最近急速に認知度が高まっているRポイントカード。

 

 

楽天のポイントが実店舗でガンガン使える!というのが魅力のようですが、EdyRポイントカードというのもあるみたいですね。

 

 

これらの違い、EdyRポイントカードの活用方法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

EdyRポイントカードって何?

Edy-Rポイントカード,楽天

 

まず、EdyRポイントカードの前にRポイントカードについてざっとおさらいしておきましょう。Rポイントカードは、楽天&実店舗で使えるポイントカードのことです。ミスタードーナツ、ポプラ、サークルK、サンクスなどで手に入れることができますよ。デザインは、お店によってちょっとずつ違っている模様です。

 

 

楽天市場と同じようにお買い物で100円で1ポイントなどお店によって多少異なりますが、ポイントが加算される仕組みです。楽天の期間限定ポイントも使えちゃう!とポイントマニアさんにも喜ばれているカードです。

 

*詳しい登録方法はこちら*

 

さて、EdyRポイントカードはどんなものなのでしょうか?Edyは、電子マネーとして知っているという方も多いかもしれませんね。そう、電子マネーとRポイントカードが合体しているものと思えばいいでしょう。現金をチャージしてお店で使うタイプのポイントカードです。他のポイントカードでは、セブンイレブンのnanacoをイメージすると良さそうです。

 

Edy-Rポイントカード,楽天

 

Rポイントカードだけよりも、EdyRポイントカードを使った方がポイントはたくさん貯まります。Rポイントカードの分に加えて、Edyで支払いした分のポイントがさらに上乗せされる仕組みです。コンビニで仮に1000円買い物をしたとして、普通ならここで10ポイント。そこにEdy支払いの分が5ポイント乗っかって、合計15ポイントもらえちゃう!みたいな状態になるんです。なかなか貯めやすそうな感じですね。

スポンサーリンク

 

 

また、電子マネーなのであらかじめお金をチャージしておくスタイルを取れば、かなり管理しやすくなりそうです。ついついコンビニで無駄遣い、が防げるかもしれません。

 

 

Edy-Rポイントカードについてはこちらの記事も合わせて見てみましょう!⇒Edy-Rポイントカードのチャージ方法とは?画像付きで解説!

 

絶対に作った方がいいカード?

 

ただ、加盟店の店舗数がそこまで多くないように感じてしまうかもしれません。でも、ポイントカード選びで大切なことは加盟店の数ではなく「自分が使うお店」にカードがマッチしているかどうかというところです。

 

 

  • 楽天市場をネットで使う
  • 加盟店の中でどれか一つでも定期的に通っているお店がある

 

 

この二つの条件を満たしているなら、作っても良さそうなカードです。また、使っている人の声の中では赤くて目立つ(他の色もあります)からお財布の中で行方不明になりにくいという声もあります。ポイントカードをたくさん持っているとお会計の際にすぐに出ないことで使いそびれてしまうこともありますよね。そのあたりも、ポイントカードをたくさん活用している方には嬉しいポイントなんですね。

 

得するポイントの貯め方とは?

 

ポイントをしっかり貯めたいなら、提示して現金で支払うのではなく、Edyにチャージしてお支払いをするようにしましょう。通常のポイントに上乗せされてどんどんポイントが貯まっていきますよ。Edyが使えるところであれば、どんどん積極的に現金ではなくEdyで支払いをしていきましょう。

 

 

また、キャンペーンを活用するとかなりザクザクとポイントが貯まるはずです。楽天市場のポイントである楽天スーパーポイントをEdyに交換できるシステムを活用するのです。楽手市場ではよく「ポイント○倍」キャンペーンをやっていますよね。そういうキャンペーンに積極的にエントリーして、そこで沢山ポイントを貯めてしまうのです。それをEdyに交換して、実店舗で使える状態にするというのがベストです。

 

Edy-Rポイントカード,楽天

 

楽天市場のポイントシステムを上手に利用して、たくさんRポイントを貯めましょう♪

 

スポンサーリンク