イラスト文字で 『イオンSuicaカードの評判・メリット・デメリット』 と記載し、下にイオンSuicaカードを持った白猫と博士がいるイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンSuicaカードの評判って良いのかニャ?

博士博士

イオンSuicaカードはSuicaとも一体になっており、イオンとSuicaを利用している人からの評判はかなり高いぞ!

イオンSuicaカードは、イオングループで常時1%の還元率でときめきポイントを貯められるイオンカードにSuicaの機能が追加されたタイプのクレジットカードです。

イオンなどでお得になるのはもちろん、Suicaを普段から利用しているならこのイオンSuicaカードが間違いなくアナタの生活をより便利にしてくれます。

ここでは、そんなイオンSuicaカードのユーザーからの評判/口コミや、利用して感じるメリット、デメリットまで詳しく解説してきます。申込み前にしっかり知識をつけておきましょう。

記事の目次

イオンSuicaカードの特徴

イオンSuicaカード

年会費無料
申込条件18歳以上(高校生不可)
基本還元率通常:0.5%
イオングループ:1.0%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード

 

イオンSuicaカードはイオングループで優待&還元率1%のイオンカードとSuicaの機能がひとつになったクレジットカードです。年会費とETCカードも無料なので、維持費がまったくかからないという特徴があります。

ウィーちゃんウィーちゃん

年会費が一切かからないなら、発行するデメリットは一切なくて良いね!

通常の還元率は0.5%ですが、イオングループでは常時1%還元に加えて月に2回以上割引優待が受けられます。イオングループでの特典については後ほど詳しくご説明していきますね。

また貯めたポイントはWAONに交換するだけでなく、Suicaへチャージすることも可能です。では、それぞれの特徴について確認していきましょう。

イオンカードとSuicaが一つになったクレジットカード

イオンSuicaカードに興味を持ったあなたは、日常的にイオングループのスーパーなので買い物をしているかもしれませんね。また、JR東日本圏内に住んでいるとSuicaを使って電車やバスに乗る機会もよくあります。

イオンなどで買い物をするのにイオンカード、交通費の支払いはSuicaという風にカードを使い分けているとそれだけでカードを2枚は必ず持ち歩くことになります。

  • イオンカード
  • Suica
    一体型

 

博士博士

イオンを利用していて、Suicaも日常的に利用しているならイオンSuicaカードはまさにピッタリじゃろう。

イオンSuicaカードの場合には、イオンカード+Suicaの機能が搭載されているのでこれ1枚で買い物から交通費の支払いまで完結するのです。

年会費とETCカードが無料

イオンSuicaカードは、年会費・ETCカード年会費ともに無料となっています。

  • 年会費:永年無料
  • ETCカード:永年無料
  • ETCカード発行手数料:無料

 

よくETCカードの年会費は無料だけれど『発行手数料』は有料というカードもありますが、イオンSuicaカードの場合には発行手数料も無料です。

つまり、イオンSuicaカードと付帯するETCカードの維持には全くお金がかかりません。複数のクレジットカードを所持していると一つひとつの年会費や手数料が安くても、まとめると結構な金額になってしまうこともありますよね。

イオンカードSuicaは、ETCカードのために作ったとしても損のないクレジットカードなのです。

 

通常の還元率は0.5%

イオンSuicaカードの通常の還元率は0.5%となっています。この0.5%という還元率はイオングループを除いた通常の利用・公共料金の支払いなどの場合の還元率です。

高還元カードに慣れていると『ごく普通』といった還元率ですが、イオンSuicaカードの場合にはイオングループでの利用で高還元になるように設定されています。

  • 通常利用:0.5%還元
  • イオングループでの利用:1%還元

 

博士博士

日常で利用するなら物足りないが、理想的なのはイオン専用として利用していくのが良いじゃろう。

さらに、月に2回以上、人によっては3回以上などイオングループでの割引優待が受けられますので、還元率だけではないお得さを実感できるという面もあるのです。

貯めたポイントはSuicaに交換できる

イオンSuicaカードを使うと『ときめきポイント→Suicaへチャージ』というポイント交換ができるようになります。

  • ときめきポイント:Suica=1:1の交換が可能
  • 1,000ポイント以上から交換可能
  • パソコン・スマホから申込み可能
  • 申込み翌々日からVIEW ALTTEで受け取れる

 

ウィーちゃんウィーちゃん

Suicaなら色んなところで利用できるし、ポイントを交換できるのは助かる!

