電子マネーとして知られているWAONがwaonポイントカードに進化?

 

 

作り方や発行場所などの最新情報をお届けします。

 

 

気になる加盟店もしっかり押さえてどんどん使いこなしていきたいですね。

 

スポンサーリンク

 

waonポイントカードの作り方は?

waonポイントカード,作り方,発行場所,加盟店

waonってご存知ですか?イオンなどで使える電子マネーで200円で1ポイントが貯まり、貯まったポイントでお買い物ができるというものですよね。

 

 

そのwaonが「共通ポイントカード」として生まれ変わり、さらに便利になるという情報があります。

 

 

共通ポイントというと分かりやすいのが、TカードやPontaなどです。どちらもコンビニだけ、レンタル店だけなどのひとつのジャンルだけでなくかなり色々なジャンルのお店で使うことができ、「工夫次第でポイントがとにかく貯まる」というのが魅力です。

 

 

そのwaonポイントカードの作り方ですが、残念なことに現在のところはまだ作ることができません。

 

 

2016年6月に共通ポイント事業をはじめる、ということを日経新聞が報じています。なんと6千万人の会員を当面の目標としているので、かなり加盟店も多くなるのではないかと期待が持てますね。

 

 

どんなところが変わるのかというと、

 

 

  • イオングループ以外でもポイントが貯まるようになる
  • 電子マネー機能なしのポイントカードもできる

 

 

この二つが有力な改善ポイントです。電子マネーだとついつい使いすぎてしまう心配を感じたり、使い道がある程度限られてしまうのでチャージするのに抵抗を感じる方もいますね。でも、ポイントカードなら気軽に使えるのが嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

 

 

使い道が広がり、手軽さもアップすれば消費者にとってさらに使い勝手のよいカードになること間違いなしですね。

 

合わせて読みたい⇒WAONのオートチャージを詳しく解説!どこで?からタイミングまで丁寧に!

 

発行方法はどうするの?

コンビニ,お得,ランキング

まず、画像が少々紛らわしいことをお詫びさせてください。まだ、waonポイントカードに関しては情報が少なくこれから詳細が決まっていくということなので発行方法についてもはっきりとした情報が少ないのです。

 

 

ただ、共通ポイント化するとはいえ元々waonが使えていたお店はほぼ確実にwaonポイントカードの発行場所になると考えられそうですね。

 

 

  • イオン・イオンモール・イオンタウン
  • ミニストップ
  • ダイエーなどの現時点でwaonの使えるスーパー

 

 

このあたりのお店が発行場所の最有力候補になります。これからの動きにさらに注目していきたいですね。

 

合わせて読みたい⇒WAONにコンビニで現金をチャージする方法とは?ポイントの有効期限は?

 

加盟店はこれから増える?

現在waonの加盟店は、着々と増えています。

 

 

驚くべきことに、ミニストップのライバル(?)になり得る他のコンビニでもwaonが使えるようになってきているのです。たとえば、ファミリーマートやローソン、ポプラでもチャージもできるし支払いもできてしまうという懐の広さには感動してしまいます。

 

 

今後6千万人もの会員を目指す、waonポイントカード。どこの街でも気軽にポイントを貯められるカードになってくれることを期待したいですね。

 

スポンサーリンク