あのリクルートポイントとローソンでおなじみのポンタポイントが統合するって本当?よりお得になるなど消費者側にメリットはあるの?

 

 

気になる統合するという情報を徹底解明してみました。

 

 

これからリクルートポイントがどう変わっていくのか気になる方、必見ですよ!

 

スポンサーリンク

 

リクルートポイントとポンタの関係は?

 

リクルートポイント,使い道,ポンパレ

リクルートポイントをメインで貯めていた方も、ポンタポイントをメインで貯めていた方も相互交換ができるということを知っている方は結構多いかもしれません。

 

 

残念なことに、普通はポイントを交換しようと思うとかなりの確率で減ってしまいます。1,000ポイント一生懸命貯めたのに交換したら750ポイント・・みたいな残念な例が結構あるんです。手続きなどもありますので、手数料と思えば仕方ないのかなとも思えますが、せっかく貯めたポイントが減るのは嬉しくないものです。

 

 

でも、リクルートポイントとポンタポイントの交換はもともと「等価交換」が可能でした。1ポイント1円で貯めたポイントがそのまま相互に移行できたのです。特にポンタ系のクレジットカードやリクルートカードなどのクレジットカードでたくさんポイントを貯めている方にはかなり嬉しいサービスです。ポンタポイントは実店舗に強く、リクルートポイントはネット予約や通販に強いのでそれぞれ違った使い方ができますよね。

 

 

そんな風に簡単に相互交換ができる関係だったリクルートポイントとポンタポイントがついに統合して一つになります。これでわずらわしさもさらになくなり、ストレスなくポイントを使ったり貯めたりできるようになりますね。

 

 

合わせて読みたい⇒リクルートポイントの使い道はどうする?ポンパレでも!

スポンサーリンク

 

 

いつから統合するの?

リクルートポイント,ポンタ,統合

 

リクルートポイントとポンタポイントは2015年11月24日から統合します。そうなると、会員の場合何か特別に手続きをしなければならないのでしょうか?

今までリクルートIDを持っていて、Pontaカードを別に持っているという方は簡単な手続きでどちらのサービスでもポイントがどんどん貯まるようにできます。

 

 

  1. 新しいサイトPonta WebにリクルートIDを使ってログイン
  2. ポンタカードの情報を登録(持っていない場合は発行と同時に手続き可能)

 

 

この2ステップでポンタカードとリクルートIDの紐づけが完了です!もちろん、今まで貯めたリクルートポイントも無駄にはなりません。今まで通りリクルートポイント連携サイトで使うか、ポンタポイントに交換して使うことができます。

 

 

合わせて読みたい⇒ポイントカードの整理はどうする?100均での収納方法は?

 

 

何が変わりそうなの?

 

今まで貯めたポイントがどうなるか種類別にまとめました。

 

 

Pontaポイント

 

Ponta IDを登録することで、リクルートとPontaの連携サイトで利用できる。

 

 

リクルートポイント

 

リクルートポイント連携サイトで使える。Ponta IDを登録すると、相互交換可能。

 

 

リクルート期間限定ポイント・その他のサイト限定ポイント

 

今まで通り、サイト限定で使えたり、リクルート提携サイトのみで使える。

 

 

もともと相互にポイントが交換できるようになっていたので、大きい変更にはなっていない印象を持たれるかもしれませんね。統合によって利便性がなくなるということは全くなく、これからのサービスの向上に期待したいところです。

 

スポンサーリンク