イオンSuicaカードで貯めたときめきポイントは、1,000ポイント=Suica1,000円分で交換が可能です。

あらかじめパソコンもしくはスマートフォンから『暮らしのマネーサイト』経由で手続きをして、申込みの翌々日から駅にあるVIEW ALTTE(ビューアルッテ)でチャージ金額を受け取ることができます。

 

イオンSuicaカードの嬉しいメリット

イラスト文字で 『イオンSuicaカードの評判・メリット・デメリット』 と記載し、下にイオンSuicaカードを持った白猫と博士がいるイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンSuicaカードを利用するメリットって何があるんだろう?

イオンSuicaカードには下記のような嬉しいメリットがあります。イオングループで常時還元率1%やイオンでの優待割引はもちろんのこと、快適で便利なSuicaのオートチャージも利用できます。

  • イオングループの店舗でポイント2倍
  • お客さま感謝デーで5%OFF
  • 55歳以上の方は毎月15日に5%OFF
  • 毎月10日はときめきWポイントデー
  • 優待加盟店でさらにポイント獲得
  • イオンシネマで300円割引・レジャー優待も
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • Suicaへのオートチャージが可能

 

ここからは、それぞれのメリットについてより詳しく解説していきましょう。

 

イオングループの店舗でポイント2倍

イオングループの店舗でポイント2倍

イオンSuicaカードは通常の還元率が0.5%という数字ですが、イオングループの店舗で利用すると還元率が2倍の1%になります。

  • イオングループでは常時ときめきポイント2倍
  • 税込200円につき2ポイント
  • 還元率にして1%

 

ウィーちゃんウィーちゃん

まさにイオン系列専用カードって感じだね!

日常の買い物にイオングループの店舗を利用している人にはかなり大きなメリットです。イオングループというと『イオン』とついている店舗だけを想像してしまうかもしれませんが、今やイオングループはスーパーだけでなくドラッグストアなど幅広いジャンルを展開しています。

イオンSuicaカードを利用するとポイントが2倍になる店舗には下記のような店舗があります。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ザ・ビック
  • アコレ
  • ピーコックストア
  • サンデー
  • KASUMIKOHYO
  • マルナカ
  • ホームワイド
  • まいばすけっと
  • ミニストップ
  • イオンモール
  • イオンタウン
  • イオンリカー
  • イオンバイク
  • R.O.U
  • スポーツオーソリティ
  • 未来屋書店
  • イオンコンパス
  • 四六時中
  • イオンシネマ
  • イオンペット
  • saQwa
  • タルボット
  • ikka
  • イオンボディ
  • ハックドラッグ
  • ウエルシア薬局

 

生活に密着した店舗が多いので、ぜひイオングループではイオンSuicaカードを使ってポイントを効率よく貯めていきたいですね。

お客さま感謝デーで5%OFF

毎月20.30日はお客さま感謝デーで5%OFF

イオンSuicaカードのメリットの中でも大きな目玉となるのが毎月20・30日の『お客さま感謝デー』です。お客さま感謝デーの特典は下記のようになっています。

  • 毎月20・30日に開催
  • クレジットカードまたはWAON利用で5%OFF

 

博士博士

月に2回5%オフになるなら、利用しないわけにはいかないじゃろう。

イオンだけでなく、マックスバリュやザ・ビッグなどのスーパーでも同様に5%割引特典が受けられます。

ここで気を付けておきたいポイントとして、イオンのネットスーパーではこの5%割引が適用されません。近くのイオンから運ばれてくるから割引対象かな?」と誤解しやすいので注意して下さいね。

