JREポイントカードにsuicaやビューカードのポイントはそのまま移行できるのでしょうか?

 

 

ポイント移行が簡単にできたら、JRをよく利用しているという方にはとても嬉しい機能ですね。

 

 

そんな気になるポイント移行について、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

JREポイントカードとsuica・ビューカードの関係とは?

 

JREポイント,web登録,加盟店

 

まずは、それぞれについて簡単に説明していきます。

 

 

JREポイントカードという名前はまだ聞きなれないという方も少なくないでしょう。それもそのはず、こちらのポイントカードは2016年2月23日にスタートした新しいJR東日本のポイントサービスだからです。こちらは、アトレやグランデュオなどの駅ビルで共通的に貯めたり使ったりすることのできる共通ポイントです。

 

 

suicaはもうおなじみという方がほとんどかもしれません。もともとはJR東日本が発行するICカードでチャージしておくことで運賃をスムーズに支払うことのできるカードでした。しかし、最近では用途がどんどん拡大していて駅の自販機で飲み物が買えたり、コンビニ・スーパー・家電量販店でも使えます。

 

 

ビューカードは、JR東日本の発行するクレジットカード。種類がかなり多くあり、提携先も豊富です。定期券とクレジットカードが合体したもの、JREポイントカードと一緒になっているものなど、かなり用途に合わせて選ぶことが可能になります。しかも、ネットで申し込んで発行できるのが忙しい方にも嬉しいですね。

 

 

ここまで読んでいただけるともうお分かりかもしれませんが、クレジット機能なしのJREポイントカード・suicaは今のところあまり互換性がありません。しかし、ビューカードに関しては結構「これ一枚あればOK」という性質といったところですね。

 

 

ビューカードで貯めたポイントをsuicaに交換したり、一定額お買い物をすることでJREポイントがもらえたりするという嬉しいサービスもあり、定期券を利用したり、よく駅を利用するという方には嬉しいカードです。

 

 

今後、JREポイントカードを中心としてJR東日本系のポイントがひとつのポイントシステムとして共通化されるという可能性はあります。それが今のところのこの3つのカードとポイントの関係性といえるでしょう。

スポンサーリンク

 

合わせて読みたい⇒JREポイントカードの申し込みやweb登録の方法は?加盟店はどのくらい?

 

ポイント移行はできるの?

jreポイント,suica,ビューカード

 

JREポイントカードにお買い物・お食事などでポイントを貯めたとします。しかし、現時点ではsuicaやビューカードのポイントに交換できるというサービスはまだありません。

 

 

しかし、利用者がより便利に快適に使えるということは「選ばれるポイントカード」の条件にもなり得ます。この時期にアトレやシャポーなどのポイントを共通化したのにも、より利便性を高めてお店をさらに利用してほしいという思惑があるはずです。

 

 

まだ、公式の発表でJREポイントカード・suicaのポイント・ビューカードのポイントが一本化されるという情報はありません。しかし、おおもとは同じJRです。将来的に共通化されるというのも不思議な話ではありませんね。

 

合わせて読みたい⇒マイナンバーにポイントカードを登録できるようになるかも?メリットは?

 

今持つべきカードとは?

 

今持つべきカードとしておすすめなのが、クレジット機能があるということに抵抗感がなければ「アトレビューSuicaカード」でしょう。

 

 

これなら定期券を購入してもポイント3倍、アトレなどの駅ビルでお買い物をしてもJREポイントカードと比べて3倍などかなり盛りだくさんなポイントシステムです。定期券は額が大きいだけに、ポイント倍率は見逃せないですよね。

 

 

ビューカードには種類がたくさんありますが、たくさんカードを持ち歩きたくないという方にはもってこいのカードといえます。

 

 

クレジット機能に抵抗がある場合には、suicaが電子マネーとして色々な場所で使えてとても便利です。駅ビルをよく利用する方の場合には、JREポイントカードのキャンペーンなどを賢く利用してどんどんポイントを集めていくという方法もあります。

 

 

将来的にポイントが共通化される可能性も大きいJR系のカード。現時点ではお好みのものを使って地道にポイントを貯めていきましょう。

 

スポンサーリンク