コンビニのポイントカードを作ろうと思ったけれど、どこのを作るのか迷ってしまうことはありませんか?

 

そんな時にやはり気になってしまうのが加盟店の数。使えるお店が多ければ多いほど貯まりやすそうな印象がありますよね。

 

代表的なコンビニポイントカードの加盟店、その数をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

コンビニのポイントカードで加盟店が多いのは?Tポイントから。

Tポイントカード,コンビニポイントカード,加盟店の数

使えるお店の代表格は、もちろんTSUTAYA系列とファミリーマートでしょう。これは言うまでもないかもしれませんが、しょっちゅう使うライフスタイルの方には嬉しいですね。

 

また、意外と便利なのが「ネットオフ」で貯めることも使うこともできるところ。ネットオフというのは、ブックオフのネット版といったところで中古品を売り買いできるところです。

 

近くにブックオフが無くて不便だなぁと感じていたら、ぜひ試したいサービスです。

 

また、ネットショッピング系もなかなか充実しています。安くてセンスある品物がたくさんのNISSENやすぐに重たいものなどの日用品を届けてもらえるLOHACOなどでも使えます。加盟店は、全国で約7万4000店舗以上あるので近くに使えるお店が無いなどという心配はなさそうです。

 

その他の加盟店はこちら

 

参考:ファミマTポイントカードの作り方・使い方から仕組みまで!Tポイントカードと違いは?

 

ナナコポイントの加盟店の数は?

コンビニポイントカード,加盟店の数,ナナコカード

nanacoポイントを貯めたり使ったりできるお店は、基本的にセブンアンドアイホールディングスのお店です。セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、西武デパートなどがわかりやすいですね。スーパーでいうと、ヨークマートやヨークベニマルなどでも使えたりします。

 

意外と知られていないかもしれませんが、ラウンドワンやミスタードーナツも最近使えるようになりました。毎日の生活だけでなく、レジャーの時にも使えるのはかなり嬉しいポイントですよね。加盟店の数は、かなり多く全国で約14万5000店舗以上で使えます。この数字はかなり魅力的ですよね。

 

先にお金をチャージして使うスタイルなので、使いすぎてしまう心配も少ないのも嬉しいですね。

 

その他の加盟店はこちら

 

参考:ナナコカード作り方で無料発行する方法とガッツリ貯まるポイント術

スポンサーリンク

 

ポンタポイントの加盟店の数は?

Tポイントカード,コンビニポイントカード,加盟店の数

ポンタポイントを貯めて、使えるお店の数はかなり多いです。まず、コンビニはローソンだけですが、ローソンは店舗数もかなり多く全ての都道府県にありますよね。他にも、ビジネスウェアのAOKIや家電大手のビックカメラなどでも貯めることができ、使えます。

 

 

スーツや家電などは金額が大きいこともよくありますから、たくさん貯めるチャンスですね。外食チェーンでは、大戸屋・ケンタッキーなどで貯めて使うことができます。全国的に見てみると約2万3000店舗以上で使うことができるので、ポンタカードはかなり使いやすいポイントカードかもしれません。

 

その他の加盟店はこちら

 

参考:ローソンPontaカード作り方から登録方法・お得な使い方まで解説!

 

楽天ポイントカードの加盟店の数は?

Tポイントカード,コンビニポイントカード,加盟店の数

コンビニでは、サークルKとサンクス・ポプラで100円で1ポイント貯まり利用することができます。

 

また、ガソリンスタンドの出光でも1リットル1円という分かりやすい単位で貯めることが可能。使うことはできないのでちょっと注意が必要ですが、車をよく使うなら貯めやすいですね。

 

人気のミスタードーナツでも最近になって新たにRポイントを貯めることができるようになりました。

 

引っ越し会社でもアリさんマークの引越社・日通・サカイでも貯めることが可能です。これらも、引っ越しの時にポイントを使うことはできませんが、かなりザクザクと一度に貯めることができるので忘れずにカードを出したいですね。

 

加盟店の数を全国的に見てみると、約1万3400店舗くらいです。この数字が多いと感じるかは人それぞれですが、よく使うお店が加盟店なら全く問題ありませんよね。

 

その他の加盟店はこちら

 

参考:コンビニのポイントカードオススメはどこ?貯まりやすいのは?

 

加盟店の数より種類が大切?

お住まいの地域などを見渡すと、「ファミマは多いけど、セブンは全然ない」とか「大戸屋は近くにないなぁ」などと思うことはありませんか?確かに、加盟店が多いカードを持てばそれだけポイントを貯めるチャンスも多くなります。

 

でも、自分の生活スタイルにマッチしたものを選ぶことの方がはるかに大切かもしれません。

 

一例としては、いつもエネオスで給油するならTカードを持つ、通勤の際によるコンビニはいつもセブンならnanacoなどです。また、加盟店が少ないように感じても自分がよく使うお店が含まれているのならそのカードを作ってもいいでしょう。

 

毎日の自分の行動パターン、いわば動線にあるお店のポイントを貯めるのが一番効率よくポイントを貯めて使うことができる方法です。

 

参考:コンビニATMの各主要銀行の利用時間・手数料まとめ

 

 

スポンサーリンク