いつもはネットスーパー派の方もお客さま感謝デーには実店舗に足を運んでのまとめ買いがおすすめです。5%割引なので10,000円買えば500円、月2回で1,000円分もお得になります。

今すぐ食費や日用品代を節約したい!」そんな望みを叶えてくれるのがお客様感謝デーです。

55歳以上の方は毎月15日に5%OFF

55歳以上の方は毎月15日に5%OFF

イオンSuicaカードのお客様感謝デーは原則月に2回の開催ですが、55歳以上の方にはもう一回5%OFFのチャンスがあります。月に3回5%OFFで買い物ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

  • イオンでは毎月15日がG.G感謝デー
  • 55歳以上の方は5%OFF
  • 家族会員も割引対象

 

55歳以上の方は月に2回開催のお客様感謝デーと合わせると、月に3回5%OFFで買い物ができるチャンスがあるということですね。

G.G世代の方の場合、お孫さんのための出費など何かとお金が必要になるもの。賢く5%割引のチャンスを生かして買い物を楽しみながら節約していきたいものです。

毎月10日はときめきWポイントデー

毎月10日はときめきWポイントデー

ここまで紹介してきたお客さま感謝デーやG.G感謝デーはイオングループでの割引特典でした。イオンSuicaカードでは毎月10日が『ときめきWポイントデー』となっています。

  • ショッピング利用税込200円ごとに2ポイント
  • イオングループ以外のお店で還元率1%

 

ときめきWポイントデーでは、イオングループ以外の店舗での買い物がポイント2倍になるのです。つまり、普段0.5%の還元率がイオングループ以外の店でも1%となります。

ただし、次のような店舗は対象とならないという制約がありますので気を付けてくださいね。

  • ギフトカード
  • 航空・鉄道などの交通費
  • 駅ナカなど鉄道会社の施設
  • WAON・Suicaへの電子マネーチャージ
  • チケット類
  • 保険関連
  • 公共料金(通信費・新聞なども含む)
  • 医療機関
  • 旅行代理店
  • 通信販売
  • 引っ越し代金
  • 海外での利用
  • ときめきポイントクラブ優待加盟店

 

通常のファッション、食料品、雑貨などの買い物ではあまり気にならないかもしれませんが覚えておくと安心です。

優待加盟店でさらにポイント獲得

イオンSuicaカードには『優待加盟店』という通常よりもポイントを多く貯められる店舗があります。優待加盟店には実店舗とオンライン店舗があります。

ここからは、それぞれの加盟店をご紹介していきましょう。

オンライン加盟店

オンライン加盟店は航空会社・旅行代理店などが中心となったラインナップです。

  • 日本航空:2倍
  • RHトラベラー株式会社:3倍
  • 近畿日本ツーリスト:2倍
  • サンエックスネットショップ:2倍

 

上記のオンライン加盟店では、公式サイトからチケットを購入したりオンラインでの手続きでポイントが多く付与されるシステムとなっています。条件を確認の上、利用するようにしたいですね。

一般加盟店

一般加盟店には、ガソリンスタンドのコスモ石油などがあります。車を利用している人の場合には、ガソリンは毎月決まって必要になるものです。イオンSuicaカードでお得に利用できるのは嬉しいですね。

一般加盟店には下記のような店舗があります。

  • コスモ石油:2倍
  • ツヴァイ:2倍
  • アート引越センター:2倍
  • ワタミグループ:2倍
  • 神戸・三宮センター街:2倍
  • タカキュー:2倍
  • ルネサンス:2倍
    →物販購入のみ
  • 得タク:3倍

 

飲み会などで利用する機会の多いワタミグループでもポイントが2倍です。一般加盟店でも確実にイオンSuicaカードを使ってポイントを積み重ねていきましょう。

イオンシネマで300円割引・レジャー優待も

イオングループといえば、併設されている映画館のイオンシネマもありますよね。イオンSuicaカードを使うと日常的な買い物だけでなく、映画やレジャーの割引優待などの特典も受けられるのです。

まずは、映画の優待をご紹介しましょう。

  • イオンシネマ300円割引
  • 同伴者大人1名まで同様の割引
  • 旧ワーナー・マイカル・シネマズも対象
  • イオンシネマ弘前は200円割引

 

ウィーちゃんウィーちゃん

映画館まで割引になるんだね!これで年会費無料で利用できるなんてウソみたい…!

