おさいふpontaのチャージはどんな方法でしていますか?とても便利なクレジットチャージなのですが、手数料はかかってしまうのでしょうか?

 

 

おさいふpontaのチャージ方法がよくわからない、という方はもちろん、「どのチャージ方法がよいのか迷っている」という方にもチャージ方法を選ぶお手伝いができそうな情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

おさいふpontaのチャージ方法は?

 

おさいふponta 登録 ロッピー

おさいふpontaを使ったことがありますか?おさいふpontaは今までローソンなどの共通ポイントカードだったpontaが進化したもの。進化のポイントは、「チャージ機能」です。

 

 

今までのpontaは提示してポイントを貯めるタイプだったのですが、おさいふpontaはあらかじめお金をチャージして使える電子マネーです。では、おさいふpontaはどこで・どうやってチャージすることができるのでしょうか?

 

 

まずは、現金でチャージする方法です。

 

 

現金でチャージできる場所はローソンです。ローソンで店員さんにいくらチャージしたいのかを伝えて、現金を支払ってチャージするスタイルです。今まで電子マネーを使ったことのある方には、おなじみの方法ですね。

 

 

チャージできる額は、1,000円以上30,000円までになります。1,000円以上なら1円単位で金額を指定できますので、1,500円チャージなんていうことも可能です。

 

 

クレジットカードでチャージする方法をご紹介します。こちらは、pontaの公式サイトから手続きをすることでチャージが可能です。

 

 

まずは、マイページにログインしましょう。情報登録ができていないとログインができないので、そちらをあらかじめ行っておくことをおすすめします。

 

 

ログインができたら、メニューの中にある「クレジットカード登録」を選びましょう。あとは、画面の指示に従ってカードの番号やセキュリティコードなどの番号を入力するだけです。

 

 

次にカード会社が発行する本人認証サービスのパスワードが必要になります。忘れてしまったり、何のことだかわからないという場合にはクレジットカード会社の公式サイトを見るか、お問い合わせくださいね。

 

 

最後にカード名義人の情報を正しく入力しましょう。これでカードの登録は終わりです。

 

 

一度登録さえしてしまえば、あとは金額を選び、内容を確認するだけでよいのでとても簡単なチャージ方法になります。しかし、気になるのは手数料。カードによって手数料が違ったりなどはあるのでしょうか?

 

合わせて読みたい⇒

スポンサーリンク

 

クレジットカードの場合手数料がかかる?

おさいふponta チャージ クレジット 手数料

クレジットカードを使ったチャージはとても簡単で便利ですね。いつでも好きな時にできるのも嬉しいところです。しかし、気になるのは手数料。おさいふpontaのクレジットチャージの手数料のシステムについてご紹介します。

 

 

まず、クレジットカードというのはカードのブランド(JCBやVISAなど)の他にカード発行会社というものがあります。このカード発行会社によっておさいふpontaのチャージ手数料が変わってきます。

 

 

まず、無料でチャージ手続きができるのがクレディセゾンです。その他のカード会社の場合には、1回につき税抜200円の手数料がかかってしまいます。

 

 

また、クレディセゾンが発行しているカードの場合には、JCB・VISA・Master Card・American Expressでチャージ手続きができますが、他のカード会社の場合にはAmerican Expressではチャージができませんのでご注意ください。

 

合わせて読みたい⇒

 

おすすめのチャージ方法は?

一番シンプルでわかりやすいのが、やはり現金チャージです。クレジットではないので後から請求が来るわけではなく、管理の面でも安心ですよね。

 

 

でも、近くにローソンがないけれど他のお店を中心に利用しているという使い方をしている方もいるでしょう。そういう方の場合には、クレジットカードを使ったチャージが一番便利かもしれません。

 

 

クレディセゾンが発行しているカードの中で、年会費が無料または無料になるための条件があまり厳しくないものを作ってしまうというのもよいかもしれません。カードの枚数を増やしすぎているという心配がなければ、サブカードとして作ってチャージに使っても損がありません。

 

まとめ

おさいふpontaのチャージ方法はローソンで現金チャージする方法と、クレジットカードを使って公式サイトからチャージ手続きをする方法があります。

 

 

クレジットカードを使った場合の手数料は、クレディセゾンが発行しているカードなら無料・そうでなければ税抜200円の手数料がかかるシステムです。

 

 

もし、クレジットチャージを中心に使っていきたいのであれば、手数料の節約のためにもクレディセゾンのカードで行うことをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク