ウィーちゃんウィーちゃん

49日にも香典は必要なんだろうか??

あなたの友人や親族、または会社関係の人の49日の法要に関する案内が届いたら、出席するための準備をしなければいけません。

「でも、49日に持っていく香典の金額はいくらくらいなの?」
「49日ってどんなことをするのだろう…」

初めて49日の法要に参列する場合、わからないことだらけで不安になりますよね。

そこで、49日の法要に持っていくお香典の金額からお香典にまつわるマナー、法要の流れについてまでを詳しくご説明していきます。大切な法要の席で失礼をしてしまわないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

49日の香典で知っておきたい金額相場やマナー

49日 香典

実は、お香典の金額というものはきちんと決まっているものではありません。地域や昔からの風習、宗派によってもその額は様々です。

ただ、ある程度の相場はあり、49日の法要に持っていくお香典のだいたいの金額を一覧表にしましたので、是非参考にしてください。

49日の香典の相場

20代30代40代
祖父・祖母3,000円~20,000円3,000円~50,000円3,000円~50,000円
叔父・叔母3,000円~10,000円5,000円~50,000円5,000円~50,000円
親戚・親類関係3,000円~20,000円5,000円~20,000円5,000円~20,000円
友人・知人2,000円~5,000円3,000円~20,000円3,000円~20,000円
隣近所2,000円~5,000円2,000円~10,000円2,000円~10,000円
仲人2,000円~5,000円2,000円~10,000円2,000円~20,000円
会社(※)
(上司)
1,000円~5,000円1,000円~10,000円1,000円~10,000円
会社(※)
(同僚・部下・後輩)
1,000円~5,000円1,000円~10,000円1,000円~10,000円

(※)について
会社の上司や同僚、部下や後輩の場合は49日の法要に参列することは非常に少なく、親族だけで49日をおこなう場合が多いのです。ですので、49日の法要の案内状が届いたときに参列するようにしましょう。亡くなった方と特に親しい関係であったときは、この限りではありません。

上記の相場一覧表の金額の差が大きいのには訳があります。49日の法要の後に会食がある場合、その分も考慮してお香典を包みますので、会食があれば包む金額が大きくなるのです。

また、金額については親族で一律にする場合もありますし、同じ職場の方が亡くなったのでしたら会社で一律で金額をそろえることもあります。もし、同じように49日に参列する人がいたら、相談してみるといいかもしれません。

上記に習い、友人の49日でしたら、友人同士で金額をそろえるというのもいいでしょう。49日のお香典の相場は、亡くなられた方との付き合い方などにより変わってきますが、お通夜やお葬式・ご葬儀のときに持っていった金額を超えないようにしましょう。

高額すぎるとご遺族の負担になりかねませんので、相応の金額を包むようにしてくださいね。

香典袋の記入の仕方

49日のときに持っていく香典袋は下記のようになります。

仏式・仏教

表書き(上段)御仏前・御佛前・御供物料・御香料・御花料
表書き(下段)自分の名前(苗字のみは被りやすいため、必ずフルネームで)
墨の色濃い墨(薄墨は葬儀のときのみでよい)
水引黒白(金額が30,000円以内のときに使用するのが一般)
双銀(金額が50,000円以上のときに使用するのが一般)
(関西など一部の地域は黄白)

※御霊前は49日前までに使用する香典袋です。なお、浄土真宗の場合は49日前であっても御仏前を使用します。

神式・神道・キリスト教の場合は、49日の法要はおこなわれません。

夫婦で出席する場合の49日のお香典

夫婦で49日に参列する場合、金額は2倍の額を包みます。しかし、2倍にしたときに4と9の数字が付く場合はこの数字を避けた金額を包みましょう。

数字の4は「死」を、9は「苦」を連想させますので縁起が悪いとされています。偶数は故人との別れを連想させますので避けるようにしますが、現在は2の数字は良しとされています。

スポンサーリンク

金額のずらし方は、たとえば、2倍にしたら40,000円になった→50,000円か30,000円というように数字の4を使わないようにします。

香典は現金書留で送れるが不祝儀袋に入れること!

49日の案内が来たけどどうしても都合がつかず出席できない場合、お香典のみを送ることがあります。送る際に必ず気を付けてもらいたいのが、不祝儀袋。香典袋に現金を入れてから現金書留として送るようにすることです。

喪主のかたは、現金を直接受け取ることはタブーとされています。そのため、現金をそのまま現金書留として送るのは大変失礼にあたるのです。必ず香典袋に入れてから送ってくださいね。

また、出席することができないお詫びの文章を一言添えておくと、とても丁寧です。包むときの金額は、出席しないのですからもちろん会食もありませんので、5,000円くらいがいいでしょう。

あまり高額を包むと、かえって迷惑をかけることになりかねません。香典の用意するお札について、準備できていない!?香典には新札か旧札どちらが正しい?の記事で更に詳しく解説しています。

出席できないときは供花や御供物でもいい

49日に出席できないときはお香典ではなく供花や御供物を送ってもいいですね。お花を送る場合、とげのあるものや香りが強いものを避け、仏花もしくは故人が好きだったお花を選びましょう。

御供物を送る場合、肉や魚などの殺生を連想させるもの、生もの、刃物、昆布や鰹節など慶事に通じるものは選ばないようにしてください。そして一言お詫びを添えておくといいでしょう。

金額は旧漢数字を使用する

金額は数字を使用せずに、旧漢数字を使用するようにしてください。また、金額の初めに「金」の文字を書いてから金額を記入しますが、最後は「圓」で閉じてますので、その後に「也」を付け加えないでください。

旧漢字の使い方や一周忌法要について、一周忌法要のお布施や渡し方、引き出物についての記事で更に詳しく解説しています。

49日について知っておきたいこと

49日 香典

法要には追善法要と年忌法要があり、49日は追善法要にあたります。故人がお亡くなりになってから49日経つと忌明けとなりますので、この時は遺族だけでなく親族・友人などにも案内が届き、法要をおこなうのです。

49日の法要の流れ

地域の違いや親族に伝わる風習、宗派の違いなどで49日の法要の流れは変わりますが、一般的な流れをここでご紹介していきます。

  1. 僧侶による読経
  2. 焼香
  3. 納骨式
  4. お墓参り
  5. 施主の挨拶
  6. 会食

お焼香

故人と関係の深い方から順番にお焼香をしていきます。

納骨式

納骨は僧侶に立ち会っていただき、納骨式を行います。その後お墓参りをします。自宅で法要をおこなう場合、お焼香の後に参列者全員でお墓に移動してから納骨式をおこなうこともあります。

なお納骨式は、49日の前におこなわれたり後日遺族のみでおこなう場合もありますので、必ずおこなわれるとは限りません。

会食

納骨式の後、参列した人たちに食事を用意してくれますが、内容によっては会食がない場合もあります。49日の法要の後、なにか予定などがある場合は49日の法要の流れを事前に尋ねておくといいでしょう。

会食がある場合は、会食会場へ移動することになります。会食が終わった後に施主からあいさつがあり、法要が終了します。

お葬式での香典の相場や、キリスト教の香典相場について、更に以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

49日の法要に持っていくお香典の金額の相場や、マナーについてご説明してきましたがいかがでしたか?故人がお亡くなりになってから49日目は、納骨式もある大切な節目の日です。

お香典のマナーから、49日の法要の流れまでしっかりと覚えて、遺族の方々に…そして故人にも失礼のないようにしたいですね。

スポンサーリンク