大人2人で映画を見に行くと合計600円の割引になります。

次に、カラオケなどの優待をご紹介します。カラオケだけでなく、レジャー施設の優待もありますので休日はイオンSuicaカードをフルに活用していきましょう。

  • カラオケ館
    →室料30%OFF
  • ビッグエコー
    →室料30%OFF
  • スパリゾートハワイアンズ
    →入場料金10%OFF
  • 梅田スカイビル 空中庭園展望台
    →会員特別価格
  • 西武園ゆうえんち
    →5名まで特別優待価格(1人300円割引)

 

海外旅行傷害保険が自動付帯

イオンSuicaカードには海外旅行傷害保険が自動付帯しているというメリットがあります。

実は、この海外旅行傷害保険は他の『イオンカード(WAON一体型)』や『イオンカードセレクト』にはついていない機能です。他のイオンカードと迷った時に、海外旅行傷害保険がついているかどうかも選ぶ基準のひとつになります。

 

博士博士

他のイオンカードは旅行保険が付いていないんじゃよ。その点、イオンSuicaカードには海外旅行保険が自動で付帯しているのは大きなメリットじゃろう。

また国内旅行傷害保険もイオンSuicaカードを使って支払いをした場合に利用できます。

海外では日本の健康保険が適用されないため、軽症の病気やケガであっても高額なお金が必要となる事態がよくあるのです。そのために、海外旅行に特化した海外旅行傷害保険があるのですね。

イオンSuicaカードの海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

保険内容補償金額(最大)
死亡・後遺障害500万円
傷害治療50万円
疾病治療50万円

 

イオンSuicaカードの国内旅行傷害保険の内容は以下の通りです。国内旅行の場合には切符旅行商品の購入が条件となっています。つまり、ツアー代金などをイオンSuicaカードで支払う必要があるということです。

保険内容補償金額(最大)
死亡・後遺障害1,000万円
入院3,000円/日
通院2,000円/日

 

Suicaへのオートチャージが可能

イオンSuicaカードはイオンカードにSuicaの機能のついたクレジットカードですが、もちろんSuicaへのオートチャージも可能です。

  • JR東日本の駅のVIEW ALTTEで手続き可能
  • 『残高が○円になったら×円チャージするか』を設定

 

オートチャージがあると、急いでいる時に残高不足になってしまう心配がありません。アナタも過去に改札で残高不足のために止められて、券売機まで戻ったという経験があるのではないでしょうか?

イオンSuicaカードでオートチャージを設定するとその心配がなくなり、より快適に公共交通機関を利用できるようになりますよ。

 

イオンSuicaカードの気になるデメリット

白猫イオンSuicaカードを持ちながら博士に 『イオンSuicaカードのメリットがこれだけあると、デメリットも多そうで怖い…。』 と言っているイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

これだけイオンSuicaカードのメリットがあると、逆にデメリットが気になる…。

博士博士

どんなクレジットカードにも弱点はあるが、イオンSuicaカードのデメリットはそう多くないんじゃよ。

イオンSuicaカードはイオングループでの利用に便利、Suicaも一体となっていて快適などのメリットがあることが分かってきましたが、もちろんデメリットも存在します。

しかし、イオンSuicaカードは年会費無料ということもあり、発行することに一切デメリットはありませんし、利用して感じるデメリットも嬉しいことにそう多くありません。

  • WAONは搭載されていない
  • JR東日本での還元率が0.25%
  • 家族カードは作れない

 

では、それぞれのデメリットについてより詳しく解説します。

 

