実は、このニュースが発表された時から日が浅く、まだ細かいことは分かっていないのが現状です。

 

 

ですが、分かる範囲・ネット上で予想されていることなどをまとめてみたいと思います!

 

 

毎月必ずかかる固定費がポイントになってお得になるからには必ずチェックしておきたいことですよね。

 

スポンサーリンク

 

ポイントの貯め方は具体的にどうする?設定は?

Tポイントカード,コンビニポイントカード,東京電力,貯め方,使い方

 

まず、ポンタカードというのはローソンやゲオを中心とした共通ポイントカードですね。リクルートポイントとも相互に交換できることも知られています。また後ほどリクルートポイントとの交換方法はご説明しますね。

 

 

東京電力は、関東のほぼ全ての世帯をカバーする電力会社です。ということは、関東全域でポンタポイントを毎月貯められるチャンスが訪れるかも!ということです。毎月の支払いがポイントになったら嬉しいですよね♪まだ、何年で何ポイントとかそういうあたりはまだ決まっていないようです。詳細が早く分かることを期待したいですね。

 

 

また、これから電力会社の自由化に伴ってさまざまな地域の電力会社がポイントカードと提携するということが考えられます。やはり、お客さんをがっちり囲い込みたいという電力会社さんの思惑があると思いますが、消費者にとっては嬉しい限りです。

 

 

ちなみに、サービス開始の日程についてもまだ決まっていない模様です。ただ、2016年4月から家庭向けの電力小売り自由化という制度が新たにスタートします。つまり、独自のサービスを展開しないと電力会社もお客さんを失ってしまうかもしれない時代のはじまり・・という訳です。誰でも、電気代だとか固定費を抑えたいと思うのは当然のことですよね。

 

 

ですから、このタイミングかこのタイミングより前からポイント還元サービスという事実上の値引きがスタートする可能性大です。公式サイトによると、具体的な時期は未定であるものの2016年1月以降からポイントサービスを開始する見込みのようです。ますます、東電やポンタの公式サイトから目が離せませんね。

 

ポンタカード,コンビニポイントカード,東京電力,貯め方,使い方

スポンサーリンク

 

☆東電公式はコチラ☆

 

まだ、予想でしかありませんが電気料金○円ごとに1ポイントみたいなスタイルになるかと考えられています。まだ、クレジットカード付きのものだけになるのか、それともクレジット機能なしタイプだけになるのかなども未知数の状況です。使う側としては、クレジット機能つきだけでなく全てのポンタポイント会員にメリットがあるものだと嬉しいですね。

 

 

設定の仕方は、まだ決まっていませんが、ポンタ公式サイトか東電のサイトからできるものと思われます。用意しておいた方がよさそうなものは、電気料金の明細に書いてあるお客様番号とポンタカードの番号ですね。いざ、設定をする時になって焦らないように早めに用意しておきたいものです。

 

 

使うに当たって気になるメリットとデメリットもしっかり覚えておきましょう♪⇒pontaカードを持ってるメリット、デメリットを解説!徹底調査!

 

おさらい!ポンタポイントとリクルートポイントの交換はどうする?

 

ポンタポイントとリクルートポイントは100ポイント以上貯めれば相互に交換可能です。単位は100ポイントなので、100ポイントの次は200ポイント・・というような100ポイント区切りの交換になります。

 

 

また、ポンタIDが必要なのですが、Ponta.jpに登録してあることが必須になります。簡単にインターネットで登録できてしまうので、まだの方はすぐに登録してしまいましょう。

 

 

最後にリクルートIDが必要になります。リクルートIDというのは、じゃらんとかホットペッパーのIDですね。意外と分からなくなりがちなので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

 

Tポイントカード,コンビニポイントカード,東京電力,貯め方,使い方

 

☆公式サイトはコチラ☆

 

具体的な交換のやり方は、この公式サイトで誰でも簡単に分かるように説明されています。
まとめると、

 

 

  • Pontaポイント→リクルートポイントに交換 というボタンをクリック
  • 画面下部の「ポイントを交換」をクリックします
  • リクルートIDを使ってログイン
  • PontaIDとPonta.jpを使ってログインするボタンを選びます
  • 最後に交換するポイント数を決めて入力します
  • 次の画面でポイント交換申請というボタンをクリックしたら完了です

 

 

慣れれば数分とかからずに簡単にできます。使いたい方のサービスに合わせてポイント交換をするととても便利ですよ。

 

スポンサーリンク