コンビニのポイントカードで主流なポンタカード。

 

 

ただ単にお買いものしてポイントを貯めるより、普段よりもお得にポイントのサービスを受けることはできないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ポンタカードがお得に利用できる日は?

ポンタカード pontaカード キャンペーン 貯める お得

 

ポンタカードをローソンで貯めるのには、決まった曜日にたくさんポイントが貯まるという感じのものはあまりありません。そう言ってしまうと、なんだかお得でないような感じがしてしまうかもしれませんが、そんなことは全くありません。どういうことなのかご説明していきましょう!

 

 

決まった曜日がポイント何倍、というようなスタイルではなく期間限定のイベントが多いというイメージがいいかもしれません。あらかじめローソンの公式サイトでイベントをチェックしておくとよいでしょう。

 

 

ポンタカードの登録方法などはコチラの記事を参考にしてくださいね♪⇒ローソンポンタ(ponta)カードの申込みや登録方法とは?画像付きで解説。

 

どんなキャンペーンがあるの?

 

まず注意しておきたいのがローソンのキャンペーンの場合、期間限定ということが本当に多いです。1~2か月くらいで終了してしまうことが多いので、キャンペーンの終わりの頃になってから気付くなんていうことのないようにしたいですね。

 

 

来店スタンプといって月に10日以上来店すると様々な特典をもらえるというキャンペーンもあります。ポンタカードを作るということは、ローソンに結構頻繁に行く人が多いかと思います。では来店でスタンプを10個集めると、どんな得点をGETできるのでしょうか?

 

ポンタカード pontaカード キャンペーン 貯める お得

スポンサーリンク

 

このキャンペーンでは、10個スタンプが貯まるごとに自動エントリーされるポンタポイントプレゼントキャンペーンが開催されていました。ポイントはお金のように使えるので、現金がもらえちゃうのと同じような感覚で自由に使えるところがうれしいですよね。さらにスタンプ20個貯めると、Wチャンスというのがあってなんと10000ポイントもらえてしまうかもしれないというちょっと夢のある企画です。

 

 

他にも雑誌の発売日にポンタカードを提示して、雑誌を買うとポイントが2倍になるというキャンペーンもありましたね。いつも買っている雑誌があるのなら、「発売日にローソンで買う」ということをするだけでポイントをサクッと倍にできちゃいます。

 

 

ちょっと注意しておきたいポイントとしては、通常のポイントとボーナス分が分けて加算されるということです。通常分は、その場で加算されますが、残りの1倍分は後日まとめて付与されるようになります。あれっ?ポイントが2倍になってない?と思った時には、ちょっと公式サイトのキャンペーンのところを詳しくチェックしておくと安心ですね。

 

 

これからも色々な期間限定キャンペーンが展開されていく予定なので、公式サイトは要チェックですね♪なお、月の初めからキャンペーンがスタートということも多い模様です。来店スタンプなどは特に最初から行かないと、なかなか厳しくなってしまうかもしれません。とりあえず月の初めには来店しておくようにすると、キャンペーンを逃しにくくなるでしょう。

 

 

ポンタカードのポイントの貯める方法ならコチラの記事を参考にしてください♪⇒ポンタカードの賢いポイントの貯め方とは?ポンタ会員のメリットは?

 

早くポイントを貯める方法って?

 

決まった曜日に倍にならないと貯めにくい?そんなことはありません。こんなときこそボーナスポイントを活用するのです。

 

 

ボーナスポイントは結構額の小さい商品でも、まとまって20ポイントなどのポイントをゲットできる素晴らしいシステムです。20ポイントというと大したことがないように感じますが、よく考えてみると2000円買わないと普通なら手に入らないポイントなんです。

 

 

それが、例えばローソンセレクトの2Lのお茶税込184円を買うだけで20ポイントとなる訳です。結構割がいいように感じませんか?

 

 

でも、もちろん必要ないものを買うのであればあまり意味がないですよね。しかし、ローソン側もタイムリーな商品にボーナスポイントをつけてくれています。例えば、春の行楽シーズンには飲み物系、虫よけ対策商品などにポイントがついていたりします。

 

 

一方、普段から時々食べるカップ麺などにもボーナスポイントがついていることも。どんな人でも、毎回のお買い物の中で1点くらいはボーナスポイント商品を組み込むことは難しいことではなさそうですね。

 

 

なかなか貯まらないと感じたら、期間限定キャンペーンをチェックすることとボーナスポイントのことを思い出してみましょう。

 

スポンサーリンク