WAONは搭載されていない

イオンSuicaカードには、クレジットカード機能のほかにSuicaの機能が搭載されていますが電子マネーの『WAON』の機能はついていません。その為、WAONも使いたいという場合にはもう一枚カードを持たなくてはいけません。

イオンカードには、『イオンカード(WAON一体型)』というWAONの機能のついているものもあります。反対にイオンカード(WAON一体型)にはSuicaの機能はありません。

搭載されている電子マネーが『SuicaかWAONか』という観点でクレジットカードを選んでも良いでしょう。

WAON一体型のイオンカードについては『イオンカード(WAON一体型)の評判は?気になるメリット・デメリットを徹底解説!』の記事で詳しく解説していますので、どちらか悩んでいる方は参考にしてみてください。

JR東日本での還元率が0.25%

イオンSuicaカードの通常の還元率は0.5%、つまり200円で1ポイントのときめきポイントが貯まります。しかし、JR東日本での利用については還元率が0.25%となっています。

  • JR東日本での利用のみ還元率0.25%
  • 400円につき1ポイント

 

ウィーちゃんウィーちゃん

この点はちょっと残念かもね。

JR東日本では定期券などのまとまった出費が期待できるだけに、400円につき1ポイントというのはイオンカードSuicaのデメリットといえるでしょう。

家族カードは作れない

イオンカードSuicaでは、家族カードを付帯させることができません。請求をひとつにまとめたいと思っている方にとっては、デメリットに感じるかもしれませんね。

特にこだわりがなければ年会費も無料で利用できる為、18歳以上の家族それぞれでイオンSuicaカードを作ったり、お好みのイオンカードを作るという選択肢もあります。

このように考えれば、家族カードが作れないというデメリットはそれほど大きなデメリットではないかもしれません。

 

イオンSuicaカードの評判

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンSuicaカードの評判は良いみたいなんだけど、実際の声ってどうなのかニャ?

ここからは、実際にイオンSuicaカードを使っているユーザーからの『イオンSuicaカードの評判』をチェックしていきましょう。

実際にイオンSuicaカードを利用している方からの評判/口コミは高い意見が多くあります。しかし、ここでは良い評判を含め、悪いと感じる評判も合わせて紹介していきます。

Suicaの残額引継ぎができない!

こちらの方はカードの引継ぎ時に、Suica残額を使い切らなければいけないという点が面倒に感じているようです。

イオンSuicaカードの更新時に新しいカードが送られてきたら、毎回Suicaの残高を使い切らないといけないのは若干手間と感じるでしょう。クレジットカードの更新は数年に1回なので、この点をどう感じるかによって印象は変わってきます。

そうは言っても、Suica付帯のクレジットカードは全てこのような仕組みになっているので、何もイオンSuicaカードだけが不便になっているわけではないということを記載しておきます。

年会費がかからないSuica付きのカード

こちらの方は、イオンSuicaカードで年会費がかからないところがメリットだと感じているようです。


しかも、通常のカードタイプのSuicaを作るときにはデポジット(預り金)といって500円が必要になりますが、イオンSuicaカードの場合にはデポジットも必要ありません。

ウィーちゃんウィーちゃん

モバイルSuicaは年会費が必要になっちゃうもんね。そう考えたらイオンSuicaカードは便利!

ときめきポイントをまとめることができて便利!

こちらの方の場合は、イオンカードSuicaカードとイオンカードセレクトを使っているのですがポイントを合算してまとめて利用するという使い方もおすすめです。


イオンカードは種類が豊富なので、複数枚のクレジットカードにときめきポイントが分散して貯まることがあります。しかし、同じ名義人なら合算できるのでとても便利ですよ。

20日30日のお客さま感謝デーが魅力!

