nanacoカードを作ってみたいけれど、どんなメリットやデメリットがあるのか?と気になってしまいますよね。

 

 

総合的に見てこのカードを作るのが自分にとって得か損か考えてみましょう。

 

 

それでは、nanacoカードを持つメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう♪

 

スポンサーリンク

 

ナナコカードを持つメリットは?

コンビニポイントカード,nanacoカード,メリット,デメリット

 

まず、セブンイレブンやイトーヨーカドーをメインに使って生活しているならかなりポイントが貯まりやすいといえます。ポイントが100円で1ポイントつくので、ペースとしては結構貯まりやすいといえます。ボーナスポイントの対象商品を積極的に買ったり、ポイントが2倍になるキャンペーン中に必ずお店に立ち寄るようにするなどすればさらにサクサクと貯められます。

 

 

また、他のコンビニのポイントカードとちょっと違うのが「プリペイドカード」ということです。他のポイントカードの場合には、提示してポイントを貯めるという形ですが、nanacoではお金をチャージして使うという形になります。そして実はここにもメリットが隠されているんです。それは、お金の使いすぎの心配がなくなるということです。今回の予算は1000円と決めておいたり、今月は5000円で、といったように自分のお金の使い方を簡単に管理できることです。

 

 

また、小銭を出す面倒さがありません。小さい子を連れていたり、荷物が多かったりすると小銭を出している手間は意外とストレスですよね。でも、nanacoならかざすだけで支払いが完了です。この点でもかなり使い勝手がいいといえます。

 

 

ナナコカードを持つメリットと使い方を詳しく紹介してます。合わせてどうぞ♪⇒ナナコカードの手数料を無料で作る簡単な方法とは?使い方まで解説!

 

ナナコカードを持つデメリットは?

 

ポイントカードなのにデメリットがあるの?と感じるかもしれませんが、少し使い勝手がよくないのでは?と感じがちなポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

コンビニポイントカード,nanacoカード,メリット,デメリット

 

まず、作るのに手数料がかかることです。基本的にnanacoカードには発行手数料が300円かかります。大したお金ではないのですが、3万円分お買い物する分だと思うとなんだかひっかかりますよね。

 

 

でも、これは解決方法がいくつかあります。まず、Androidスマホの方・ガラケーでおサイフケータイの機能がある方は「nanacoモバイル」というものがあります。こちらは発行手数料がいらず、ダウンロードするだけなのでかなり気軽ですよ。

 

 

また、イトーヨーカドーで8のつく日に作るという方法もあります。その日はハッピーデーというものをやっていて、発行手数料が無料になるのです。不定期ではありますが、入会してチャージするだけでポイントが300ポイントもらえるというものもあります。これなら、実質手数料無料なのでこの機会は逃さないようにしたいですね。

 

 

また、使えるお店があまり多くないのもデメリットと言えばデメリットです。セブンイレブン、イトーヨーカドー系のスーパー、西武デパート、そごう、デニーズなどを使わないならほとんど活躍の機会がなくなってしまいます。でも、寄るコンビニやスーパーは人それぞれ結構決まってきますよね。それが、セブンイレブンであったり、イトーヨーカドーであればかなり使い勝手のいいプリペイドカードです。

 

総合的に見て、ナナコってどうなの?

 

一言でいうなら、nanacoが使えるお店をよく利用するならかなり使い勝手の良いカードということです。ポイントも100円で1ポイントと貯めやすく、プリペイドなのでお金の管理もしやすくなります。

 

 

さらに、問題の手数料もキャンペーンやハッピーデー、アプリなど解決する方法がいくつもあります。使えるお店が少ないというところも、自分がよく使うお店で使えるなら問題なさそうですよね。

 

 

そんなわけで、nanacoを使えるお店をかなり利用するという人は持っておいて間違いないカードです。ぜひ、お近くのイトーヨーカドーでハッピーデーに手に入れてしまいましょう!

 

スポンサーリンク