えていきます。銀行口座の開設があることから、普段あまり聞かないような質問がありますが、日本に住んでいる日本国籍の方の場合あまり気にしなくて問題ありません。

そして、次の画面に進みます。

イオンカード(WAON一体型)の質問

イオンカード(WAON一体型)の場合は、

  • Web明細(環境宣言)への登録をするかどうか
  • 「上記の規約に同意する」にチェック

 

これだけで個人情報の入力画面に進めます。

運転免許証があるとネットだけで完結も

最初に運転免許証があれば用意してください、とお話しましたが、運転免許証があるとネットだけでイオンカードの申し込みが完結できます。

もし、運転免許証を持っていない場合は郵送で申込書を送ってもらえますから、申し込みができないということはもちろんありません。

国際ブランドを選んで、本人情報を入力する

ここからはイオンカードセレクトもイオンカード(WAON一体型)もほぼ共通の項目を入力していくことになります。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB

 

まずはこの3つの国際ブランドからカードの種類を選びましょう。次は本人情報の入力です。項目は、

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 連絡先
  • メールアドレス
  • 郵便番号
  • 居住年数
  • 住まいの形態(一戸建てなど)、住宅ローンの有無
  • 家族の人数と配偶者がいるかどうか
  • 職業
  • 本人の年収
  • 他社からの借り入れ
  • 運転免許証の番号

 

これで全部です。不備があると二度手間になりますから、ゆっくりでも確実に入力していきましょう!次のページに進んだら、今度は勤務先について入力していきます。

勤務先の電話番号を入力しますが、実際に作った人によると在籍確認の電話はあまりかかってこないという情報もあります。しかし、きちんと正確な番号を入力してくださいね。

入力項目は、

  • 勤め先の名称(18歳以上の学生の場合は学校名)・所在地・電話番号
  • 事業内容
  • 勤続年数
  • 所属部署(ない場合はなしと記入)

 

ここまで入力したら次の画面に進みましょう。

暗証番号やカード利用内容、イオン銀行の口座の設定

次に、カード暗証番号を決めて、カード利用内容についても入力していきます。

  • 自分で決めたカード暗証番号
  • ショッピングリボ時の支払い方法(金額)
  • 年収と無担保借入残高
  • カードの利用目的(選択)

 

ちなみにショッピングリボは最初から自動でリボになっているわけではなく、自分でリボを指定した場合なのでご安心くださいね。

イオン銀行の口座の設定

イオンカードセレクトの場合には、イオン銀行の口座の設定が必要です。

  • キャッシュカードの自分で設定した暗証番号
  • 「イオン銀行ダイレクト(ネットバンキング)」の初回ログインパスワード
  • WAONオートチャージをするかどうか
  • お取引明細書(月200円)を利用するかどうか
  • 総合口座当座繰越を利用するかどうか

 

ここまでで銀行の設定は終わりです。お疲れさまでした♪

ETCとイオンiDの有無を決める

どちらも無料で登録・利用ができますが、

  • ETCカード
  • イオンiD

 

を利用するかどうかを決めて選択します。

少し補足すると、イオンiDとは電子マネーの一種でドコモの「おサイフケータイ」機能のある携帯電話を持っていないと利用できないのでご注意ください。

よく行くお店を登録、これで完了

これでいよいよ最後ですが、よく使うお店を登録します。

最初に入力した住所のある都道府県のお店をすぐに選べるようになっていますので、すぐに選ぶことができるでしょう。業態と店舗名を選べばOKです。ここまで入力お疲れさまでした♪

所要時間は早くて10分、ゆっくりで30分程度

ここまでの入力にかかる時間は、速い人で10分程度、ゆっくりでも30分くらいで入力できるでしょう。

入力間違いなどがあると二度手間になってしまい、かえって入力に無駄な時間がかかってしまいますから、そのページの項目をすべて入力したら一度チェックしてから次のページに進んでくださいね。

家にカードが届くのは約2週間後

無事に審査に通ると、約2週間後にカードが届きます。

「本人限定受け取り」ということなので、必ずご自身で受け取るようにしてください。もちろん再配達も可能です。

この時に運転免許証が受け取りに必要になりますので、配達員の方に提示するようにしてくださいね。

博士博士

基本的には他のクレジットカードの手続きと変わらないんだよ。

早くイオンカードで買物をしたいものじゃ!


更にイオンカードについて、詳しく知りたい方は以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

イオンカードを持つメリット

イオンカード 申し込み

イオンカードはどれくらいの還元率でポイントが貯まるのか当然気になりますよね。でも、イオンカードの魅力はそれだけじゃありません!会員限定で5%offで買い物ができる日があったり、映画が安く観られたり、おいしいお水もイオンでもらえちゃいます。

そんなイオンカードのメリットをどんどん紹介していきましょう♪

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンカードが人気の理由がわかるメリットだよ!

税込み200円で1ポイント

ときめきポイントは税込200円で1ポイントもらえます。還元率にすると約0.5%といったところで、普通の数字ですが、税込というところが優秀ポイントです。

税抜200円で1ポイントだとお会計が200円ぴったりのときには1ポイントもつきません。消費税8%なら216円からでないとポイントがつかないんですね。。

しかし、イオンカードは税込200円で1ポイントなのでお会計が200円のときにもしっかりとポイントがもらえるのです。

年会費無料、ETCカード、家族カード3枚無料

年会費が無料なのに加えて、太っ腹なのが、

  • ETCカード無料
  • 家族カード3枚まで無料

 

という特典です。年会費がタダでも、ETCカードや家族カードで少しの年会費が発生するというクレジットカードは少なくありません。家族カードが無料なので、18歳以上の家族は一緒にときめきポイントを貯めることができますよ♪

しかも、家族カードを持っていれば映画が安くなったりなどの特典も受けられるので、かなりメリットが大きそうですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

家族カードが3枚も無料ってすごいよね!

博士博士

なかなかないサービスじゃよ。

家族カードで選ぶならイオンカードセレクトじゃ!

「20日、30日5%OFF」だけじゃない!

CMでおなじみの「20日、30日5%OFF」はイオンカードを持っていなくても耳に残っているかもしれませんね。でも、実はそれだけじゃないのです。以下、イオンカードの割引特典についてまとめます。

  • 20日、30日はお客さま感謝デー→クレジットでもWAONでも5%割引
  • 毎月5,10,15日はお客さまわくわくデー→WAON利用でポイント2倍
  • 毎月10日はありが10デー→イオングループでクレジットでもWAONでもポイント5倍
  • 毎月10日はイオングループ以外の加盟店で、ポイント2倍
  • 毎月15日はG.G感謝デー→55歳以上のお客様限定で請求時5%割引

 

実は、有名な「20,30日」だけではなくて、こんなにお得にお買い物ができる日があったんですね。この日を狙ってお買い物をするのもとてもお得ですから、オススメですよ♪これでいかにWAONがあれば便利かをわかってもらえたかと思います。

映画もお得!おいしいお水も無料!

映画って地味に高い!と思うことってありませんか?でも、DVDがレンタル開始されるのを待ってお家で観るのもいいけれど、最新作を映画館で観たいときもありますよね。そこで、イオンカードの割引を活用しちゃいましょう!

  • カードを利用すると300円割引
  • 20,30日はカードを提示すると、1,100円

 

ちょっとの節約でも、積み重なることで大きな節約効果を生みます。映画もお得に観ませんか?

さて、イオンのお店で何やらお水をくんでいる人を見かけたことはありませんか?これがイオンカードの特典の「ぴゅあウォーター」なんです。利用の仕方は次の通りです。

  • 専用のボトル(2リットル入り、126円)を購入
  • 一日2回まで無料→最大4リットル無料でもらえる!

 

徒歩だとキツイですが、イオンのお店は広い駐車場が特徴。今までミネラルウォーターを買っていたり、意外と高い浄水器のカートリッジを買っていたという方は車や自転車で来て、無料でおいしいお水を手に入れましょう!

意外と多い!イオングループのお店

「う~ん、近くにイオンないからなぁ。」という方、ちょっと待ってください!!イオングループのお店はイオンだけじゃありません。スーパー系でいうと、

  • イオン
  • マックスバリュ
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • トポス

 

このあたりが「5%off」の日の対象になります。月に2回5%offでお買い物できることの節約効果って結構なものです。これらのお店が近くにあれば、イオンカードを作る価値は十分にありそうですよ♪

カラオケ・ホテルが10%off~

なんとイオンカードを提示するだけで優待が受けられるカラオケ店・ホテルがあります。

  • シダックス→10~30%室料割引
  • ビッグエコー→ビッグエコー会員の場合28~30%室料割引
  • ジョイサウンド→室料30%割引
  • カラオケ ゆー坊→室料30%割引

 

飲み放題やフリータイムなどの場合、5~10%割引としているところも多いのでご注意を。元がお得なコースだから仕方ないですね(笑)また割引システムは店舗によって異なりますので、最初に店員さんにイオンカードの割引について聞いておくことをオススメします。

また、東急REI(東急イン)宿泊時もイオンカード提示で割引が受けられます。

  • 基本宿泊料10%off

 

北海道から沖縄までカバーしていますから、利用する時には提示をお忘れなく!

まとめ

イオンカードの申し込みなら、ネットからの方が断然お得!最初から4,000円分相当以上のポイントがもらえるなんて嬉しいですよね。店舗でも割引券などのサービスはしているものの、ネット申し込みの特典には敵いません。

しかも、小さめの店舗だとカード発行カウンターを常設していない場合もあり二度手間も危険も。時間の節約の意味でも、やはりネット申し込みがオススメです。

イオンカードがあれば、日常的なお買い物でポイントを貯めることができるほか、5%offの日があったり、映画の優待、お水が1日最大4リットルもらえたりと、生活に役立つ特典をたくさん受けられます。

まずは、ネット申し込みでポイントをたくさんもらってスタートダッシュを決めてみませんか?

博士博士

ウィーちゃん、さっそく一緒にネットから申し込みやってみるかい?

ウィーちゃんウィーちゃん

もちろん!というか、さっそく始めてるニャ♪