こちらの方は、20日と30日の5%OFFに惹かれてイオンSuicaカードを作ったとのことです。

毎月2回は割引のチャンスがあるというのは、イオングループでの買い物が多いという方にとっては確実に節約に役立ちますね。

 

イオンSuicaカードの申込み方法

ここからは、イオンSuicaカードの申込み方法を解説していきます。

  • ネットで申込み
  • 店舗で申込み

 

大きく分けるとこの二つの方法がありますが、イオンSuicaカードに新規入会する場合、ネットで申込みの方が入会特典が充実していることが多いので注意が必要です。「せっかく入会するなら入会特典が欲しい!」と感じる方は必ずネットから申込みを行いましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

店舗だと入会キャンペーンが損するんだね…。気を付けなくちゃ。

では、早速具体的な申込みの流れをご紹介します。

ネットで申し込む方法

イオンマークのあるカードは今なら新規入会で最大6,000円相当分のポイントをプレゼント

イオンSuicaカードをネットで申込みするためには、手元に次の二つを用意してください。

  • 運転免許証
  • 引き落とし口座のキャッシュカード

 

手順は以下の通りです。

  1. こちらの『イオンSuicaカード公式サイト』申込みフォームに従って本人情報・勤務先・口座情報などを入力
  2. 審査結果を待つ
  3. 審査に合格すると直接カードが届く
  4. 審査否決の場合には郵送でお知らせが届く

 

審査に通り、発行されたイオンSuicaカードは、佐川急便の『受取人確認サポート』または日本郵便の『本人限定受取郵便(特定時効伝達型)』で自宅に配送されます。

 

店舗で申し込む方法

イオンなどの店舗で例えば『お客さま感謝デー』などのイベント時にカード申込み用のカウンターが設置されることがあります。そうでなくても、イオンカード系のチラシがお店に置いてあることも多いです。

店舗での申込みの場合も本人確認書類が必要になるので、運転免許証などを持参するようにしてくださいね。あとは、イオンカードカウンターで必要事項を記入して申し込みをします。イオンSuicaカードの場合には即日仮カードなどはありません。

先程お伝えした通り、入会特典面でも店舗での申込みの場合には500円~1,000円程度の商品券という場合が多い為、ネット申込みの方がメリットが大きいといえるでしょう。

ネット申込みの方が特典面でメリットが大きい

店舗での申込みとネット申込みの場合の入会特典を比較すると、圧倒的にネット申込みの方がメリットが大きくなっています。

  • 店舗:500円~1,000円程度の商品券
  • ネット:最大6,000円相当のときめきポイント(2018年7月現在)

 

上記は一例ですが、特典の金額に場合によっては10倍もの差があるのです。そのため、イオンSuicaカードの申込みを検討しているならネットでの申込みをおすすめします。

 

イオンSuicaカードの審査基準や審査にかかる時間

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンSuicaカードの審査は厳しいのかニャ?

博士博士

いいや、決してそんなことはないぞ!むしろ、流通系カードということもあって、申込みしやすいカードになっておるぞ。

イオンSuicaカードの審査はそれほど難しい部類には入りません。イオングループのお店を幅広い層の人に使ってほしい、という思いで作られているカードということでそのように推測されます。

また、審査には1週間程度の時間がかかります。スムーズに進めば1週間よりも短い場合ももちろんありますが、余裕をもって申込みをしましょう。

イオンSuicaカードの審査基準

イオンSuicaカードの公式サイトにある申し込み条件から審査基準を考えてみましょう。

  • 入会条件:18歳以上で電話連絡可能な方。(高校生不可)

 

イオンSuicaカードの申込み対象者には、上記のことしか書かれていません。クレジットカードの審査に厳しいところだと、以下のような文言が記載されていることが多いですが、イオンSuicaカードは年齢と電話連絡のみです。

  • 安定した収入
  • 大学生不可
    この記載があれば審査が厳しいカード!

