予算の管理もしやすくて、お財布いらずで便利な電子マネー。

 

 

中でも、楽天Edyは普通にお会計するだけで楽天のポイントが貯まるということで最近ますます注目されています。iphoneと合わせるとさらに活用の幅が広がるみたいですよ♪

 

 

楽天ユーザーさん必見の楽天Edyの使い方をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

楽天Edyの使い方はどんな感じ?

 

楽天Edyは電子マネーなので、まずチャージをすることが必要になってきます。チャージできる場所はどこでしょうか?楽天Edyが使えるコンビニなどのお店の一部ではレジでチャージすることができますし、現金入金機でチャージすることも可能です。

 

 

ちなみに入金機を使ってチャージする時には、お釣りが出ません。入れたい金額だけを入れるように気をつけたいですね。

 

楽天Edy,チャージ,パソリ,おサイフケータイ,iphone,パソリユーティリティ

 

*チャージできるお店*

 

また、クレジットカードでチャージすることも可能です。その場合には、Edy Viewerが必要になります。パソコンにリーダーライターを接続して、お家でチャージすることができます。ちょっと色々アイテムの購入などが必要になってきますので、興味がある方はこちらをご覧ください♪

 

 

*クレジットチャージの方法*

 

さて、チャージができたらいよいよお買いものです。お買いものの仕方はいたって簡単です。その他の電子マネーと同じように、レジで「楽天Edyで」と一言言うだけです。使えるお店には、レジのところに楽天Edyのマークの機械が置いてあります。そこにカードをかざすだけでお会計が完了です。これが基本的な楽天Edyの使い方です。これだけで楽天スーパーポイントがもらえるなんて、最高ですね♪

 

 

チャージ機のあるコンビニがなくても簡単にチャージする方法が!⇒楽天Edyのチャージ機があるコンビニはどこ?クレジットカードでの方法とは?

 

 

Edyにチャージする方法は二種類。よりお得な方法を覚えておきましょう!⇒Edyにチャージしてポイントがお得に貯まる方法があるの?

 

 

iphoneで楽天Edyは使えない?

 

さて、楽天Edyというと「おサイフケータイ」とカードのイメージが強いかもしれません。iphoneって使い勝手は最高なのですが、おサイフケータイ機能が無かったり、赤外線機能が無かったりするんですよね・・・。そうなると、iphoneユーザーは楽天Edyの使い勝手はあまりよくないのでしょうか?またはほぼ使えないということになってしまうのでしょうか?

 

 

そんなことはありません。iphoneユーザーでも楽天Edyカードとiphoneの両方で便利にこの電子マネーを活用することができるのです。それにはちょっとしたテクニックが必要なので、しっかり覚えておいて早速活用してみましょう。

 

楽天Edy,チャージ,パソリ,おサイフケータイ,iphone,パソリユーティリティ

 

テクニックといってもそんなに難しいものではありません。次の手順を踏めば、iphoneとEdyを連携させて便利に使うことができます。

 

 

  1. まず楽天EdyアプリをApp Storeでダウンロード
  2. パソリというカードを読み取る機械を入手して接続
    まず、iphone本体・パソリ・楽天Edyカードを用意します。アプリを起動したら、パソリの設定内の初期設定を選びます。Bluetoothを使ってiphoneとパソリを接続します。これで完了です。
  3. あとはチャージして使うだけです!

 

 

ただ、ちょっとネックなのがパソリとEdyカードを両方手に入れなければいけないところです。

スポンサーリンク

 

 

それにはお金がかかってしまいます。無料で!とはいかないのがちょっとひっかかるところではあります。

 

 

ちなみにパソリのお値段は、楽天公式ショップで税込5,122円送料無料です。高いと感じるかどうかはそれぞれですが、iphoneで便利にEdyを使いたいということであれば導入する価値がありそうです。ただ、ヘビーユーザーじゃないとちょっと元が取れない感じもしますので、その場合はiphoneと連動させずにカードだけで使うという方法もいいでしょう。

 

 

また、楽天Edyストラップというものもあります。これは簡単にいうと、楽天Edyカードをそのままストラップにしたものです。これをiphoneケースにつけておけば、普通にストラップをかざすだけでお店でEdyを使うことが可能になります。手軽に使いたい方は、これが便利かもしれません。お値段は楽天公式ショップで税込1,058円です。

 

 

 

 

iphoneでどんなことができるの?

 

まず、クレジットカードからチャージすることができます。事前に準備をしておけば、iphoneとパソリ、Edyカードがあればどこでもチャージをすることが可能です。ちなみにオートチャージを設定して、まさかの残高不足を防ぐことも可能です。「○○円以下になったら○○円をチャージ」というように設定することが可能ですよ♪

 

 

また、残高や利用履歴を確認することができますから予算の管理にもとても便利ですね。

 

楽天Edy,チャージ,パソリ,おサイフケータイ,iphone,パソリユーティリティ

 

ちなみにパソリは、他の電子マネーにも対応しているのです。つまり、nanacoやWAON、交通系ICカードにも対応しています。「パソリユーティリティ」というアプリを使うと全部の残高や利用履歴が一目で分かるようになります。

 

 

メリットとデメリットはどんなところ?

 

メリットは、おサイフケータイとして使えなかったiphoneで電子マネーが使えるようになることです。パソリを使うと、残高確認などもできますので、どれだけ使ったのか一目瞭然でとても便利ですね。

 

 

また、設定などが面倒!とりあえず普通に使えればOKという方はストラップを使うという方法も選べるところも嬉しいですね。iphoneのケースがストラップをつけられるタイプであれば、簡単にiphoneに楽天Edy機能をプラスできます。

 

 

そのままかざすだけでコンビニでチャージしたり、お会計もできるのでかなり身軽ですね♪

 

 

デメリットとしては、パソリをつかったチャージの場合クレジットカードでしかチャージできないところです。おサイフケータイなら、それ一つで完結してしまうのがiphoneの場合だと本体に加えてパソリ・楽天Edyカードが必要になってしまいます。ただ、クレジットチャージをすることでポイントがつくというような使い方ができるのも嬉しいところ。

 

 

ストラップをつけて気軽に使うか、パソリを導入して本格的に電子マネーの管理をするか、スタイルに合わせて使ってみましょう。

 

スポンサーリンク