waonポイントカードの使えるお店はどこ?今までのwaonと何が変わるの?

 

 

もうすぐイオングループの電子マネーだったwaonももっと使いやすいポイントカードに進化。

 

 

これから始まるwaonポイントの共通化に備えてお得な使い方を解説しちゃいます!

 

スポンサーリンク

 

waonポイントカードの使える店って?

 

waonポイントカード,作り方,発行場所,加盟店

現在のところ、waonポイントカードについてはまだまだ公式発表の情報が少ない状態です。ですから、分かっているところについてまとめていきます。

 

 

今、電子マネーのwaonでは正直なところ「使えるお店が限られていて使い勝手がイマイチ」と感じているお客さんも少なくないかもしれません。

 

 

しかし、これからwaonポイントカードに進化して使えるお店はより一層拡大していくでしょう。というのも、イオンが「ポイントを共通ポイントに変える」と共通ポイント事業に参入する予定だからです。

 

 

2016年6月をめどに共通ポイントが始まる、という情報がありますが、共通ポイントというのはどういったものなのでしょうか?

 

 

わかりやすく言うと、TカードやPontaのようなイメージですね。どちらもコンビニだけでなくかなり色々なジャンルをまたにかけて使えますし、「TSUTAYAのカード」とか「ローソンのカード」というより、いろいろ使えるポイントカードとして使っているのではないでしょうか。

 

 

つまり、waonも共通ポイント化されることによって色々なお店で「waonポイントカードはお持ちですか?」と聞かれるようなカードになっていくわけです。

 

 

そんなwaonポイントカードの使える店は、現在waonが使えるお店+αになるのではないかと予想されています。実際に共通化の動きに伴って、今でもwaonはローソンやファミマなどでも使えるようになっていますね。

 

 

これがさらに今後拡大するとすれば非常に将来性のある楽しみなポイントカードです。

 

合わせて読みたい⇒waonポイントカードの作り方や発行場所は?どこが加盟店なの?

スポンサーリンク

 

お得な使い方はどんな感じ?

 

カードケース

 

やはりポイントカードはお得な使い方が知りたいと思うのが消費者というものです。せっかく持つならたくさんポイントが貯められる使い方をしたいですよね。

 

 

waonポイントカードになってからは、「電子マネーとしても、ポイントカードとしても使える」というスタイルになる予定です。

 

 

つまり、必ずチャージしなくても使えるということになります。しかし、電子マネーで支払うとさらにポイントが加算されたりなどのサービスも予定されており、電子マネーユーザーにさらに還元されるようなシステムになっていくでしょう。

 

 

できれば、電子マネーとしても使った方がお得だと考えられます。もちろん、電子マネーだと使い道が限定されることにストレスを感じたり、抵抗がある方でも普通に提示してポイントがもらえるというスタイルになりそうですので心配しないでくださいね。

 

 

どこへ行くのにも必ずwaonポイントカードを持ち歩いて、出し忘れなく提示するのがポイントゲットへの近道といえます。ポイントの共通化に備えて今からお財布をすっきり整理整頓してみませんか?

 

合わせて読みたい⇒WAONのオートチャージを詳しく解説!どこで?からタイミングまで丁寧に!

 

まとめ

 

今までもwaonはイオングループのお店をよく使う、という人にはかなり便利な電子マネーでした。

 

 

しかし、共通ポイント化されることによって街中のいたるところで活用できるようになるというのがwaonポイントカードの目指している姿でしょう。

 

 

会員数6千万人を当面の目標としているということですので、加盟店の拡大にもかなりの力を入れてくれることを期待したいですね。

 

 

ポイントカードはいろいろな種類を持っていれば必ず得できるというものでもありません。自分にとって毎日のように使える「精鋭」のポイントカードを持つことがポイントをたくさん獲得する近道です。

 

 

waonポイントカードの今後にますます期待していきましょう。

 

 

スポンサーリンク