 

ゴールドカードなど比較的審査難易度の高いクレジットカードの場合ですと、『本人に安定した継続収入』などの表現が盛り込まれていることが多いです。

イオンSuicaカードの場合は、ポイント還元や割引優待などをきっかけにイオングループのお店へもっと沢山の人に来店してほしいという思いで作られていると予測されます。

そのため、今までにクレジットカードの支払いの遅れやトラブルを頻発しているなどの問題がない人にとっては、それほど審査難易度は高くないと考えられるのです。

イオンSuicaカードの審査にかかる時間

イオンSuicaカードの審査には申し込み情報がイオン銀行側に到着してから1週間~最大2週間程度かかります。

場合によってはもっとスムーズに手続きが進む場合もありますが、2週間かかる場合もあるということで余裕をもった手続きをおすすめします。

審査が終わってからの発行となりますので、申し込んでから発行・到着までは2~3週間です。もし申し込んで1ヶ月経っても何の連絡もない場合には、コールセンターへ連絡して正常に手続きが進んでいるかを確認しましょう。

 

イオンSuicaカードの締め日と引き落とし日

イオンSuicaカードの締め日と引き落とし日は以下の通りです。

  • 締め日:毎月10日
  • 引き落とし日:翌月2日

 

引き落とし日当日が、金融機関がお休みの土日祝日の場合には翌営業日に引き落としが行われます。

引き落とし日に実際に口座から現金が引き落とされますので、うっかり入金を忘れてしまうと今後のクレジットカード作成に悪影響を与える心配もあります。忘れずに入金しておいてくださいね。

イオンカードの締め日については『イオンカードの締め日はいつ?引き落とし日や再引き落とし日も合わせて紹介』の記事で更に詳しく解説しています。

イオンSuicaカードはこんな人におすすめ

博士がイオンSuicaカードを持ちながら 『君こそイオンSuicaカードを持つべきじゃ!』 と言っているシーン

ここまでイオンSuicaカードの特徴やメリット・デメリットを紹介してきましたが、「私にピッタリのカードなのか、まだ自信がない」というあなたにもわかりやすく『どんな人にオススメのカードなのか』をピックアップしていきます。

  • イオン系列をよく使い、電車利用も多め
  • 無料のETCカード付きの日常使い用のクレジットカードがほしい

 

イオンSuicaカードは上記のような方にとくにおすすめのクレジットカードです。では、それぞれについて解説していきましょう。

イオン系列をよく使い電車利用も多め

イオンSuicaカードはイオン系列の店舗を定期的に利用する人にこそメリットが大きいカードです。

さらに、イオンカードには種類がたくさんありますが基本的な優待やイオン系列の店舗での還元率については同じです。

  • イオン系列の店を月に何回も利用する
  • 公共交通機関をよく利用し、Suicaで支払っている

 

上記のような方におすすめのクレジットカードです。よく使うイオンカードとSuicaがひとつにまとまっていれば、うっかり忘れたり支払いの時に見つからないという心配も少なくなります。買い物から電車・バスまで1枚で快適に利用できるのは嬉しいですね。

一方、Suicaをあまり利用しない方であれば、イオンカード(WAON一体型)イオンカードセレクトなどが最適ですよ。

無料のETCカード付きの日常使い用のクレジットカードがほしい

イオングループの店舗は駅の近くにある場合もありますが、郊外型の店舗もとても多いですね。郊外型の店舗には車で来店する方も多いでしょう。

  • ETCカードが無料
  • コスモ石油で1%還元
  • イオンで常時1%還元
  • お客様感謝デーで5%OFF

 

車でイオングループの店舗に来店する場合にはまとめ買いの荷物が増えても大丈夫。ガソリンスタンドでの1%還元やETCカードが無料という点でも車をよく使う方にもフィットするクレジットカードですよ。

 

まとめ

イオンSuicaカードはイオンカードならではの還元や割引などのメリットに加えて、Suicaの機能もついているとても優秀なクレジットカードです。ETCカードが無料、コスモ石油でのポイントアップなどもありますのでSuica機能を備えながら車をよく使う方にもマッチします。

イオンSuicaカードの審査難易度もそれほど高くないクレジットカードですので、日常をもっとお得に・快適にするために役立ててみてくださいね。

イオンSuicaカードを発行することでのデメリットは年会費無料なので、一切ありません。その為、発行せずに後悔するよりも、発行して後悔した方が絶対に良いでしょう。

更に、今なら最大6,000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーンが行われているため、ぜひこの機会を逃さないようにしましょう!